文化

一足お先に試写!「炎のランナー」のその後を描く「最後のランナー」がついに日本公開

一足お先に試写!「炎のランナー」のその後を描く「最後のランナー」がついに日本公開

「炎のランナー」といえば、あの有名なテーマソングが思い浮かぶ。シンセサイザーで奏でられる重厚かつ斬新なメロディーは、今でも時々口ずさんでしまう。海岸線をイケメンたちが走るその様は、英国紳士の洗練された青春ドラマを髣髴とさせる。

2018年05月19日16時24分

たとえ全世界を手に入れても・・・ 映画「ダリダ 甘い囁き」に見え隠れする「本当の幸せ」

たとえ全世界を手に入れても・・・ 映画「ダリダ 甘い囁き」に見え隠れする「本当の幸せ」

フランスの国民的スターにして歌姫であるダリダ。彼女は1950年代から80年代にかけ、常に第一線で活躍し続けた。アラン・ドロンとのデュエット曲「甘い囁き」は全世界でヒットし、彼女の歌の多くは日本でもカバーされた。

2018年05月17日23時07分

全盲のクリスチャン歌手 北田康広さんが新アルバム「アメイジング・グレイス」

全盲のクリスチャン歌手 北田康広さんが新アルバム「アメイジング・グレイス」

全盲のクリスチャン歌手である北田康広さんが、新アルバム「アメイジング・グレイス」を発売する。「アメイジング・グレイス(驚くばかりの)」は日本語と英語で収録。「瞬きの詩人」として知られる水野源三さんの詩を歌った曲など20曲が収められている。

2018年05月12日23時50分

五輪金メダリストが戦下の宣教師に 名作「炎のランナー」続編が7月公開

金メダリストが戦下の宣教師に 名作「炎のランナー」のその後を描く「最後のランナー」予告編解禁

自身のキリスト信仰から、日曜日に行われる競技を棄権するも、別種目で劇的な優勝を果たした英国のオリンピック金メダリスト、エリック・リデル。その実話を描いた「炎のランナー」の(1981年)は世界中の感動を集め、アカデミー賞4部門を受賞した。

2018年05月10日8時00分

元五輪候補から高額ポーカー経営者に 映画「モリーズ・ゲーム」が描く「愛する・愛される」ことの本質

元五輪候補から高額ポーカー経営者に 映画「モリーズ・ゲーム」が描く「愛する・愛される」ことの本質

幼少期からスキー・モーグル競技の英才教育を父親から受け、2002年に冬季オリンピック予選最終戦まで進んだ主人公のモリー・ブルーム。彼女は12歳の時に背骨を大手術するという過酷な経験をくぐり抜けて、オリンピック代表候補に名を連ねていた。

2018年05月08日22時00分

GOSMACアカデミー初の合同ゴスペルライブ 会場が満席となる盛り上がり

GOSMACアカデミー初の合同ゴスペルライブ 700席超の会場が満席の盛り上がり

東京都内を中心に12のゴスペル教室を展開する「GOSMACアカデミー」が3日、開講から6年目にして初の合同ライブ「GOSMAC LIVE 2018」を東京・渋谷区総合文化センター大和田さくらホールで開いた。

2018年05月05日11時20分

大浦天主堂

長崎・天草の潜伏キリシタン遺産、世界文化遺産に登録へ 諮問機関が勧告

長崎、熊本両県にある12資産で構成される「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録される見通しとなった。正式に決定すれば、国内18件目の世界文化遺産となる。

2018年05月05日0時16分

「毒とユーモアに満ちた真実」を押し付けてくる傑作 映画「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

「毒とユーモアに満ちた真実」を押し付けてくる傑作 映画「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

第70回カンヌ映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した「ザ・スクエア 思いやりの聖域」(4月28日公開)は、そんなイエスと律法学者・パリサイ人とのやり取りが、今なお終わっていないことを示す社会派コメディーである。

2018年05月02日21時55分

マーシーミー、ビルボード音楽賞のキリスト教音楽全3部門でノミネート

マーシーミー、ビルボード音楽賞のキリスト教音楽全3部門でノミネート

男性5人組のクリスチャンバンド「マーシーミー(MercyMe)」が、今年のビルボード音楽賞のキリスト教音楽全3部門でノミネートされた。授賞式は、米ラスベガスで現地時間20日に開催される。

2018年05月02日13時41分

神を畏れぬ不届きな行為!? 悪名高きラッパー、スヌープ・ドッグが初のゴスペルアルバムをリリース

神を畏れぬ不届きな行為!? 悪名高きラッパー、スヌープ・ドッグが初のゴスペルアルバムをリリース

スヌープ・ドッグをご存じだろうか。米国ではラッパー、シンガー、俳優、プロデューサーとして大変有名なアーティストだ。私のようにヒップホップに興味がない人間でも、彼がラッパーであることと名前ぐらいは知っている。

2018年04月20日9時35分

「21世紀型青春映画」をキリスト教的に読み解くと・・・ 「ちはやふる -下の句-」

「21世紀型青春映画」をキリスト教的に読み解くと・・・ 「ちはやふる -下の句-」

「下の句」は、私たちキリスト教界がつかみ取るべきメッセージを提供してくれている。それは、教会に通い始めた人々に起こってくる「変化」をどう受け止め、どのように乗り越えていくか、という「教会形成論」的問いである。

2018年04月18日21時59分

ジム・カヴィーゼル、出演作品の選択基準は「魂をキリストに導く映画か」

ジム・カヴィーゼル、出演作品の選択基準は「魂をキリストに導く映画か」

映画「パウロ キリストの使徒」(原題:Paul, Apostle of Christ)の主演俳優、ジム・カヴィーゼル(49)は、2004年の映画「パッション」でイエス・キリスト役を演じた際、神から強烈なメッセージを語られたという。

2018年04月15日23時04分

日本各地に響く平和の歌声 独ゲッティンゲン少年合唱団が初来日ツアー

日本各地に響く平和の歌声 独ゲッティンゲン少年合唱団が初来日ツアー

ドイツのゲッティンゲン少年合唱団が初来日し、全国7都市9会場を巡るツアーを行った。テーマは「平和を与えたまえ」。最終日はカトリック東京カテドラル関口教会で、ヘンデルのオラトリオ合唱曲や戦争の悲惨さを表現した曲、両国の民謡などを披露した。

2018年04月06日12時10分

福音館書店、ボローニャ国際児童図書展で最優秀児童書出版社賞受賞 

福音館書店、ボローニャ国際児童図書展で最優秀児童書出版社賞受賞

イタリア・ボローニャで3月26日から開かれたボローニャ国際児童図書展で、福音館書店が日本の出版社では初めて最優秀児童書出版社賞をアジア部門で受賞した。同賞は2013年にボローニャ国際児童図書展50周年を記念して創設された。

2018年04月04日17時31分

ユダヤ教の「過越の祭り」をクリスチャンとして祝う 京都でイベント

ユダヤ教の「過越の祭り」をクリスチャンとして祝う 京都でイベント

2018年3月31日土曜日。17年度最後の日に、とても意義深いイベントが京都で行われた。聖書の出エジプトに由来する「過越の祭り」をクリスチャンとして現代日本で祝おうという趣旨である。

2018年04月02日13時37分

大浦天主堂

大浦天主堂に「キリシタン博物館」 復活祭にオープン 日本初公開のド・ロ神父のロザリオなど

国宝の大浦天主堂の敷地内に、復活祭となる4月1日、「キリシタン博物館」がオープンする。大浦天主堂は、約250年にわたって潜伏していたキリシタンが現れた「信徒発見」の場。日本初公開となるド・ロ神父のロザリオなど130点を展示する。

2018年03月28日21時23分

巨匠スピルバーグ監督が警鐘鳴らす米国アイデンティティーの危機 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

巨匠スピルバーグ監督が警鐘鳴らす米国アイデンティティーの危機 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

トランプ大統領が特定メディアの出入り禁止を公言したとき、スピルバーグ監督は自分が映画化権を持つ題材の中から、1970年代に実際に起こったニクソン大統領とワシントンポスト紙との対立を形にしようと決心したのである。

2018年03月19日17時41分

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペル音楽に魅かれるのか」

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペルに引かれるのか」

米東部最大のゴスペル音楽イベント「マクドナルド・ゴスペル・フェスト」に、今年も日本人による「Don’t Give Up クワイヤー」の特別出演が決まった。米エミー賞プロデューサーのカーティス・ファローさんの呼び掛けで36年前にスタートした。

2018年03月14日21時40分

「バケツと僕!」養護施設で展開される先生と教え子の物語

「バケツと僕!」養護施設で展開される先生と教え子の物語

深刻な児童虐待やネグレクトを描きながらも、それらを告発しようという意図はあまり感じられない。つまり、物語は主人公の気弱な養護施設教員と「バケツ」というあだ名をつけられた15歳の少年との交流を淡々と描くことに専念しているのである。

2018年03月07日18時28分

日常の中で神のタイミングに遭遇した「普通の若者」たちの信仰物語 「15時17分、パリ行き」

日常の中で神のタイミングに遭遇した「普通の若者」たちの信仰物語 「15時17分、パリ行き」

ハリウッドだけでなく、世界的に見ても稀有な映画監督の1人として間違いなく数えられるであろうクリント・イーストウッド。御年87歳が、自身のフィルモグラフィー最短の上映時間で最高の傑作を生み出した。

2018年03月05日21時24分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース