ようこそ!みのり農場へ(8) 星野敦子

2015年1月28日11時18分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

遂に、つららが・・・

遂に、つららが、雪面に到着しました。滝のようです。気温の低い日が続いています。

ようこそ!みのり農場へ(8) 星野敦子

君は何処へ・・?

そんなある朝、外には何やら足跡が・・・。野ウサギでしょうか。客室の前から、厨房の前を通って裏の林の方へ足跡は続いていました。見たかったな~。ウサギがピヨンピヨン跳ねる姿は愛らしいですよね。

ようこそ!みのり農場へ(8) 星野敦子

ここには、色々なお客様が訪れてくれます。キツネ、タヌキ、熊・・? 我が家の子どもたちが小学生の頃、通学の途中でオコジョに会ったこともあります。

シカも横切って行ったことがあります。特にシカは、国道などでの車と衝突事故が多いです。それはそれは災難です。車の方がボコンボコンになって、当のシカ君の方は何事も無かったように、ピヨンピヨンと行ってしまうとか。

でも、農作物の被害は甚大です。サルやイノシシは大変。タヌキもトウモロコシが大好き。毎年頭が痛いです。カラスも人間と知恵比べをしていますね。

冬の国体まであと1カ月

「2015ぐんま冬国体」まで、いよいよあと1カ月となりました。参加される方々や関係者の方々を歓迎すべく、こんな旗が国道沿いにたくさん並んでいます。受け入れをする宿泊施設にも配られました。大会期間中、私の宿では、3県の報道関係の方々をお迎えする予定となっています。

ようこそ!みのり農場へ(8) 星野敦子

震災以降、客足がすっかり落ち込んでしまったこの片品村に、少しでも活気が戻りますように願っています。

ありがとうございました

今年に入ってから、お二人の牧師先生からこれらのご著書を頂きました。オンシーズンの夏に比べて、時間のあるこの冬の時期に与えられたことは、本当に感謝すべきことです。早速、読ませていただき、勉強会にも使わせて頂きたいと思います。ありがとうございました。

ようこそ!みのり農場へ(8) 星野敦子

■ ようこそ!みのり農場へ: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース