ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子

2015年11月16日15時25分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

ついに降霜です

11月4日の朝、弱い霜が降りました。庭の落ち葉も、畑も一面真っ白。

ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子

とうとうトマトもやられたか・・・と、ハウスを見に行くと、葉っぱはショリショリに。でも、日が当たってこないと、実までやられているかはまだ分かりません・・・。

ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子

日が昇ってから、恐る恐るハウスの中に入ってみると・・・。いました、元気なトマト。これで、まだピザに載せられます。できれば今月いっぱいは頑張ってほしいところ。

ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子

レストラン テラス席の拡張

数年来の計画だった、テラス席の拡張。材料の材木は準備していたものの、具体的になかなか実現できませんでした。今シーズンは、特にワンちゃん連れのお客様のご利用が増えて、なんとかしたいと思っていました。

すると、先日の稲の脱穀を手伝ってくれた、あのI君、東京の実家が工務店というだけあって、このような作業はお手のもの。ということで、先日の定休日に来てくれ、朝から半日ほどでこんな具合に。

ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子

ヤマボウシの枝も剪定(せんてい)して、すっきりと。もう半分は後日に。ということで、来年はこのスペースが充実しそうです。

収穫感謝

先月の礼拝は収穫祭。ここで採れた秋の野菜などを持ち寄って、感謝をささげました。

ようこそ!みのり農場へ(21) 星野敦子

無駄ではありませんでした(Iテサロニケ2:1~4)

先月の説教より。パウロの伝道生涯について、テサロニケの教会が見事に成長した姿を見て「無駄ではなかった」と、パウロが神様に感謝して喜んだというところ。

私たちも、この地で神様を信頼しての日々の暮らしを通して、村人やスタッフ、またここを訪れてくださる方々に、少しでも福音が届けられ、「無駄ではありませんでした」と喜ぶ時が来ますように。

<<前回へ     次回へ>>

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース