癒やされるために主の恵みの原則に立とう 万代栄嗣

2015年11月16日07時20分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「イスラエルよ。今、あなたの神、主が、あなたに求めておられることは何か。それは、ただ、あなたの神、主を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くしてあなたの神、主に仕え、あなたのしあわせのために、私が、きょう、あなたに命じる主の命令と主のおきてとを守ることである。見よ。天ともろもろの天の天、地とそこにあるすべてのものは、あなたの神、主のものである。主は、ただあなたの先祖たちを恋い慕って、彼らを愛された。・・・もううなじのこわい者であってはならない。・・・」(申命記10章12~22節)

この申命記は、モーセ5書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)と呼ばれるものの最後の書物。神の民イスラエルがエジプトでの奴隷生活から解放され、約束の地カナンに、今まさに入ろうとするまで、指導者モーセを通して現された神の愛やご計画が総括され、祝福の原則が念を押して書かれています。神は出エジプト記15章で「わたしは主、あなたをいやす者である」と語り、災いや病をもたらすのではなく、私たちを愛し祝福する神であると約束しています。では、どうすれば私たちは神の恵みをいただき、幸福になれるのでしょうか。13節に「主の命令とおきてとを守ることである」とありますが、神のご命令とは何か、共に学んでまいりましょう。

1. 真心から主を礼拝し、仕えて歩む

信仰とは、単に教えを理解するだけでなく、あなた自身が神との関係を持つことです。うわべだけの関わりではなく、心の底から神に結びつくのです。モーセは6章で「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」と語ります。申命記にはこのフレーズが何度も出てきます。うわべだけで神と関わるのではなく、心の底から神と結びつき、真心から主を礼拝し、主に仕えて歩む者でありたいと思います。癒やしを求める時、私が癒やされたいのは、あなたをもっと愛し、仕えるためですと信仰の真心をこめて祈りたいと思います。

2. かたくなな心から離れよう

16節に「心の包皮を切り捨てなさい。もううなじのこわい者であってはならない」とあります。形としての割礼の儀式ではなく、心にちゃんと割礼をほどこしましょう。また、うなじがこわいとは、かたくなで言うことを聞かないという意味です。私たちは、頑固でひねくれて、神の言うことを聞かない者であってはなりません。聖書には心を柔らかくし、素直に神の御言葉を受け入れなさいと繰り返し語られています。最近では自分らしさが強調されますが、行き過ぎてわがままを押し通すのではなく、常に神の前に遜(へりくだ)り、素直で心の柔らかい者でありたいと思います。神に喜ばれる者へと変えられるように祈りましょう。

3. 信仰をもって誓いながら前進しよう

20節にあるように、信仰とは、心の思いや頭の中だけの理屈で終わらせるのではなく、神に誓って願いながら、神に教えられたこと、喜ばれることを積極的に実行することです。毎日の生活の中で祈り、御言葉を学び、神の前にひざまずく礼拝の時間を持ち、教えられた良きことがらを素直に行動に移すことです。人を憎むのではなく、赦(ゆる)し愛するのです。主に仕え、奉仕し、伝道するのです。それが主のご命令を守り行うことになります。申命記には、神の祝福を手にし、幸福になるための法則が書かれています。神の恵みをいただくために、心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして真心から主を求めてまいりましょう。私たちの人生を健やかに導いてくださる神に、根っこの部分で結びつく私たちでありたいと思います。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース