「核兵器禁止条約」発効へ 日本の宗教者も歓迎「歴史的な偉業」

2020年10月26日15時22分 印刷
+核兵器禁止条約発効へ 日本の宗教者も歓迎「共に喜びを分かち合いたい」
「原爆ドーム」の名で知られる広島平和記念碑(写真:Oilstreet)

50カ国・地域が批准し「核兵器禁止条約」の発効が決まったことを受けて、神道や仏教、キリスト教などの宗教諸派でつくる世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会(植松誠理事長=日本聖公会首座主教)は25日、「歴史的な偉業の達成」だとし歓迎する声明を発表した。

WCRP日本委は声明で、「広島、長崎の被爆者をはじめ、世界の核実験、核兵器開発過程で被害を被ってきた方々は、『ふたたび被爆者をつくらない』という信念のもと、これまで筆舌に尽くしがたいご努力で、同条約の支持を先頭に立って訴え続けてこられました」と言及。条約の発効要件である50カ国・地域の批准は「核兵器廃絶を願うすべての人々のこうした地道な努力の賜物」とたたえ、「『核兵器なき世界』に向けて大きな前進であり、その現実をめざす人々に多大な勇気を与えるもの」と、その意義を強調した。

同条約をめぐっては、その採択に対する功績が認められ、国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)がノーベル平和賞を受賞するなどしている。しかし、今も世界には1万3千発以上の核弾頭が存在し、その約9割を保有する米国とロシアをはじめ、核を保有する英国、フランス、中国の5カ国は、現在の「核拡散防止条約」(NPT)枠内での軍縮を主張し、参加していない。さらに、米国の「核の傘」の下にあるNATO加盟国や、米国と軍事同盟を結ぶ日本や韓国、オーストラリアなども参加を見合わせている。

そのためWCRP日本委は声明で、唯一の戦争被爆国でありながら参加に慎重な日本政府に対し、▽核兵器廃絶への行動の強化、▽核抑止政策の信ぴょう性の検証、▽同条約の締約国会合へのオブザーブ参加を要請。「同条約の発効から目をそむけず、国際法として尊重し、誠実に向き合う」よう求めている。その上で「諸宗教者が集う連合体として、引き続き、さまざまな国際ネットワークとともに、祈りと平和の行動を通して、『核兵器なき世界』の実現に力を尽くす」と決意を示している。

核兵器禁止条約は、核兵器の開発や保有、使用などを全面的に禁じる条約で、2017年7月に国連で採択された。バチカン(ローマ教皇庁)は同年9月に同条約を最初に批准した3カ国の1つ。50カ国・地域の批准後90日で発効することが定められており、24日に中米ホンジュラスが批准したことで要件を満たした。発効は来年1月22日。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース