ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

2015年5月7日19時23分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

春先1番の仕事の紹介です

まず、庭の枯れた木々の片付けから。長年の雪や台風などで、痛んだり、倒れたりした木々や枝の伐採と片付けをしました。

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

次の仕事は、野菜や稲の育苗用ハウスの準備です。全体を平らにならしていきます。これから、早朝の無風状態の時をねらって、屋根のビニールをかけます。

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

これは、トマトの苗をポットに植え替えたところと、その下の写真は現在の育った苗です。トマトの葉っぱらしくなってきました。このまま育てて、花が2つ開花したところでハウスに植え出します。

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

こちらは、レストランで使用する野菜たちの苗です。サニーレタスや、サンチュ、チンゲンサイ、バジル、シソなど。特に春先はサラダや付け合わせの野菜が早くできて欲しいのでハウス内で育てます。

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

春の訪問者

「ケーン!ケーン!」と朝早くから鳴いているのは、キジの雄。「ここは俺様の縄張りだぞ~」と主張しているのだそうで・・・。この日はアスパラ畑に登場~。車の中からシャッターを切りました。見えますか? 雄のキジは実に綺麗で鮮やかですね。それに比べると雌は茶色で、ひたすら雛を抱いて守っています。何が起きても動じないという感じで、じっとしています。

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

“2015”グリーンシーズンの始まりです

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

 いよいよレストランオープンです。この連休も、お天気にも恵まれ、たくさんのお客様がいらしてくださいました。ソフトドリンクと手作りデザート付きのお得な平日ランチもやっています!

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

この一週間ですっかり緑いっぱいになりました。今シーズンも、みのりの元気な野菜を多くの方々にたくさん食べていただき、たっぷりの自然の中で癒やされ、この地が活かされることを願うばかりです。

ようこそ!みのり農場へ(14) 星野敦子

■ ようこそ!みのり農場へ: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース