浦上天主堂

旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ

旧浦上天主堂の「被爆十字架」 カトリックの米兵が発見、74年ぶりに返還へ

原爆投下後の長崎に進駐した米兵が、被爆して倒壊した旧浦上天主堂(長崎市)のがれきの中から発見し、その後米国に持ち帰っていた「被爆十字架」が来月、74年ぶりに返還されることになった。返還後は、戦後再建された浦上教会で展示されることになる。

2019年07月28日8時32分

牧師の小窓 (96)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その12 永井隆博士 福江等

牧師の小窓 (96)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その12 永井隆博士の言葉 福江等

永井隆博士(1908~51)が召されるまで住まわれた畳2畳の小さな家「如己堂」のすぐ隣に、永井隆記念館があります。その記念館の中に博士の言葉が数カ国語に訳されて展示されていました。それらは、博士の著作集の中から抜粋したものです。ここに幾つかご紹介いたします。

2017年09月03日5時51分

牧師の小窓 (95)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その11 永井隆博士 福江等

牧師の小窓 (95)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その11 永井隆博士 福江等

浦上天主堂を見学させていただいたとき、その壮大な聖堂の横に隣接している比較的小さなチャペルの壁に、約8500人の名前が銅版に刻まれていました。それは、原爆によって命を落とした浦上天主堂の信徒や司祭たちの名前でありました。

2017年08月27日6時35分

牧師の小窓 (94)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その10 浦上天主堂 福江等

牧師の小窓 (94)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その10 浦上天主堂 福江等

1880(明治13)年に、信徒たちは旧庄屋屋敷を買い取って仮天主堂としました。長い弾圧と流配の打撃から生活の再建ももちろん十分でなかったので、1895(明治28)年になってようやく天主堂(教会堂)の建立に着手しました。

2017年08月20日6時41分

牧師の小窓 (93)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その9 浦上四番崩れ 福江等

牧師の小窓 (93)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その9 浦上四番崩れ 福江等

1867(慶応3)年、キリシタン信仰を表明した浦上村の村民たちが江戸幕府の指令により、大量に捕縛されて拷問を受けました。江戸幕府のキリスト教禁止政策を引き継いだ明治政府の手によって、村民たちは全員流罪となりました。これがいわゆる「浦上四番崩れ」というものです。

2017年08月13日7時15分

牧師の小窓 (92)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その8 福江等

牧師の小窓 (92)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その8 大浦天主堂 福江等

長崎におけるキリシタン殉教の地である西坂から、私たち一行は長崎市の南山手にある有名な大浦天主堂を訪れました。このカトリックの会堂は1865(元治2)年にフランス人宣教師プティジャン神父やフューレ神父らの尽力によって建立されました。

2017年08月07日8時31分

『被爆マリアの祈り』 漫画で読む3人の被爆証言

【書評】『被爆マリアの祈り』 漫画で読む3人の被爆証言

長崎の漫画家・西岡由香の最新作『被爆マリアの祈り』が7月、長崎文献社より刊行された。被爆を体験した3人の証言を漫画という親しみやすいメディアを使って紹介し、「原爆は人間に何をしたのか」ということを浮き彫りにする。

2015年10月18日21時03分

弾圧・原爆を越えて400年の信仰を持つ長崎・浦上にできた小さな資料館 「浦上キリシタン資料館」を訪ねて

弾圧・原爆を越え、400年の信仰の歴史持つ長崎・浦上 今年オープンの「浦上キリシタン資料館」を訪ねて

長崎市の浦上天主堂(カトリック浦上教会)の前にある商店街から歩いて3分ほどの場所に、今年1月に開館した「浦上キリシタン資料館」がある。

2015年08月26日10時51分

被爆70年の長崎でささげられた祈り キリスト者共同平和アピール発表

被爆70年の長崎でささげられた祈り キリスト者共同平和アピール発表

原爆投下から70年目を迎えた長崎では、8日と9日の2日間、犠牲者のためのさまざまな祈りがささげられた。また、9日夜には長崎のカトリックとプロテスタントが協力し、「キリスト者共同平和アピール」を発表。核のない世界を訴えた。

2015年08月12日14時42分

浦上天主堂で原爆犠牲者追悼ミサ、被爆経験者の神父「信仰は生、戦争は死の賛美」

原爆投下時刻に合わせ浦上天主堂で追悼ミサ、被爆経験者の神父語る「信仰は生、戦争は死の賛美」

長崎に原爆が投下されてから70年を迎えた8月9日、爆心地から約500メートルという至近距離で被爆し、信徒1万2千人のうち8千人が亡くなったとされる浦上天主堂(長崎市)では、原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて黙祷がささげられ、原爆犠牲者追悼ミサが行われた。

2015年08月10日19時43分

浦上天主堂にCG投影 キリシタン400年の歴史、70年前の被爆を再現

隠れキリシタン・浦上四番崩れ・原爆投下 浦上天主堂の壁にキリスト教信仰400年の歴史を投影 6000人が見守る(動画あり)

長崎原爆の日の前夜、浦上天主堂では「浦上天主堂再現プロジェクト」が行われた。コンピューターグラフィックス(CG)を使った映像で、浦上天主堂の歴史や原爆の被害を再現する試みだ。8日は4回の上映が行われ、上映前から整理券を待つ人の行列ができた。

2015年08月10日16時21分

被爆した旧浦上天主堂を撮影、ろうあ写真家のネガ発見 7月末まで展示

被爆した旧浦上天主堂を撮影、ろうあ写真家のネガ発見 7月末まで展示

ろうあの写真家として知られる故井上孝治氏(1919〜93年)の写真を展示する企画展「井上孝治の写真―軍艦島と長崎」が、長崎県美術館で開催されている。この展示の中に、原爆で破壊された旧浦上天主堂の写真が、ガラスケースに入れて飾られている。

2015年05月30日21時48分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース