ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子

2014年10月25日08時06分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

初めまして、片品村の星野敦子です。これからお伝えしていきます「みのり」をかんたんにご紹介します。

ここ、片品村の菅沼(すがぬま)というところは、群馬県の北東部。国立公園の尾瀬の麓。日光にも隣接しており、標高870メートル程のところにあります。西には、上州武尊(ほたか)山が、南には遠く赤城山が見える自然豊かな中、私たちは、野菜やブルーベリーなどの収穫体験ができる「みのり農場」と農家民宿「シャレーみのり」、農家レストラン「みのりの里」を経営しています。

この写真は農家民宿です。建てた当初は何もない畑でしたが、山男である夫が色々な樹々を植えたおかげで、約20年経った現在はご覧のような森になっちゃいました。毎日、色々な鳥たちがやって来ます。森の続きだと思って、窓ガラスに激突してくる鳥もしばしば。

ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子

後ろに見えている高い部分がホールで左側が客室になっています。和室の8畳が5部屋あります。

こちらはレストランの外観と店内です。席数は24席。木のぬくもりと、周囲の景色もごちそう。ワンちゃん連れの方には、テラス席もあります。オープンキッチンになっています。

ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子

冬は周り一面銀世界になるため、4月下旬~11月末までの季節営業です。

夫であるハジメ父さんが作る野菜を中心に、新鮮さと素材の味を大切にと、手作りしています。1番人気は「ライ麦のピッツアみのり風」。ライ麦粉を少し混ぜた手作りの生地に、自家製のトマトソース、季節により、旬の野菜をトッピング。薄焼きのビッグサイズのピザです。現在は、まだズッキーニとトマトが頑張ってくれています。次に人気なのが、「みのりのパスタ」。これも、色々な素材をみのり風にアレンジ。4~5種類お出ししています。例えば、「旬の野菜の和風」「手作りベーコンと赤じゃがのバター醤油」、また秋になればなるほど甘みが増す、「みのりのトマトのトマトスパ」。そして秋にしか食べられない「白みくりかぼちゃのカルボナーラ」などなど。

今年は降霜が昨年よりも早かったので、他の野菜は霜にやられてしまいましたが、まだ頑張ってくれているのが、あの、みのりのアイドル、ズッキーニ!

ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子

みのりで育つ野菜はみんな元気。ビッグになっても味は最高。そんな野菜を見るだけで、元気になります。
この秋は、なんとかこのズッキーニをサラダに使いたくて、やってみました。

ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(1) 星野敦子

採ってきたばかりのズッキーニは柔らかくて、みずみずしさ満点。薄くスライスして塩コショーをしてしばらくおき、秋のトマトを添えて・・・ミニサラダの出来上がりです。タマネギドレッシングをかけて。どの料理にも、野菜のスープとこのミニサラダが付きます。

ということで、次回は紅葉のみのりをご紹介したいと思います。

■ ようこそ!みのり農場へ: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース