ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子

2015年10月25日06時29分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子

今度は「おたな」。稲の脱穀です。稲刈りから、約2週間。今年の秋は本当にお天気に恵まれ、稲もよく乾き、雨の心配もなく作業が進みます。昔とは違って、田んぼで直接脱穀ができる機械があるので、本当に便利になりました。

ここの田んぼは2カ所目。

今年は、強力な助っ人が与えられ、2日間とも、ハジメ父さん、楽に作業をすることができました。この後、籾の入った30キロくらいの米袋を、数十袋トラックに載せて倉庫に運んで行き、そこでまた降ろしたりするのですから、助っ人は女性より、男性の方がそれはそれは助かります。

ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子

気が付いてみると、周りはもう紅葉。いつもの山々が、違う表情を見せてくれます。レストランの中で、一番人気の席からの眺め。遠くのハウスはトマトのハウス。まだまだ頑張っています。秋の完熟トマトのトマトソースは絶品。ハウスの左側に6作見えるのは、花豆の作。

ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子

先日のある団体のお客様にお出しした、ワンプルート。サニーレタスにサンチュ。トマト、ズッキーニ、坊ちゃんカボチャにトウモロコシ、赤ジャガのサラダ。そしてお魚の上にかかっているのが、完熟のトマトソース。食欲をそそるような色合いに仕上がりました。ここに、花豆が入るともっと良かったのですが・・・。その花豆はただ今収穫して、乾燥中。

ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子

そして、その中から出てくるのがこの花豆。ブルーベリーの葉っぱも綺麗に紅葉しました。自然と労働と収穫の喜びと感謝。私たちは、一番神様に近い所で日々生活しているのだと実感する時です。

ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(20) 星野敦子

「わたしはまことのぶどう木であり、わたしの父は農夫です。・・・わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります」(ヨハネ15:1~4)

<<前回へ     次回へ>>

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース