米南部の教会で牧師夫妻、教会員ら30人以上が新型コロナに感染

2020年3月25日15時07分 印刷
+米南部の教会で牧師夫妻、教会員ら30人以上が新型コロナに感染
牧師夫妻を含め、新型コロナウイルスの感染者30人以上が出た米南部アーカンソー州のグリアーズフェリー第一アッセンブリー・オブ・ゴッド教会(写真:同教会のフェイスブックより)

米南部アーカンソー州の教会で、牧師夫妻と教会スタッフや教会員ら30人以上が新型コロナウイルスに感染した。3月上旬に開催した子ども向けの集会により感染が広がったとみられている。牧師は非常に感染力が強いウイルスだと強調し、その脅威を過小評価しないで十分な対策を取るよう呼び掛けている。

大量の感染者が出たのは、同州グリアーズフェリーにあるグリアーズフェリー第一アッセンブリー・オブ・ゴッド教会。マーク・パレンスキー主任牧師と、妻で牧師のデナさんのほか、3月5~8日に同教会で開催した子ども向けの集会参加者34人が検査の結果、陽性となった。

同教会の執事であるドナルド・シップさんが地元のアーカンソー・デモクラット・ガゼット紙(英語)に語ったところによると、陽性となった34人のうち31人は教会スタッフまたは教会員。残り3人のうち2人は集会のために招いた外部講師で、1人は集会に参加していた子どもだった。検査の結果は23日時点のもので、現在も結果待ちの人がおり、感染者は今後さらに増える可能性もある。シップさんによると、陽性となった人は全員が自宅で隔離措置を取っている。

パレンスキー牧師は、「私たちの症状は頭痛から始まり、そして強い体の痛み、倦怠(けんたい)感が続きました。さらに寒気、発汗、吐き気に襲われました」と自身の経験を紹介。夫妻はすでに退院しているが、特にダナさんの症状が数日前までひどかったという。

パレンスキー牧師によると、夫妻が同教会における最初の感染者とみられるが、感染経路は特定できておらず、より早くから症状を訴えていた人もいたという。一方、子ども向けの集会により感染が広がったことは確かで、同教会ではその後、検査結果が出る前から感染拡大を防止するため礼拝を中止するなど、必要な措置を取ってきたという。

アーカンソー州保健省局(英語)によると、同州では25日までに232人の感染が確認されており、2人が死亡している。全米の感染者は5万5222人に上り、死者は797人となっている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース