原爆投下75年、核兵器廃絶「必要は明白」 教皇が広島へメッセージ

2020年8月7日18時42分 印刷
+WCC代表団、8月初旬に広島と長崎へ巡礼の旅 核の脅威の終結求めて
広島平和記念公園にある慰霊碑から見える原爆ドーム

バチカン(ローマ教皇庁)公営のバチカン・ニュース(日本語版)は6日、教皇フランシスコが広島県の湯崎英彦知事に宛てたメッセージを公開した。教皇フランシスコは、平和構築のためには「核兵器を捨て去る」必要があることほど明白なことはないと強調し、核兵器廃絶をあらためて訴えた。

メッセージの中で教皇フランシスコは、昨年11月の広島と長崎の訪問を振り返り、「平和を強く希求し、平和のために自らをささげようとする今日の人々、特に若い人々の熱望を、今も心に留め続けています。同時に、私は貧しい人々の叫びをも心に留めます。彼らは常に、暴力と紛争の最初の犠牲者です」と述べた。

その上で、「平和を花開かせるには、すべての人々が兵器を、特に最も強力で破壊的な核兵器を捨て去る必要があることほど、明白なことはありません」とし、「原子力の戦争目的の使用は、倫理に反します。核兵器の保有は、それ自体が倫理に反しています」と昨年11月に自身が広島で語った言葉をあらためて強調した。

最後に、「広島と長崎の被爆者の方々の預言的な声が、私たちと未来の世代への警鐘であり続けますように。これらの方々に、そして和解のために働くすべての方々に、私たちは詩編のこの言葉を、自らのものとしてお贈りしたい」と述べ、「わたしは言おう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」と詩編122編8節を引用した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース