「死の同心円」から「平和の同心円」へ 8月9日に被爆70年長崎原爆記念礼拝

2015年3月23日11時19分 印刷
関連タグ:日本聖公会原爆

長崎と広島に原爆が投下されてから70年。節目となる今年、日本聖公会は、長崎に原爆が落とされた8月9日に合わせ、長崎聖三一教会(長崎市)で被爆70年長崎原爆記念礼拝を行う。記念礼拝では、原爆が投下された午前11時2分に合わせて黙とうをささげる。日本聖公会が公式サイトで発表した。

自身も被爆しながら、医師として被爆者の治療にあたった長崎聖フランシスコ病院の秋月辰一郎元院長(1916〜2005)は、一発の原子爆弾により焦土化した長崎で広がっていく被害の様子を、「死の同心円」が広がっていくと表現したという。

このことを受け日本聖公会は、被爆70年の節目にあたり、失われた命を覚え、また今なお後遺症に苦しむ人々の叫びを聞きつつ、長崎から「平和の同心円」が広がるよう共に祈りをささげることを呼び掛けている。

記念礼拝前後には、8月8日(土)に宗教者平和者の祈りが行われるほか、5日(水)〜10日(月)には2つの被爆地をつなぐ「ヒロシマ―ナガサキ平和の旅 by チャリ」(通称:平チャリ)も企画されている。

日本聖公会九州地区、長崎聖三一教会主催。問い合せは、長崎三一教会の柴本孝夫司祭(電話・FAX:095・823・0455)まで。

■ 被爆70年長崎原爆記念礼拝
日時:2015年8月9日(日)午前10時半〜
場所:日本聖公会長崎三一教会(住所:〒850−0918 長崎県長崎市大浦町1−6)

関連タグ:日本聖公会原爆

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース