神学書を読む(27)土井健司監修『1冊でわかるキリスト教史 古代から現代まで』

2018年5月3日12時04分 執筆者 : 青木保憲 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+神学書を読む(27)土井健司監修『1冊でわかるキリスト教史 古代から現代まで』
今年3月に日本キリスト教団出版局から出版された土井健司監修『1冊でわかるキリスト教史 古代から現代まで』と、昨年11月に講談社学術文庫から出版された藤代泰三著『キリスト教史』
- 広告 -

歴史書を通して歴史を学ぶことは最も基本であり、大切なことである。だが読み手にとって最も厄介なのはその分量、平たく言えばページ数である。

キリスト教史の名著といえば、私の神学生時代から現代に至るまで、歴史神学者の藤代泰三氏(1917〜2008)によって1979年に著された『キリスト教史』である。最近、講談社学術文庫から1冊の合本として出版されたことが記憶に新しい。文庫本にして750ページを超えている。値段も2千円以上で、「文庫を買ったから得した」という気分にはさせてくれない。

確かに神学生や牧師が「今年の夏休みに、気合いを入れて読もう!」と手にするなら、これに勝るものはない。

しかし、忙しい社会人や専門外の大学生(もちろん学生時代にこの手の本を読むくらいはしてもらいたいが)が読むのに「適している」ものは何か、と考えるなら、私は迷わず本書『1冊でわかるキリスト教史 古代から現代まで』をお勧めする。

理由は幾つかある。まず値段的に、藤代氏の『キリスト教史』とあまり変わりない(税別2200円)こと。そしてページ数が250ページであること。もちろん、前者は文庫判、後者はA5判なので単純な比較はできないが、フォントの大きさやイラスト写真の有無など、親しみやすさという点から見ても雲泥の差がある。

そして最大の違いは、本書が複数の専門家によってそれぞれの視点から著述されているため、歴史全体の流れをあえて「曖昧」にしていることである。ここに、1970年代の歴史書と2010年代のそれとの違い、さらに言うなら「歴史的なるもの」に対する学術的追究の深化を見て取れる。これが本書を、名著(藤代版キリスト教史)を差し置いて紹介しようと思った最大の理由である。

監修の土井健司氏(関西学院大学神学部教授)は、「はじめに」の中で次のように述べている。

本書では「教会」の歴史というよりも、もう少し社会的な広がりを考慮して執筆されています。つまりそれぞれの社会のなかでキリスト教はどのような展開を見せたのか、これは各執筆者のテーマの1つであると思います。そのため歴史の主体となる「キリスト教」というのもいささか曖昧で、開かれたままにしています。(中略)本書の論述は四角四面のぎごちなさを逃れ、柔軟で現実的な歴史叙述になっているものと思います。

本書は決して奇をてらうことなく、年代順に歴史的出来事が列挙されている。しかし、それらを語る立場の違いからか、出来事の決定的な評価にまで言及することは少なく、むしろ読み手に委ねられている。それは見方によっては「曖昧」と評されるが、土井氏はこれを「開かれたまま」と表現している。

歴史的出来事は1回限りで、決して後から変化するものではない。だが、歴史的評価はむしろ、時代や立場、状況によって常に流動性を持つ。いや、その流動性を止めてしまうような歴史観は、新たな流れを歴史に生み出すことができず、いつしか硬直化していくのだろう。

そういった意味で本書は、コンパクトかつ前衛的な「キリスト教史の教科書」として受け入れられるべき良書であろう。大学の一般教養科目や聖書学校などでテキストとして用いるには最適である。または各部に散見する「開かれた」箇所に敢えて焦点を当て、読書会を開催し、各々が調べてきた詳しい内容を発表し合うことでディスカッションに展開させるのも楽しいかもしれない。

ぜひ手に取り読んでいただきたい1冊である。

■ 土井健司監修『1冊でわかるキリスト教史 古代から現代まで』(日本キリスト教団出版局、2018年3月)

<<前回へ      次回へ>>

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング