教会

日本福音ルーテル教会、新総会議長に大柴譲治氏

日本福音ルーテル教会は2〜4日、同宣教百年記念東京会堂で第28回総会を開催し、総会議長に大柴譲治(現総会副議長、大坂教会)、総会副議長に永吉秀人(天王寺教会)、総会書記(事務局長)に滝田浩之(事務局管財室長)の各氏を選出した。

2018年05月08日16時08分

浦上四番崩れ津和野流刑150周年、今年も「乙女峠まつり」 行列や野外ミサなど

浦上四番崩れ津和野流刑150周年、「乙女峠まつり」で行列や野外ミサ

キリシタン弾圧「浦上四番崩れ」の流刑地の1つ、島根県津和野町には153人が配流され、拷問により老若男女36人が殉教した。津和野への流刑は明治元年の1868年に行われ、今年はちょうど150周年。殉教者を偲ぶ「乙女峠まつり」が今年も開催される。

2018年05月03日0時37分

キリスト教海洋散骨専門「シャロームセレモニー」が献社式

キリスト教海洋散骨専門「シャロームセレモニー」が献社式

キリスト教式の海洋散骨セレモニーを専門に取り扱う「海洋散骨 シャロームセレモニー」(代表・吉田暁氏)の献社式が19日、チャペル・こひつじで行われた。式はチャプレンの足立学牧師による「アメイジング・グレイス」の独唱でスタートした。

2018年04月24日18時48分

首都直下地震に備えを 新宿大久保通りの7教会主催で防災考えるイベント

首都直下地震に備えを 新宿大久保通りの7教会主催で防災考えるイベント

東京・新宿の大久保通り周辺にある7つの教会が協力する「新宿大久保通り教会防災ネットワーク」(略称:SOS防災ネット)が22日、大久保通りにあるウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会で防災啓発イベント「防災フェスタ2018」を開催した。

2018年04月23日17時49分

カトリック教会、典礼の聖書朗読で「御子」の読み方を「おんこ」に統一

カトリック教会、典礼の聖書朗読で「御子」を「おんこ」に読み替えへ

日本カトリック典礼委員会は19日、典礼における聖書朗読で「御子」を「おんこ」と読み替えることを発表した。カトリック教会は現在、「御子」を「みこ」と読む『聖書 新共同訳』を典礼で用いているが、典礼式文では「おんこ」と読んでいた。

2018年04月21日21時32分

日本キリスト教協議会の新議長に渡部信氏 新総幹事は金性済氏

日本キリスト教協議会(NCC)は3月19、20の両日、第40回総会を開き、2期務めて辞任した小橋孝一議長と網中彰子総幹事の後任として、新議長に渡部信氏(日本聖書協会)、新総幹事に金性済(キム・ソンジェ)氏(在日大韓基督教会)を選任し、新体制となった。

2018年04月04日13時05分

カトリック教会、『新教会法典』の条文を一部改訂 邦訳が完成

カトリック教会は昨年10月、教皇フランシスコが発表した使徒的書簡「マニュム・プリンチピウム」により、『カトリック新教会法典』の第838条を一部改訂した。その邦訳文が日本の2018年度定例司教総会で確定し、3月27日に公開された。

2018年04月01日23時29分

藤崎秀雄

【2018年イースター】「将来に希望を持って」 グレース宣教会代表牧師 藤崎秀雄

イースター、おめでとうございます。最近考えさせられることは、この国の将来を考えると、若い方々に安易に「将来に希望を持って」とは言えないことです。2千年前のイースターのこと、将来に希望を持てない2人の弟子がエマオ途上を歩いていました。

2018年04月01日0時00分

震災7年「私たちを忘れないで」 教派超え被災地のために祈り

震災7年「私たちを忘れないで」 教派超え被災地のために祈り

東日本大震災から丸7年となった11日、「第84回東日本大震災復興支援超教派一致祈祷会」がウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で行われ、教派を超えて教職や信徒ら約100人が被災地の復興のために祈りをささげた。

2018年03月12日23時49分

成長し続ける教会の秘訣とは? 創立100周年、米ニューヨーク・ハーレムの教会の挑戦

成長し続ける教会の秘訣とは? 創立100周年、米ニューヨーク・ハーレムの教会の挑戦

米ニューヨーク・ハーレムにあるベテル・ゴスペル・アセンブリー教会は、昨年創立100周年を迎え、この1年間、数多くの記念行事を行った。教会員の高齢化などにより存続が危ぶまれる教会も多い中、ますます成長を続けてる。一体、その秘訣は何なのか。

2018年02月25日21時29分

震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」

震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」

東日本大震災発生から7年を迎えるのを1カ月前に控えた11日、第83回東日本大震災&熊本地震復興支援超教派一致祈祷会が、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で行われ、教職や信徒ら約50人が被災地のために祈りをささげた。

2018年02月17日21時46分

カトリック那覇教区でバーント司教が叙階 国内で46年ぶりの外国人司教

カトリック那覇教区の安里教会(那覇市)で12日、米国籍のウェイン・フランシス・バーント司教(教区長)の叙階式が行われた。前任のべラルド押川壽夫(としお)司教の引退を受け、ローマ教皇フランシスコが昨年12月に新司教として任命していた。

2018年02月15日19時34分

3月2日は世界祈祷日 今年のテーマは「すべて神の造られたものはとてもよい」

3月2日は世界祈祷日 今年のテーマは「すべて神の造られたものはとてもよい」

3月2日の世界祈祷日に合わせて、今年も北海道から沖縄まで全国70カ所以上で関連集会が開催される。日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会・世界祈祷日事務所は9日、開催地の情報をブログに掲載し、集会への参加を呼び掛けている。

2018年02月11日18時47分

「最も小さな教会」と「最も大きな教会」の交流から 宇都宮で第16回キリスト教一致共同祈り会

「最も小さな教会」と「最も大きな教会」の交流から 宇都宮で第16回キリスト教一致共同祈り会

宇都宮市内の諸教会が毎年開催している「キリスト教一致共同祈り会」が1月20日、同市のカトリック松が峰教会(山口一彦神父)で開催された。同教会と宇都宮キリスト集会(宮村武夫牧師)の交流から生まれた超教派の祈り会で、今年で15周年(第16回)。

2018年02月08日17時44分

熊本バンド結成142周年 恒例の早天祈祷会を開催

熊本バンド結成142年 結成の地、花岡山で恒例の早天祈祷会

日本におけるプロテスタントの源流の1つ、「熊本バンド」の結成を記念する早天祈祷会が1月30日、熊本市の花岡山山頂で開かれた。早朝から始まった祈祷会には、一般の信者やキリスト教系の高校に通う生徒などが集まり、「奉教趣意書」を朗読するなどした。

2018年02月01日17時36分

日本ルーテル教団、ルターハウスを献堂 教職・信徒養成の新しい共同生活の場として新生

日本ルーテル教団、ルターハウスを献堂 教職・信徒養成の新しい共同生活の場として新生

日本ルーテル教団が運営する教職・信徒養成のための寮「ルターハウス」(東京都府中市)が改築され、新寮舎の献堂式が15日に行われた。式には教団関係者のほか、日本福音ルーテル教会の関係者も参列した。

2018年01月18日7時29分

「主の力あるわざを、広く伝えるために招かれて」2016年キリスト教一致祈祷週間 東京集会

カト・プロ合同で「キリスト教一致祈祷週間」 日本でも各地で18日から

カトリックとプロテスタントの諸教会が毎年合同で開催している「キリスト教一致祈祷週間」が18日から始まる。毎年、担当の国・地域が持ち回りで準備をしており、今年はカリブ諸国が「主よ、あなたの右の手は力によって輝く」をテーマに選んだ。

2018年01月16日15時07分

横浜ハリストス正教会 正月にクリスマスを祝う

横浜ハリストス正教会 正月にクリスマスを祝う

正教会のクリスマスは12月25日ではなく1月7日。横浜ハリストス正教会でも7日、降誕祭聖体礼儀が行われた。通常の日曜日は30人ほどの信徒が集まるが、この日はクリスマスとあって、見学者も含め、およそ2倍近くの人が聖堂を満たした。

2018年01月09日6時45分

2017年ニュース・ランキング 国内編(2)

2017年ニュース・ランキング 国内編(2)

今年1月から12月までに本紙に掲載した国内記事で多くの方に読まれたランキングは以下の通り(翻訳による国際記事は31日に掲載。連載コラムは外した)。12月29日現在のアクセス数に基づき、同テーマの記事はまとめることにした。

2017年12月30日6時10分

2017年ニュース・ランキング 国内編(1)

2017年ニュース・ランキング 国内編(1)

今年1月から12月までに本紙に掲載した国内記事で多くの方に読まれたランキングは以下の通り(翻訳による国際記事は31日に掲載。連載コラムは外した)。12月29日現在のアクセス数に基づき、同テーマの記事はまとめることにした。

2017年12月29日6時39分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース