教会

新型コロナで「緊急事態宣言」の北海道、教会はどう対応?

新型コロナウイルスで「緊急事態宣言」の北海道、教会はどう対応?

新型コロナウイルスの感染者が国内で最も多発し、「緊急事態宣言」が出されている北海道の教会は、宣言発令後の日曜日(3月1日)をどのように対応したのか。道央・道南・道北・道東の各地域の牧師や司祭ら4人に、それぞれの対応や現地の状況を聞いた。

2020年03月05日23時40分

東京神学大学

東神大、新型コロナで卒業礼拝・卒業式中止 TCUは参列制限などで対応

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京神学大学(芳賀力〔はが・つとむ〕学長、東京都三鷹市)は27日、3月5日の卒業礼拝、6日の卒業式を中止すると発表した。代わりに、卒業生、学校法人常務理事、教員による学位授与式を行うという。

2020年02月27日20時26分

きょう「灰の水曜日」 2020年の「レント」始まる 

きょう「灰の水曜日」 2020年の「レント」始まる

「灰の水曜日」を26日に迎え、2020年の「レント」が始まった。今年の「イースター」(復活祭)は4月12日で、それまでの約40日間がレントとなる。教派によって異なるが、灰の水曜日に礼拝者の額に灰で十字の印を付ける「灰の式」などが行われる。

2020年02月26日17時44分

カトリック札幌司教区、新型コロナで公開ミサなど中止 教区設立以来初

カトリック札幌司教区、新型コロナで公開ミサ中止 教区設立以来初の措置

カトリック札幌司教区長の勝谷太治司教は25日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する対策として、2月27日から3月14日までの期間、教区内では公開のミサ、集会、祭儀などを中止すると発表した。

2020年02月26日12時16分

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、カトリック東京大司教区は25日、今月27日から来月14日まで、公開のミサを原則として中止することを各教会に文書で通知した。

2020年02月25日21時36分

「感染リスクの高い環境」 日本基督教団、礼拝など集会時の留意点示す

日本基督教団は25日、新型コロナウイルスに対する注意喚起を各教区や教会、伝道所、関連施設の関係者に文書で通知した。毎週日曜日の礼拝は「感染リスクの高い環境」であることは認識せざるを得ないとし、礼拝などの集会を持つ場合の留意点を示した。

2020年02月25日19時46分

新型肺炎で教会関係のイベント中止相次ぐ 予防対策の指針示す動きも

新型肺炎で教会関係のイベント中止相次ぐ 予防対策の指針示す動きも

新型コロナウイルスによる肺炎(COVIDー19)の感染拡大を受け、教会でも大勢の人が集まるイベントが相次いで中止となるなど、影響が広がっている。一方、教団が各教会の礼拝やミサにおける予防対策の指針を示す動きも出ている。

2020年02月20日21時49分

ローマ教皇フランシスコ

「教父」から「教皇」へ ミサの奉献文で呼称変更

カトリック中央協議会は20日、現行のミサ典礼書に掲載されている第1~第4奉献文中の「とりなしの祈り」で、「わたしたちの教父〇〇」とされている部分を、今後は「わたしたちの教皇〇〇」に変更し、読み替えることを決めたと発表した。

2020年02月20日20時36分

キリスト者の有無問わず人々の心動かした 教皇訪日終え、司教協議会会長が談話

日本カトリック司教団、教皇訪日の意見募集 メッセージの具体化へ

昨年11月にローマ教皇フランシスコが訪日したことを受け、日本カトリック司教団がアンケートを始めた。司教団は「教皇のメッセージを具体化していくために、皆さまのご意見やアイデアを募集致します」としている。

2020年02月07日14時17分

「ウェブバイブル」提供開始 最新の聖書協会共同訳がスマホで気軽に

「ウェブバイブル」提供開始 最新の聖書協会共同訳などがPC・スマホで気軽に

日本聖書協会(東京都中央区)は31日、最新の日本語訳聖書「聖書協会共同訳」など複数の聖書をパソコンやスマートフォンなどで気軽に利用できる「ウェブバイブル」の提供を開始した。

2020年01月31日9時58分

3月6日「世界祈祷日」、各地で集会 NCC女性委が参加呼び掛け

3月6日「世界祈祷日」、各地で集会 NCC女性委が参加呼び掛け

3月6日の「世界祈祷日」に合わせて、今年も全国各地の教会で関連集会が開かれる。日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会が集会の情報をブログに掲載し、参加を呼び掛けている。

2020年01月24日21時16分

キリスト教一致祈祷週間、NCC・カトリックが協力し東京で集会開催

カトリックとプロテスタントが合同開催 18日から「キリスト教一致祈祷週間」

カトリックとプロテスタントの諸教会が毎年合同で開催している「キリスト教一致祈祷週間」が、18日から25日まで全世界で行われる。日本でも全国各地の教会で集会が開かれる。今年のテーマは、「人々は大変親切にしてくれた」(使徒言行録28:2)。

2020年01月16日15時56分

東京基督教大学・TCU

東京基督教大学が大学改革 来年春から「総合神学科」の1学科制に

東京基督教大学は、「神学科」「国際キリスト教福祉学科」の2学科制を、2021年春から「総合神学科」の1学科制に変更すると発表した。学生は1、2年次に共通科目でキリスト教世界観をしっかりと身に付けた上で、3年次から専攻を選択することになる。

2020年01月15日16時51分

日本の最新のキリスト教人口は? 『宗教年鑑』2019年版教団別・都道府県別ランキング

日本の最新のキリスト教人口は? 『宗教年鑑』2019年版教団別・都道府県別ランキング

『宗教年鑑』(2019年版)を基に、信者数の多いキリスト教系の教団上位15位と、キリスト教系信者数の多い都道府県上位10位、またキリスト教系信者数の少ない都道府県上位10位をまとめた。

2020年01月09日23時32分

2019年のトップ10ニュース(国内編)

2019年のトップ10ニュース(国内編)

クリスチャントゥデイは2019年、1100本以上のニュースや寄稿、コラムを配信してきました。その中から、アクセス数に基づいたトップ10ニュース(国内編)を発表します。

2019年12月27日20時00分

【クリスマスメッセージ】神の子を迎える場所 木田浩靖

【クリスマスメッセージ】神の子を迎える場所 木田浩靖

今、あなたが本当に必要としているものは一体何ですか。聖書の言葉に、「彼によってわたしたちを生きるようにして下さった」とありましたが、私たちが本当の意味で人として、神に造られた者として生きるために必要なもの、あなたはそれを手にしていますか。

2019年12月24日16時58分

救い主がいてくれる最上のクリスマス 銀座で「メリエストクリスマス」

救い主がいてくれる最上のクリスマス 銀座で「メリエストクリスマス」

クリスマスムードに包まれた東京・銀座で19日夜、東京福音センター主催のクリスマス集会「東京メリエストクリスマス2019」が開かれた。同教会の主任牧師でゴスペルシンガーの万代栄嗣牧師がトーク&ライブを行い、クリスマスのメッセージを語った。

2019年12月20日22時58分

具志堅聖氏、第10代日本聖書協会総主事に就任

具志堅聖氏、第10代日本聖書協会総主事に就任

日本聖書協会の総主事引継式が13日、日本基督教団銀座教会で行われ、渡部信氏から具志堅聖氏に総主事職が引き継がれた。これにより、2017年9月から副総主事を務めてきた具志堅氏が、正式に第10代総主事に就任した。

2019年12月13日23時06分

キリスト者の有無問わず人々の心動かした 教皇訪日終え、司教協議会会長が談話

キリスト者の有無問わず人々の心動かした 教皇訪日終え、司教協議会会長が談話

ローマ教皇フランシスコの訪日を終え、日本カトリック司教協議会の髙見三明会長(長崎大司教)が談話を発表した。「キリスト信者であるなしにかかわらず多くの人々のこころを動かしたのではないか」と述べ、教皇訪日が日本で広く歓迎されたとの認識を示した。

2019年12月12日20時10分

日本バプテスト連盟理事長、中村哲医師死去で追悼文

日本バプテスト連盟の加藤信理事長は10日までに、アフガニスタンで銃撃に遭い死去した中村哲医師に対する追悼文を、同連盟公式サイトで公開した。加藤氏は中村氏の働きは「『天、共に在り』の確かな信仰に裏打ちされたものでした」と述べた。

2019年12月10日23時42分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース