米ワシントンの聖公会司祭が新型コロナ感染 信徒ら数百人が自主隔離

2020年3月11日13時05分 印刷
+米ワシントンの聖公会司祭が新型コロナ感染 信徒ら数百人が自主隔離
米ワシントンのジョージタウン・キリスト教会(米国聖公会)牧師のティモティー・コール司祭(写真:フェイスブックより)

米首都ワシントンにあるジョージタウン・キリスト教会(米国聖公会)牧師のティモティー・コール司祭が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かり、同教会の礼拝に出席していた信徒ら数百人が2週間の自主隔離を指示される事態になった。

米CBS(英語)によると、コール司祭が新型コロナウイルスの検査で陽性となったのは土曜日の7日夜。これにより8日の日曜礼拝は中止となり、同教会は、安全が確認されるまですべての礼拝と諸集会を当面中止すると発表した。

米ワシントン・ポスト紙(英語)によると、保健当局は、前週の日曜日である1日の礼拝出席者、さらに2月24日または2月28日から3月3日までの間に教会を訪れた数百人に対し、2週間の自主隔離を指示した。コール司祭は現在、メッドスター・ジョージタウン大学病院に入院しており、容体は安定しているという。

教会の発表(英語)によると、コール司祭の感染が確認された後、10日までにオルガニスト兼聖歌隊指揮者のトム・スミス氏と信徒1人も感染が確認された。

コール司祭は8日、信徒らに自身の感染を伝えるとともに、「まず、私は大丈夫であることをお伝えします。十分な治療を受けており、このような状況にあっても元気です。これから2週間、家族と同様、私も隔離期間を取ります」と語った。

10日には「皆さんの多くの祈り、親切な申し出、そして愛に心から感謝します」と伝える一方、感染に伴う不便を謝罪。自主隔離をしている信徒らに、「霊において、祈りにおいて、私も皆さんと共にいることを忘れないでください」と伝えた。また「この時が、私たちが神や仲間の教会員についてより良く知る機会になるよう、そしてそうすることで、私たちそれぞれが本当に神の子であることを知る機会になるよう願っています」と続けた。

コール司祭は、ワシントンにおける最初の感染者。ワシントン政府の新型コロナウイルス特設サイト(英語)によると、9日までにワシントンで感染が確認されたのは5人。その他23人が検査中で、2人が検査の結果を待っており、17人は検査の結果、陰性だった。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース