牧師の小窓 (95)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その11 永井隆博士 福江等

2017年8月27日06時35分 コラムニスト : 福江等 印刷
+牧師の小窓 (95)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その11 永井隆博士 福江等
永井隆博士(1908~51)

浦上天主堂を見学させていただいたとき、その壮大な聖堂の横に隣接している比較的小さなチャペルの壁に、約8500人の名前が銅版に刻まれていました。それは、原爆によって命を落とした浦上天主堂の信徒や司祭たちの名前でありました。

なにげなくそれらの名前を見ていましたら、1人の人が「あっ!」と声を上げました。永井隆博士(1908~51)の名前をそこに見つけたのでした。見ると、そこには緑夫人の名前が並んで刻まれていました。永井博士夫妻は浦上の信徒であって、この天主堂で礼拝をささげていたのだという認識を新たにしたのでした。

永井隆博士は1908(明治41)年、島根県松江市に生まれました。長崎医科大(現・長崎大学医学部)を卒業後、放射線医学の治療と研究に従事、当時最も深刻な病気だった結核治療に励んだこともあって、放射線で被ばくして慢性骨髄性白血病にかかりました。「余命3年」と宣告されたのは、被爆の2カ月前でありました。その時37歳でした。

原爆投下の日、大学病院で被爆したものの、命は助かりました。永井博士は、被爆直後の様子を「地獄だ、地獄だ。うめき声一つ立てるものもなく、まったくの死後の世界である」(『長崎の鐘』)と表現しています。こういうわけで、博士は二重被ばくをしていたのです。

牧師の小窓 (95)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その11 永井隆博士 福江等
如己堂

妻の緑さんを原爆で亡くし、疎開していた2人の子どもたちと共に、浦上の信徒たちが建ててくれた畳2畳の小家を如己堂と名付けて暮らすこととなりました。「己の如く汝の隣人を愛せよ」という聖書の御言葉から名前を付けたのでした。そこで親子3人が3年余りを過ごしました。その間に16冊もの書物を世に著し、平和を説いたのでした。

牧師の小窓 (95)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その11 永井隆博士 福江等
如己堂での親子3人

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース