クリスチャンになる意味とは? オンライン・クルセードで1・6万人超が信仰決心

2020年9月14日16時14分 印刷
+クリスチャンになることの意味とは? グレッグ・ローリー牧師のオンライン・クルセードで数千人が信仰決心
動画「希望のラッシュ」でメッセージを伝えるグレッグ・ローリー氏(画像:動画のスクリーンショット)

ハーベスト・クリスチャン・フェローシップ(米カリフォルニア州、礼拝出席者数約1万2千人)の牧師であり、伝道者でもあるグレッグ・ローリー氏による毎年恒例の伝道イベント「ハーベスト・クルセード」が4日から7日まで開催された。今年は新型コロナウイルスの影響を受けて、初めて全面的なオンライン開催となったが、4日間で1万6千人を超える人々がキリストへの信仰を決心した。

「希望のラッシュ」(原題:A Rush of Hope)と題された映画風の動画に登場したローリー氏は、コロナ禍と経済不安の下、さまざまな病が急増していると指摘。しかし、そのような状況にあっても、誰もが「なぜ自分は存在しているのか」といった大きな疑問を持ち続けていると語った。

「あなたは神と出会うために存在しているのです。あなたの心の空洞を満たすものは、この世に存在しません。神ご自身によって満たされるように造られているからです。どんな薬を使っても、どんな体験をしても、何を所有しても、心の空洞が満たされることは決してありません」

「クリスチャンになるというのは、何かの信条に従うことではありません。聖句を暗記することでもありませんし、時折、教会に行くことでもありません。クリスチャンになるとは、あなたの内にキリストを住まわせることです」

キリストを知るということは、風変わりで宗教的な人間になることではないとローリー氏は続けた。

「それは神との友情を育むことです。あなたは一人ぼっちで生きているのではありません。イエス様は約束されました。『わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない』(ヘブライ13:5)と」

「私はなぜ存在しているのでしょうか。それは、神とそのような関係を築くためです。そして、人生の意義は、神と共に歩み、神が私に用意してくださったご計画を見いだすことにあります」

すべての人はいつか神の前に立つことになるが、神に問われるのは、どれほど善良な人生を送ったかではないとローリー氏は言う。

「罪に関してというよりも、御子に関して問われることになるでしょう」とローリー氏。「問題は、あなたがイエス・キリストをどう取り扱ったかです」

「罪深い人類と聖なる神のギャップを埋める資格のあるお方は、イエス様だけでした」

ローリー氏は最終日のイベントを前にした7日、ツイッター(英語)で、「希望のラッシュ」が100万回以上視聴され、1万人が信仰を表明したと発表。ハーベスト・クリスチャン・フェローシップ(英語)によると、最終的には「希望のラッシュ」は180万回再生され、1万6941人が信仰を決心した。

「希望のラッシュ」には、マーシーミー(MercyMe)や for King & Country、ジェレミー・キャンプら、人気クリスチャン・アーティストも登場した。

ジェレミー・キャンプのヒットソング「I Still Believe」の誕生秘話を基に製作された同名映画も、動画内のストーリーに組み込まれており、ローリー氏が同曲について解説を加えた。この曲は、答えのない問いと葛藤の中で神を信じ続けることをテーマにしている。結婚してわずか4カ月余りで妻メリッサさんをがんで亡くしたジェレミー・キャンプ本人の痛みを通して生まれた一曲だ。

事前に収録されたキャンプ氏とのインタビューの中でローリー氏は、自身も大切な家族を亡くした痛みについて触れている。ローリー氏は、キャンプ氏が妻メリッサさんを亡くしてから数年後、息子のクリストファーさんを自動車事故で天に送っている。

キャンプ氏は、妻が必ず癒やされると思っていたが、そうならなかったことで、深いうつ状態になったと明かした。

「私は神がおられるとその時も信じていたと言いましたが、同時に疑いもありました。『神様、あなたは本当に善きお方なのですか。あなたは私のことを親身になって気遣っておられるのでしょうか』と」

「聖書を部屋の壁に投げ付けたこともありました。怒ったり動揺したりした時もありました。(中略)神に失望したと本当に思いました」

「驚かされるのは、主がとても忍耐強いということです。主は、『大丈夫だから(この試練を)乗り越えなさい。私がここにいて、君を助けてあげよう』とは言いませんでした。主は、ありのままの私を見てくださいました。ですから私は、小さな一歩を踏む出すたびに、こう感じました。大きな一歩は踏み出せないとしても、小さな一歩なら踏み出せそうだと」

「聖書に書かれているすべての約束が、私にとってとても現実的になりました」

若くして召されたメリッサさんの信仰に感化され、何千人もの人がキリストに生涯をささげる決意をしたとローリー氏は明かした。

キャンプ氏の役を俳優のKJ・アパが演じる映画「I Still Believe」(英語)は、3月中旬に劇場公開されたが、新型コロナウイルスの影響を受け、3月下旬からはオンデマンドで動画が公開された。現在は、アップルTVやアマゾンのプライムビデオなどのデジタル、またはDVD、ブルーレイで購入ができる。

一方、動画「希望のラッシュ」は現在、ユーチューブで公開されている。

■ 動画「希望のラッシュ」(英語)

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース