全般

「被爆国として一刻も早く」 日本YWCA、核兵器禁止条約批准求め声明

「被爆国として一刻も早く」 日本YWCA、核兵器禁止条約批准求め声明

核兵器の保有や使用を全面的に禁じる核兵器禁止条約の発効が決まったことを受け、日本YWCAは26日、日本政府に条約の批准などを求める声明を出した。

2020年10月29日18時16分

核兵器禁止条約発効へ 日本の宗教者も歓迎「共に喜びを分かち合いたい」

「核兵器禁止条約」発効へ 日本の宗教者も歓迎「歴史的な偉業」

50カ国・地域が批准し「核兵器禁止条約」の発効が決まったことを受けて、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会(植松誠理事長=日本聖公会首座主教)は25日、「歴史的な偉業の達成」だとし歓迎する声明を発表した。

2020年10月26日15時22分

同志社大学の学生ら2人「持続化給付金」詐欺で逮捕 学長「大変遺憾」

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を支援する「持続化給付金」を詐取したとして、同志社大学の学生ら20代の男2人が逮捕された。同大の植木朝子学長は21日、「大変遺憾であり、社会をお騒がせしていることに対し深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

2020年10月21日18時56分

国内キリスト教界の性暴力・性虐待被害者のための裁判応援基金設立

牧師から性暴力を受けた娘を自殺で亡くした宮本晴美さんが、日本のキリスト教界の性暴力・性虐待被害者のための裁判応援基金を設立した。基金は、宮本さんの娘が加害牧師を相手取って起こした裁判で得た賠償金が原資で、1個人上限100万円を支援する。

2020年10月17日19時02分

死刑囚2人の刑執行、カトリック正平協が抗議 「死刑廃止と執行の即時停止を」

上川法相は死刑執行の停止を カトリック正平協が声明

日本カトリック正義と平和協議会「死刑廃止を求める部会」は世界死刑廃止デーの10日、上川陽子法務大臣に対し、死刑の執行を停止して死刑制度に関する幅広い国民的議論を呼び掛けることを求める声明を発表した。

2020年10月13日19時39分

後藤健二さん、湯川遥菜さんら殺害に関与 IS元戦闘員2人を起訴

後藤健二さん、湯川遥菜さんら殺害に関与 IS元戦闘員2人を起訴

米司法省は7日、国際ジャーナリストの後藤健二さんと湯川遥菜(はるな)さんの日本人2人のほか、英国人2人と米国人4人の殺害に関与したとして、過激派組織「イスラム国」(IS)の元戦闘員の男2人を起訴したと発表した。

2020年10月08日20時31分

「和解」と「包摂」テーマにシンポ 教皇来日メッセージ踏まえ現代の諸問題を考える

「和解」と「包摂」テーマにシンポ 教皇来日メッセージ踏まえ現代の諸問題を考える

オンラインシンポジウム「現代世界における和解の諸問題―平和で包摂的なグローバル社会に向けて」が9月27日、開催された。教皇が来日時に発したメッセージを踏まえ、「和解」と「包摂」をテーマに、核や移民・難民、差別などの諸問題について話し合った。

2020年10月07日23時36分

「平和実現する道歩む思い新たに」 戦後75年、日本キリスト教協議会が平和メッセージ

日本キリスト教協議会(NCC)は12日、「主イエス・キリストの平和の福音に励まされ、遣わされた世にあって、NCCに加盟する諸教派・団体と共に平和を実現する道を歩む思いを新たにします」とする平和メッセージを公式サイトで発表した。

2020年08月12日22時28分

新型コロナ感染拡大への宗教者の対応 「これまで」と「これから」

新型コロナ感染拡大への宗教者の対応 「これまで」と「これから」

「新型感染症が与える影響と市民社会」と題したオンラインセミナー(庭野平和財団主催)が5日、開催された。6月末から続く4回シリーズの3回目で、この日は「新型コロナウイルス感染拡大への宗教者の対応のこれまでとこれから」がテーマ。

2020年08月12日15時08分

WCC代表団、8月初旬に広島と長崎へ巡礼の旅 核の脅威の終結求めて

原爆投下75年、核兵器廃絶「必要は明白」 教皇が広島へメッセージ

バチカン(ローマ教皇庁)公営のバチカン・ニュース(日本語版)は6日、教皇フランシスコが広島県の湯崎英彦知事に宛てたメッセージを公開した。メッセージの中で教皇フランシスコは、核兵器廃絶をあらためて訴えた。

2020年08月07日18時42分

同志社大学に爆破予告、被害はなし

同志社大学は6日、インターネットの掲示板に、同大の各キャンパスの主要構造物を5日午前11時に一斉に爆破するという内容の書き込みがあったことについて、被害はなかったことをホームページで発表した。

2020年08月06日10時07分

原爆投下75年、日米の大司教・司教が核不拡散と軍備縮小に向けた連帯を確認

原爆投下75年、日米の大司教・司教が核不拡散と軍備縮小に向けた連帯を確認

広島、長崎への原爆投下から間もなく75年となるのを前に、米ジョージタウン大学バークレイ宗教・平和・国際情勢研究センターが3日、平和構築について考えるオンラインイベントを開催した。

2020年08月04日17時58分

和解は一人一人の「内面的な平和」から セミナーでキリスト教的ヴィパッサナー瞑想など実践

和解は一人一人の「内面的な平和」から セミナーでキリスト教的ヴィパッサナー瞑想など実践

世界宗教者平和会議日本委員会の「和解の教育タスクフォース」が主催する「平和と和解のためのファシリテーター養成セミナー」が11、12の両日に開催された。「心をむける」をテーマに、インナーピース(内面的な平和)に関するセッションが行われた。

2020年07月30日19時18分

宗教者による性虐待・性暴力被害のトラウマの深刻さ 精神科医の白川美也子さんが講演

宗教者による性虐待・性暴力被害のトラウマの深刻さ 精神科医の白川美也子さんが講演

「カトリック神父による性虐待を許さない会」が主催する集会が26日、Zoom(ズーム)を利用して開催された。約60人が参加し、性暴力被害に詳しい精神科医の白川美也子さんが講演したほか、神父による性虐待被害者の男女2人が自らの体験を語った。

2020年07月28日14時35分

胎児の生命保護も国連の「持続可能な開発目標」に 東京でデモ行進

胎児の生命保護も国連の「持続可能な開発目標」に 東京でデモ行進

国連が掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)に、18番目のゴールとして「LIFE UNBORN(生まれる前から子どもを守ろう)」を追加することを訴えるデモ行進「マーチ・フォー・ライフ(March for Life)」が23日、東京・日本橋の常盤公園を出発点に行われた。

2020年07月25日9時18分

詐欺的投資で2・5億円消失、カトリック長崎大司教区 文春報道

カトリック長崎大司教区の前教区本部事務局長の神父(54)が、教区の会計を担当する法人事務所長(10~14年)だった13年に、教区の資金から計2・5億円を融資または投資に回し、そのほとんどが回収を見込めない状況だという。

2020年06月30日13時56分

「カトリック神父による性暴力被害者の会」設立へ 21日に緊急集会

日本のカトリック聖職者による性暴力被害を訴える信徒らが21日、長崎市内で緊急集会を開催する。集会では被害当事者が実体験を語るとともに、「カトリック神父による性暴力被害者の会」(仮称)もこの日、設立する考え。

2020年06月19日23時03分

コロナ影響、青少年教育の現状を危惧 YMCAなど5団体が共同声明

コロナ影響、青少年教育の現状を危惧 YMCAなど5団体が共同声明

日本YMCA同盟や東京YWCAなど青少年教育に関わる5団体は4日、新型コロナウイルスの影響により、青少年の健全な成長のための機会が失われている現状を危惧し、共同声明を発表した。

2020年06月06日23時58分

「日本キリスト教団」の名で外国人ヘイト 日本基督教団が抗議声明

外国人と関わりのある特定の事業所に対し、「日本キリスト教団」の名称を不当に用いて「早く日本から出ていけ!」などと記した文書が送られていたことが判明したとし、日本基督教団は29日、「『外国人ヘイト』による人権侵害に抗議する声明」を発表した。

2020年05月30日18時04分

カトリック難民移住移動者委など5団体、コロナ感染防止で「入管収容に関する緊急共同要請」

カトリック難民移住移動者委など5団体、コロナ感染防止で「入管収容に関する緊急共同要請」

日本カトリック難民移住移動者委員会など5団体は20日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、入管施設に収容されている外国人のうち、国内に受け入れ先のある被収容者の解放などを求める緊急共同要請を政府に申し入れた。

2020年04月24日21時50分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース