教会

日本のカトリック聖職者による性的虐待、中央協議会が調査状況を説明

日本のカトリック聖職者による性的虐待について、カトリック中央協議会は15日、公式サイトで現在の調査状況を明らかにした。ローマ教皇フランシスコが来週末から来日するのを前に、調査状況に関する問い合わせがあるとして公表した。

2019年11月16日1時04分

「ウェブバイブル」来年1月提供開始へ 聖書協会共同訳、新共同訳、口語訳など利用可能

「ウェブバイブル」来年1月提供開始へ 聖書協会共同訳、新共同訳、口語訳など利用可能

日本聖書協会はこのほど、最新の日本語訳聖書「聖書協会共同訳」など複数の聖書を利用できる「ウェブバイブル」を、2020年1月から提供開始する予定だと発表した。プランによって、「新共同訳」「口語訳」「ESV」なども利用できる。

2019年11月15日17時58分

日本バプテスト教会連合、新理事長に倉嶋新氏

日本バプテスト教会連合は4、5の両日、静岡県掛川市で第70回年次総会を開催し、理事の改選を実施。新理事長に真砂バプテスト教会(千葉市)牧師の倉嶋新(あらた)氏を選出した。

2019年11月06日18時25分

人は必ずやり直せる 「罪人の友」主イエス・キリスト教会に新会堂 川口で献堂式

人は必ずやり直せる 「罪人の友」主イエス・キリスト教会に新会堂 川口で献堂式

人は必ずやり直せる――。3度目の服役中に回心した元ヤクザの進藤龍也牧師が14年前、埼玉県川口市でゼロから開拓を始めた「罪人の友」主イエス・キリスト教会。このほど念願の新会堂が同市の南鳩ヶ谷に完成し、10月14日に献堂式が行われた。

2019年11月05日11時23分

モスクワ総主教キリル

ロシア正教会トップのキリル総主教、来年9月来日 天皇とも面会

ロシア正教会トップのモスクワ総主教キリルが来年9月、来日する。日本正教会を創建した聖ニコライの列聖50周年と、日本正教会の自治教会承認50周年を記念するためで、日本の政治指導者や天皇とも面会する予定。

2019年10月26日21時50分

菊地功大司教「教会は神のいつくしみを示す存在でありたい」 受刑者のためのミサ

菊地功大司教「教会は神のいつくしみを示す存在でありたい」 受刑者のためのミサ

受刑者のためにキリスト者が教派を超えて共に祈ろうと、「受刑者のためのミサ」が19日、東京都千代田区のカトリック麹町教会で行われた。出所者の社会復帰を助けるNPO法人「マザーハウス」が主催し、カトリック東京教区の菊地功大司教が主司式を務めた。

2019年10月21日10時43分

ローマ教皇フランシスコ

ローマ教皇フランシスコの来日日程、バチカンが詳細を発表

バチカンは2日、教皇フランシスコの詳細な来日日程を発表した。教皇は23日夕に羽田空港に到着。長崎で「核兵器に関するメッセージ」を伝え、長崎、東京でミサを行う。東京では天皇と会見するほか、安倍晋三首相とも会談。26日昼前に離日する。

2019年10月04日20時21分

教皇来日控え、前東京大司教が公開書簡 「教皇庁の刷新」について提言

教皇来日控え、前東京大司教が公開書簡 「教皇庁の刷新」について提言

教皇フランシスコの来日を前に、日本カトリック司教協議会前会長の岡田武夫・前東京大司教が29日、ローマ教皇庁の刷新に関する提言を、公開書簡として発表。インカルチュレーション(文化受容)、非中央集権化、霊的刷新の3点について提言している。

2019年09月30日9時59分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ来日、長崎ビッグNと東京ドームでミサ 特設サイトで参加受け付け

ローマ教皇フランシスコが11月23日から26日の日程で、東京、長崎、広島を訪問することが正式に発表された。24日には長崎県営野球場ビッグNスタジアムで、25日には東京ドームでミサを行う予定で、特設サイトでは参加の申し込みを受け付けている。

2019年09月13日23時40分

ローマ教皇フランシスコ

ローマ教皇来日を正式発表 11月23〜26日に東京、広島、長崎を訪問

バチカン(ローマ教皇庁)は13日、ローマ教皇フランシスコが11月23日から26日の日程で東京、広島、長崎を訪問することを正式に発表した。教皇の来日は、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶり。

2019年09月13日17時19分

オロリッシュ元上智大副学長ら13人、新枢機卿に任命 教皇が発表

オロリッシュ元上智大副学長ら13人、新枢機卿に任命 教皇が発表

ローマ教皇フランシスコは1日、日曜日恒例の「お告げの祈り(アンジェルスの祈り)」で、ルクセンブルク大司教で元上智大学副学長のジャン・クロード・オロリッシュ大司教(61)を含む13人を、新枢機卿に任命すると発表した。

2019年09月03日18時30分

日本のカトリック信者数は44万人、9年ぶりに微増 カトリック教会現勢

日本のカトリック教会の信徒数や聖職者数などの統計をまとめた「カトリック教会現勢」の最新版がこのほど公開された。最新版は2018年1月1日~12月31日の集計で、信者数(信徒、聖職者などの合計)は44万893人と、前年比61人増だった。

2019年08月26日13時44分

NCC総幹事と6委員長が「平和の共同メッセージ」 74回目の終戦記念日で

74回目になる8月15日の終戦記念日を迎えるに当たり、日本キリスト教協議会(NCC)の⾦性済(キム・ソンジェ)総幹事と、「東アジアの和解と平和委員会」など、人権、平和を扱うNCC内の6つの委員会の委員長が「平和の共同メッセージ」を発表した。

2019年08月15日19時53分

日本カトリック司教協議会、聖歌の創作などに関する指針を公布

日本カトリック司教協議会は、7月8〜10日に開催された2019年度第1回臨時司教総会で承認された聖歌の創作などに関する指針「新しい歌を主に歌え-聖歌の創作と認可および公表に関する指針-」を公布した。

2019年08月13日22時26分

日本・韓国・国旗

日韓関係の悪化は東北アジア、世界に悲しみもたらす 日韓聖公会が「8・15共同宣言」

日本と韓国の聖公会による2019年の8・15共同宣言が8日、発表された。宣言は、最近の対韓輸出規制にも言及。「日韓の関係の悪化は、朝鮮半島をはじめとする東北アジア、そして全世界に大きな悲しみをもたらすことになります」と述べている。

2019年08月10日21時50分

日本基督教団と在日大韓基督教会が「平和メッセージ」 天皇代替わり、原発問題などに言及

日本基督教団と在日大韓基督教会による2019年の「平和メッセージ」が1日、同教団の公式サイトで発表された。天皇の代替わりや憲法9条、原発問題、ヘイトスピーチ、朝鮮学校の高校無償化除外をめぐる問題、在日外国人政策などに言及した。

2019年08月06日12時39分

戸田帯刀神父

終戦3日後に「殉教」 8月に戸田帯刀神父を偲ぶ追悼平和祈念ミサ

終戦3日後に教会内で射殺されたカトリック横浜教区長(当時)、戸田帯刀(たてわき)神父(1898~1945)を偲ぶ追悼平和祈念ミサが、戸田氏の74回目の帰天日となる8月18日に、カトリック吉祥寺教会で行われる。

2019年07月30日9時54分

日本聖公会、原発のない世界目指す 取り組みの具体化と実践を呼び掛け

日本聖公会は「原発のない世界を求める国際協議会」の声明で、これ以上原発に依存する経済優先の社会を続けるべきではないとし、各教区に自然エネルギーによるモデル教会をつくるなど、原発のない世界の実現に向けた取り組みの具体化と実践を呼び掛けた。

2019年07月22日15時37分

NCC、創立70周年で宣教会議 「日本におけるエキュメニカル運動の歩むべき道筋」を確認

日本キリスト教協議会(NCC)は14日から16日までの3日間、創立70周年を覚えての宣教会議を東京の在日本韓国YMCAと日本キリスト教会館で行い、会議の成果をまとめた宣言文「NCC宣教宣言2019」(16日付)を発表した。

2019年07月19日21時25分

8月の平和旬間に向け日本カトリック司教協議会会長が談話 11月の教皇来日に「期待」

平和のために祈り、行動する8月6日から15日の「日本カトリック平和旬間」を前に、日本カトリック司教協議会の髙見三明会長が談話を発表。「(平和は)『すべての人の全人的な発展の実り』として生まれる」などと語った。

2019年07月19日10時43分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース