ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
木下滋雄 木下滋雄 (きのした・しげお)  

1964年横浜生まれ。フォト・サイクリスト。高校時代に自転車旅行と写真を開始し、30歳で五大陸走破を達成。これまでに60カ国延べ6万3千キロを走破している。現在はパラグライダーも楽しむ。ぺトラ建築設計一級建築士事務所主宰。

記事一覧

世界自転車旅行記(25)ザグレブ~スロベニア~ミラノの旅 木下滋雄

世界自転車旅行記(25)ザグレブ~スロベニア~ミラノの旅 木下滋雄

これまでも仕事の合間に時間を作って走ってきたが、ちょうど30回目の海外遠征となった今回は、クロアチアの首都ザグレブからイタリアのミラノまで行く800キロ程度の行程を1週間で走ることにした。

2019年04月04日17時39分

世界自転車旅行記(24)30年ぶりのニュージーランド 木下滋雄

世界自転車旅行記(24)30年ぶりのニュージーランド 木下滋雄

30年前に自転車で縦断したニュージーランド。2017年3月、長女がワーキングホリデーで1年間滞在している間に、子どもたち皆で自転車を持って訪ねようということにした。

2019年02月05日18時05分

世界自転車旅行記(23)サラエボ~ドゥブロヴニクの旅 木下滋雄

世界自転車旅行記(23)サラエボ~ドブロブニクの旅 木下滋雄

今回は昨年9月に行ってきたサラエボ~ドブロブニクの旅。世界遺産を紹介するテレビでモンテネグロのドゥルミトルをやっていた。山がとてもきれいだ。かつて欧州横断をしたときは、当時のユーゴスラビアは内戦中で迂回(うかい)して走った。

2017年04月30日18時33分

世界自転車旅行記(22)こぼれ話:おかわり用のご飯は洗面器で 1泊12円の宿 野宿で出合う絶景 木下滋雄

世界自転車旅行記(22)こぼれ話:おかわり用のご飯は洗面器で 1泊12円の宿 野宿で出合う絶景 木下滋雄

多くの人に聞かれる質問がある。自転車はどうしているのか、食べ物や寝る所はどうするのか、といったものだ。今回はそんな話の中から。自転車は使い慣れた自分のものを持って行く。

2016年08月30日15時00分

世界自転車旅行記(21)キューバ・その2 木下滋雄

世界自転車旅行記(21)キューバ・その2 木下滋雄

今回はキューバの続き。前回、親切な人が多いと書いたが、こんなことも。夕方宿を探して人に尋ねると、必ずその場所まで案内してくれる。男性は上半身裸でいるのに、「ちょっと待ってて」と言ってちゃんとシャツを着て出てくるのが面白い。

2016年07月18日15時12分

世界自転車旅行記(20)キューバ・その1 木下滋雄

世界自転車旅行記(20)キューバ・その1 木下滋雄

今回は先日走ってきたばかりのキューバ。米国の資本が入れば、これからどんどん変わっていくだろう。1950年代のアメ車が走るような古き良き時代が残るこの国を体験するなら今のうちだろうと行くことにし、妻も同行した。

2016年06月23日17時56分

世界自転車旅行記(19)ハワイ 木下滋雄

世界自転車旅行記(19)ハワイ 木下滋雄

20代の頃は大陸横断などを目標としていたことと、リゾートには全く興味がなかったのでハワイは眼中になかったが、一度行ってみて、ハワイにはリゾートだけでなく自然がとても豊かな場所がたくさんあるのだと知った。

2016年04月12日18時38分

世界自転車旅行記(18)エリトリア 木下滋雄

世界自転車旅行記(18)エリトリア 木下滋雄

ほとんどいつも単独での自転車旅行だが、1度だけグループで走ったことがある。一人でアフリカを走った自転車クラブの仲間の女性が駐日エリトリア大使と親しくなったことから、その旅は企画されることとなった。

2016年02月14日19時10分

世界自転車旅行記(17)タスマニア 木下滋雄

世界自転車旅行記(17)タスマニア 木下滋雄

50カ国以上走ったうち、一番良かった所はどこかとよく聞かれるが、どこもそれぞれ良かったので答えるのは難しい。でも、住んでみたい所はというと、オーストラリアの南に浮かぶ島、タスマニアだ。

2016年01月06日14時03分

世界自転車旅行記(16)中央アジア 木下滋雄

世界自転車旅行記(16)中央アジア 木下滋雄

旅先のジョージアで知り合ったアイスランドのサイクリストの方が、次は中央アジアを走りたいと何度も言っていた。それで次の目的地をここに決めた。しかし、広い地域を短期で走るには、ポイントを絞らなければならない。

2015年12月14日12時25分

世界自転車旅行記(15)アイスランド 木下滋雄

世界自転車旅行記(15)アイスランド 木下滋雄

ジョージアの回で、アイスランド人のサイクリスト、ジョンさんに出会ったことを書いたが、その時に次にどこを走るか決まっていないなら自分の国に来ないかと言われたので、彼の国を一周(約1500キロ)することにした。

2015年11月10日14時04分

世界自転車旅行記(14)ジョージアからアルメニアへ 木下滋雄

世界自転車旅行記(14)ジョージアからアルメニアへ 木下滋雄

アルメニアはAD301年に世界で最初に、ジョージアは337年に2番目にキリスト教を国教とした国々である。前回はアゼルバイジャンからジョージアへの話であったが、そのジョージアの首都トビリシを出発し、アルメニアへと向かった。

2015年10月05日16時53分

世界自転車旅行記(13)アゼルバイジャンからジョージアへ 木下滋雄

世界自転車旅行記(13)アゼルバイジャンからジョージアへ 木下滋雄

アゼルバイジャンからジョージアに寄ってアルメニアへと走ることにした。カスピ海に突き出たアゼルバイジャンの首都バクーには、2007年4月の未明に降り立った。天気はあいにく小雨が降ったりやんだり。

2015年09月02日18時22分

世界自転車旅行記(12)モンゴル 木下滋雄

世界自転車旅行記(12)モンゴル 木下滋雄

モンゴルの首都ウランバートルに着いたのは2004年6月。大陸の内部は夏と冬の寒暖差が大きいので、真夏になる前にと思ったのだった。夕方に着いて宿を探したがよく分からず、日本人宿に入ることにした。

2015年08月05日11時46分

世界自転車旅行記(11)レバノン、ヨルダン 木下滋雄

世界自転車旅行記(11)レバノン、ヨルダン 木下滋雄

前回の続きで2006年5月、シリアのホムズからレバノンの国境に向かった。レバノンは48時間以内の滞在なら国境で通過ビザがもらえるため、ダマスカスへ行く途中寄っていくことにした。

2015年07月03日14時08分

世界自転車旅行記(10)シリア 木下滋雄

世界自転車旅行記(10)シリア 木下滋雄

2006年5月、現在は内戦中のシリアに入った。旅はシリア中央部のパルミラ遺跡からヨルダン南部のぺトラ遺跡へ走ることとした。ダマスカスの空港へ朝着いて、町のバスターミナルへ行くと運よくパルミラ行きのバスにすぐ乗れた。

2015年06月03日10時01分

世界自転車旅行記(9)トルコ 木下滋雄

世界自転車旅行記(9)トルコ 木下滋雄

パウロの伝道の舞台であるトルコは、かねてより自転車雑誌の編集長からいい所だと聞いてもいたので、行ってみたい国だった。しかしこの国は、僕が世界へあこがれていたころ、その雑誌に手記を連載されていたKさんがトラックにはねられて亡くなった所だ。

2015年05月02日19時33分

世界自転車旅行記(8)南アジア 木下滋雄

世界自転車旅行記(8)南アジア 木下滋雄

インドシナ半島の次はインドと思ったのだが、走った人に言わせると道路に人が多すぎて楽しくない。楽しく走れるところの方がいいでしょ?という事だったので、少しずらしてバングラディッシュからネパールを走ることにした。

2015年04月03日18時05分

世界自転車旅行記(7)東南アジア 木下滋雄

世界自転車旅行記(7)東南アジア 木下滋雄

目標にしていた5大陸走破を達成したとは言え、まだ走っていない所はいくらでもある。世界一周中の日本人女性サイクリストから、タイがよいと聞いたので、次女が1歳になった1997年の4月、タイからシンガポールへ走ることにした。

2015年02月26日18時04分

世界自転車旅行記(6)アフリカ 木下滋雄

世界自転車旅行記(6)アフリカ 木下滋雄

5大陸目は1994年の暮れから、アフリカを走ることにした。休める期間で行けるケニアから南アフリカへ走ることにしたが、エイズをはじめ病気のデパートのようなところだし治安も悪いしと、行く前には多くの人から散々脅された。

2015年02月08日19時06分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース