核兵器

教皇、日本滞在「密度の濃いものだった」 4日間の日程終え帰国の途 

教皇、日本滞在「密度の濃いものだった」 4日間の日程終え帰国の途

ローマ教皇フランシスコは26日午前、4日間の来日日程を終え、羽田空港から特別機に乗り、ローマ郊外のフィウミチーノ国際空港に向け、帰国の途に着いた。最終日に上智大学で行った講話では「滞在は短いものでしたが、大変密度の濃いものでした」と語った。

2019年11月26日12時39分

核兵器の使用「犯罪以外の何ものでもない」 教皇、長崎と広島でメッセージ

核兵器の使用は「犯罪以外の何ものでもない」 教皇、長崎と広島でメッセージ

ローマ教皇フランシスコは来日2日目の24日、長崎と広島の2つの被爆地を訪れ、使用や所有も含め、核兵器の完全撤廃を強く訴えるメッセージを語り、「真の平和は非武装の平和以外にあり得ない」と訴えた。

2019年11月25日18時20分

ローマ教皇フランシスコ

「日本は戦争の苦しみへの自覚を持つ国」 教皇フランシスコが来日前にメッセージ

23日から26日まで日本を訪れるローマ教皇フランシスコが、来日を前に、日本の人々に向けたあいさつのメッセージを語った。教皇は「日本は戦争によって引き起こされた苦しみへの自覚を持つ国」と言い、核兵器反対への強い思いを強調した。

2019年11月18日19時23分

旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ

旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ

原爆投下後の長崎に進駐した米兵が、被爆して倒壊した旧浦上天主堂(長崎市)のがれきの中から発見し、その後米国に持ち帰っていた「被爆十字架」が来月、74年ぶりに返還されることになった。返還後は、戦後再建された浦上教会で展示されることになる。

2019年07月28日8時32分

「核兵器廃絶を」 日本の国会議員と宗教者が共同提言

日本の国会議員と宗教者が4月25日、衆議院第2議員会館で核兵器廃絶を求める共同提言文を発表した。同29日から米ニューヨークの国連本部で始まった核不拡散条約(NPT)再検討会議の第3回準備委員会を前に発表されたもの。

2019年05月02日20時31分

米朝首脳会談、キリスト教界の反応は? 会談では北朝鮮のキリスト教徒についても言及

米朝首脳会談、キリスト教界の反応は? 会談では北朝鮮のキリスト教徒についても言及

米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長は12日、シンガポールで史上初となる米朝首脳会談を行い、共同声明に署名した。会談後に行われた記者会見では、トランプ氏が話し合いの中で北朝鮮のキリスト教徒についても言及したことを明かした。

2018年06月13日8時24分

カトリック社会司教委、首相と外相に核兵器禁止条約への署名・批准求める要望書

カトリック社会司教委、首相と外相に核兵器禁止条約への署名・批准求める要望書

日本カトリック司教協議会社会司教委員会(委員長・浜口末男=大分司教)は15日、安倍晋三首相と河野太郎外相に対し、昨年7月に国連で採択された「核兵器禁止条約」への署名と批准を求める要望書を発表した。

2018年03月17日18時26分

長崎への旅(6)核戦争の現実的脅威を前にして 込堂一博

長崎への旅(6)核戦争の現実的脅威を前にして 込堂一博

原爆投下されて戦後すぐ1945年、アメリカ海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネル氏が日本に派遣されました。原爆投下後の広島、長崎をはじめ各地を巡り、廃墟となった街々や日本人の暮らしぶりを撮影しました。

2018年02月03日13時58分

ノーベル平和賞受賞のICAN事務局長、日本の宗教者らと懇談 日本聖公会総主事も同席

ノーベル平和賞受賞のICAN事務局長、日本の宗教者らと懇談 日本聖公会総主事も同席

世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会の代表者らが18日、ノーベル平和賞を昨年受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長と東京都内のホテルで懇談した。

2018年01月22日17時42分

ノーベル平和賞授賞式、前日にオスロで平和求める礼拝 ネットで生中継

ノーベル平和賞授賞式前日にオスロで平和求める礼拝 ネットで生中継

10日にノーベル平和賞の授賞式が行われるノルウェーの首都オスロで前日9日、平和を求める礼拝が行われる。模様はインターネットで生中継される予定で、教会のほかノーベル平和賞受賞者のに選ばれた国際NGO「ICAN」などが、参加を呼び掛けている。

2017年12月08日16時36分

バチカンで核兵器廃絶と軍縮テーマに国際シンポ、日本の被爆者も演説

バチカンで核兵器廃絶と軍縮テーマに国際シンポ、日本の被爆者も演説

バチカンで10、11の両日、核兵器廃絶と軍縮をテーマにした国際シンポジウムが開催された。7月に核兵器禁止条約が採択されたことを受けて開催されたもの。教皇が演説したほか、日本からも被爆者の代表が参加し、核兵器の非人道性などを訴えた。

2017年11月16日23時28分

日本YWCA、政府の核兵器廃絶決議案に抗議 核兵器禁止条約への批准求める

日本YWCAは13日、日本政府が国連に提出した核兵器廃絶決議案に抗議し、核兵器禁止条約への批准を求める要望書を発表した。今年の決議案について「昨年の決議内容から大きく後退する」とし、政府の姿勢を批判した。

2017年10月18日17時54分

核兵器廃絶訴えるICANにノーベル平和賞 世界教会協議会本部で会見

核兵器廃絶訴えるICANにノーベル平和賞 世界教会協議会本部で会見

ノーベル委員会は6日、核兵器の廃絶を目指すNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に、ノーベル平和賞を授与すると発表した。ICANは同日、協力して活動してきた世界教会協議会(WCC)の本部で記者会見を行った。

2017年10月07日3時07分

WCC、北朝鮮には対立ではなく交渉を

WCC、北朝鮮には対立ではなく交渉を

北朝鮮が3日に6回目となる核実験を実施したことを受け、世界教会協議会(WCC)は、対立を引き起こすのではなく、交渉を通じて朝鮮半島の緊張を緩和するようにと強く呼び掛けた。

2017年09月08日15時46分

原爆の日でWCC総幹事がコメント、核兵器禁止条約に期待 「新たな決意の原動力」

原爆の日でWCC総幹事がコメント、核兵器禁止条約に期待 「新たな決意の原動力」

広島と長崎に原爆が落とされてから72年目を迎える中、7月には国連で核兵器禁止条約が採択され、世界はこの新しい条約に希望を見いだそうとしている。条約文をめぐっては、多くの政府が交渉を重ね、核兵器を全面的に禁止することで合意に至った。

2017年08月06日21時34分

宗教者ら、NGOと合同で「核兵器禁止条約提言ハンドブック」作成 NYで発表

宗教者ら、NGOと合同で「核兵器禁止条約提言ハンドブック」作成

核兵器を法的に全面禁止する「核兵器禁止条約」の交渉会議が行われている米ニューヨークで、世界宗教者平和会議(WCRP / RfP=Religions for Peace)日本委員会などは25日、「核兵器禁止条約提言ハンドブック」を発表した。

2017年03月31日20時22分

日本基督教学会第64回学術大会、広島女学院大学で開催(3)核兵器の「正当性」とキリスト教の論理

日本基督教学会第64回学術大会、広島女学院大学で開催(3)核兵器の「正当性」とキリスト教の論理

日本基督教学会第64回学術大会2日目のシンポジウムで広島女学院大学准教授の澤村雅史氏は「被爆地ヒロシマから」として発題し、広島もまた戦後、米国と日本の核政策に利用されてきたと指摘。また、キリスト教が核の使用の正当化にたびたび用いられてきたことにも触れた。

2016年09月27日21時34分

「祈りと希望」「神のいつくしみの大河」WCCやバチカン、広島・長崎原爆71年でコメントやメッセージ

「祈りと希望」「神のいつくしみの大河」WCCやバチカン、広島・長崎原爆71年でコメントやメッセージ

世界教会協議会(WCC)は5日、「祈りと希望が印す原爆投下の日」と題する英文記事を公式サイトに掲載した。一方、バチカン放送局は6日、バチカン正義と平和評議会首席補佐官であるマイケル・チェアニー神父が発表した同評議会のメッセージを掲載した。

2016年08月08日16時02分

共有された道義的・法的責務を 宗教指導者らが声明 核兵器の合法性 国際司法裁の勧告的意見20年で国際会議

共有された道義的・法的責務を 宗教指導者らが声明 核兵器の合法性 国際司法裁の勧告的意見20年で国際会議

世界宗教者平和会議は2日と3日、国際連合大学(東京都渋谷区)で「核兵器廃絶に向けた国際特別セッション~ICJの勧告的意見から20年~」を開催。「核兵器廃絶のための私たちに共有された道義的そして法的責務」と題する最終声明文を採択し、発表した。

2016年08月05日19時20分

クリスチャンの英国首相、核攻撃を許可する用意があることを明言 教会指導者らは核兵器の更新に反対

クリスチャンの英国首相、核攻撃を許可する用意があることを明言 教会指導者らは核ミサイル更新に反対

クリスチャンである英国のテリーザ・メイ首相は英国議会の下院で、核攻撃を許可する用意があると明言した。一方、英国の教会指導者たちは一致して、同国が保有する核兵器の更新に反対した。

2016年08月04日20時33分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース