被爆した旧浦上天主堂を撮影、ろうあ写真家のネガ発見 7月末まで展示

2015年5月30日21時48分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:浦上天主堂原爆
+被爆した旧浦上天主堂を撮影、ろうあ写真家のネガ発見 7月末まで展示
被爆して崩れ落ちた旧浦上天主堂の外壁(写真:井上孝治)

ろうあの写真家として知られる故井上孝治氏(1919〜93年)の写真を展示する企画展「井上孝治の写真―軍艦島と長崎」が、長崎県美術館(長崎市)で開催されている。この展示の中に、原爆で破壊された旧浦上天主堂の写真が、ガラスケースに入れて飾られている。旧浦上天主堂の被爆後の写真については、当時の米軍が撮影した記録写真は残っているが、日本人が撮影したものについては非常に珍しいという。

この写真のネガが発見されたのは先月。孝治氏の長男である井上一(はじめ)さんによると、今回開催中の企画展を準備している過程で発見されたという。昭和30年代(1955〜64年)を中心とした長崎の写真を整理しているときに、「長崎」と書かれたやや大きいセミ判のネガが見つかった。そのネガの1枚から孝治氏がプリントした写真の裏面に、「昭和23年1月」と本人による記載があったという。

発見された写真は5枚で、そのうち2枚が崩れ落ちた外壁を撮影したもの。廃墟となった旧浦上天主堂のそばにたたずむ聖人像が撮影されたものもあった。核兵器の威力と被害を伝える貴重な資料であり、また芸術作品としても価値が高いという。井上一さんは「父の残した写真を、ただの記録写真としてではなく、作品として残したいと思っている」と言い、それらを後世に残すのが自分の役割だと話している。

被爆した旧浦上天主堂を撮影、ろうあ写真家のネガ発見 7月末まで展示
被爆した旧浦上天主堂を見つめる聖人像(写真:井上孝治)

孝治氏は、福岡市出身の写真家で、戦前から写真を撮り始めた。カメラ店を営む傍ら、生涯にわたって精力的に撮影を続けたという。発見された旧浦上天主堂の写真は、今回、長崎県美術館で開かれている企画展の中で、「父が最初に長崎を訪問した資料」(井上一さん)として公開されている。

孝治氏は、1957年と58年にも長崎市を訪れ、その時の旧浦上天主堂の被爆遺構を撮影している。その他にも、洋館群のある南山手や東山地区の風景、またそこに暮らす人々の日常を撮影した写真も、今回の企画展で展示されている。

企画展「井上孝治の写真―軍艦島と長崎」は、7月26日(日)まで。詳細・問い合わせは、同美術館(電話:095・833・2110、FAX:095・833・2110、メール:info@nagasaki-museum.jp、ホームページ)まで。

関連タグ:浦上天主堂原爆

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

米国で2020年に公開予定の5つのキリスト教映画

キリスト教映画「ブレイクスルー」と「2人のローマ教皇」が第92回アカデミー賞にノミネート

現代日本人への「共観福音書」として観る映画「男はつらいよ50 お帰り寅さん」

カニエ・ウェスト、新アルバム「ジーザス・イズ・ボーン」リリース

久米小百合さんデビュー40周年 記念BOX「久保田早紀プレミアム」来年1月末発売

「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」(2)クリスチャンこそ深く感動できる「アイデンティティー探し」の物語(一部ネタバレあり)

「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」(1)私とスター・ウォーズ

映画「2人のローマ教皇」 歴史的交代劇の裏舞台、2人の教皇は何を語り合ったのか

キリスト教書リサイクルショップ「復活書店」が営業終了

カニエ・ウェストの「サンデー・サービス」を体感 映画「ジーザス・イズ・キング」が限定公開

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース