旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ

2019年7月28日08時32分 印刷
+旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ
米オハイオ州のウィルミントン大学平和資料センターが所蔵する「被爆十字架」。原爆により倒壊した旧浦上天主堂(長崎市)のがれきの中から発見されたもので、8月にカトリック浦上教会へ返還される。(写真:同センター提供)

原爆投下後の長崎に進駐した米兵が、被爆して倒壊した旧浦上天主堂(長崎市)のがれきの中から発見し、その後米国に持ち帰っていた「被爆十字架」が来月、74年ぶりに返還されることになった。返還後は、戦後再建されたカトリック浦上教会で展示されることになる。

十字架を発見したのは、元米兵のウォルター・フックさん(2010年に97歳で死去)。終戦後、短期間長崎に進駐していた時期に、旧浦上天主堂のがれきの中で見つけた。カトリック信者であったフックさんは、当時の山口愛次郎・長崎司教(後に長崎大司教、1894~1976)から許可を得て、米国の母親の元に十字架を送ったという。

帰国してからは、原爆を使用した米政府を批判する立場となり、全米被曝(ひばく)退役軍人会の会員にもなるなどして、反核運動に参画した。そしてその中で、クエーカー(プロテスタントの一派)で反核・平和活動家のバーバラ・レイノルズ氏(1915~90)と出会う。

レイノルズ氏は、米国が設置した原爆傷害調査委員会の研究員として51年に来日。原爆の惨状に触れ、反核・平和活動を行うようになった人物だ。「ヒロシマの世界化に尽力した」として、75年には広島市から特別名誉市民の称号も贈られている。同年には、クエーカー系のウィルミントン大学(オハイオ州)内に「平和資料センター」を開設。そこにフックさんが82年、十字架を寄贈し、以来同センターが所蔵していた。

旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ
フックさんが撮影した旧浦上天主堂(写真:同上)

同大(英語)によると、十字架の返還は、同センターのターニャ・マウス所長が今春、日本関係の会議に参加した際、ノースウエスタン大学(イリノイ州)の宮崎広和教授と出会ったことがきっかけとなった。宮崎氏は、日米親善を目的に1927年、米国の教会が主体となって日本に贈った1万2千体余りの「青い目の人形」について調査しており、このうち7体は、ウィルミントンに住むクエーカーが提供したものだったという。

これを受け同大は、クエーカースタイルの人形100体を作り、長崎と平戸の両市に贈呈することにした。それを歓迎した宮崎氏が同センターを訪問。宮崎氏は長崎市認定の「長崎平和特派員」でもあり、十字架の存在を髙見三明・長崎大司教に伝えたことで、返還に向けた話が進んだ。

旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ
フックさんが撮影した原爆により焼け野原となった長崎市内の様子(写真:同上)

マウス氏は十字架を返還する意義について、次のように語る。

「旧浦上天主堂の遺物で保存されているものは非常にわずかです。ですから、彼らのアイデンティティーと非常に深く結び付いているこの十字架を返還することは、とても重要なことなのです」

マウス氏は8月、人形100体の制作を考案した同大チャプレンのナンシー・マコーミック氏らと共に来日し、人形を長崎、平戸の両市に贈呈する。十字架は7日に浦上教会に返還し、9日には長崎市の平和公園で行われる長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参加する予定。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース