新型コロナ、カトリック司祭の死者70人超える イタリア

2020年3月26日22時20分 印刷
+新型コロナ、カトリック司祭の死者70人超える イタリア
全国的な外出制限措置が取られ、ほとんど人影のないミラノ大聖堂前の広場=3月18日(写真:Petr Tran / Shutterstock)

新型コロナウイルスの感染が広がるイタリアで、25日までにカトリック司祭71人が亡くなった。最も死者が多いのは、北部ベルガモ教区で23人。一方、これらの数は教区所属の司祭のみで、修道会所属の司祭や修道士、修道女、宣教師などを含めると、さらにその数は多くなる。

イタリアのカトリック系日刊紙「アベニーレ」(イタリア語)によると、25日までにベルガモとミラノの両区でそれぞれ司祭1人が亡くなり、新型コロナウイルスによる教区司祭の死者は69人となった。現在所属を確認中の司祭2人も含めると71人となり、70人を超えた。

亡くなった司祭の年齢は45歳から104歳で、多くが70代か80代。同紙は教区や教会、親族、信者などから寄せられた情報を基に集計しているが、その数の多さから「このような集計をすること自体、今は困難になってきている」と伝えている。さらに検査の結果、陽性となった司祭は他にも数十人おり、幾人かは重篤な状態だとして、今後も死者が増える可能性があるという。

同紙のまとめでは、ベルガモ教区に次いで、ミラノ教区が7人で多く、パルマ、クレモナ、ピアチェンツァ・ボッビオの各教区で6人、ローディ教区で5人、ブレシア、ペーザロの両教区で3人、ラスペツィア・サルザーナ・ブルニャート教区で2人、その他の10教区で各1人計10人が亡くなっている。死者が出ている教区のほとんどは北部に位置し、南部に位置するのは2教区(死者2人)のみで、他はサルデーニャ島の1教区(同1人)。

25日までに亡くなったイタリアの教区司祭(所属確認中の2人を含む)は次の通り(敬称略、数字は年齢)。

ベルガモ教区(23人)
Tarcisio Avogrado (80), Savino Tamanza (73), Battista Mignani (74), Alessandro Longo (87), Evasio Alberti (86), Fausto Resmini (67), Guglielmo Micheli (86), Adriano Locatelli (71), Ettore Persico (77), Donato Forlani (88), Enzo Zoppetti (88), Francesco Perico (91), Gian Pietro Paganessi (79), Remo Luiselli (81), Gaetano Burini (83), Umberto Tombini (83), Giuseppe Berardelli (72), Giancarlo Nava (70), Silvano Sirtoli (59), Tarcisio Casali (82), Achille Belotti (82), Mariano Carrara (72), Tarcisio Ferrari (84)

ブレシア教区(3人)
Giuseppe Toninelli (79), Domenico Gregorelli (86), Giovanni Girelli (72)

ミラノ教区(7人)
Agostino Sosia (66), Giancarlo Quadri (75), Franco Carnevali (68), Cesare Meazza (90), Marco Barbetta (82), Luigi Giussani (70), Ezio Bisiello (64)

パルマ教区(6人)
Giorgio Bocchi (89), Pietro Montali (89), Andrea Avanzini (55), Franco Minardi (94), Still Fanfoni (82), Giuseppe Fadani (83)

レッジョエミリア・グアスタッラ教区(1人)
Guido Mortari (83)

パビーア教区(1人)
Luigi Bosotti (70)

クレモナ教区(6人)
Vincenzo Rini (75), Mario Cavalleri (104), Giuseppe Aresi (91), Albino Aglio (93), Achille Baronio (84), Vito Magri (88)

ピアチェンツァ・ボッビオ教区(6人)
Paolo Camminati (53), Giuseppe Castelli (85), Giorgio Bosini (79), Mario Boselli (87), Giovanni Boselli (87), Giovanni Cordani (83)

ローディ教区(5人)
Carlo Patti (66), Gianni Cerri (85), Giovanni Bergamaschi (85), Bassiano Travaini (88)

ラスペツィア・サルザーナ・ブルニャート教区(2人)
Piergiovanni Devoto (76), Nilo Gando (89)

マントバ教区(1人)
Antonio Mattioli (74)

ペーザロ教区(3人)
Zenaldo del Vecchio (90), Graziano Ceccolini (83), Giuseppe Scarpetti (69)

トレント教区(1人)
Luigi Trottner (86)

ボルツァーノ・ブレッサノーネ教区(1人)
Salvatore Tonini (84)

カザーレモンフェッラート教区(1人)
Mario Defechi (89)

トルトナ教区(1人)
Giacomo Buscaglia (82)

サレルノ・カンパーニャ・アチェルノ教区(1人)
Alessandro Brignone (45)

アリアーノイルピーノ・ラチェドーニア教区(1人)
Antonio Di Stasio (85)

ヌーオロ教区(1人)
Pietro Muggianu (83)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース