ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子

2015年4月22日17時48分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

いつも今ごろ降るんですよね~

ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子

そうなんですよ。すっかり忘れていました・・・。3月の末ともなると、ポカポカ陽気ですっかり春気分になっていると、4月に入り入学式のころに降るんです。積もるんです。

これは8日の朝のこと。確かに前の晩、バカに寒かったんですよ。前日から、久しぶりに埼玉からいらしていた常連さん。朝起きてみてビックリ!

タイヤはもちろんノーマル。この雪を見た途端、「もう1泊させて下さい!」。そして、次の日。無事道路の雪も溶け、なんと埼玉へ。

冬の定番メニュー

ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子

冬のスキーシーズンの朝食によくお出しした、定番メニューのひとつは、コロッケ。秋に収穫したカボチャとジャガイモで作ります。このカボチャは「白みくりカボチャ」。皮が固いので、剥いてから蒸し器で蒸します。皮のまま丸ごと茹でたじゃがいもと一緒に潰します。

ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子

あらかじめ炒めておいた挽肉とタマネギのみじん切りを混ぜ、成形して、パン粉をつけてでき上がり。

ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子

他の副菜と一緒に。ある日の朝食。これに、スープとご飯と米粉パン。片品産大白大豆の納豆付き。リンゴをそのままジューサーで絞る、フレッシュリンゴジュースもどうぞ。

片品移住体験ツアー

ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(13) 星野敦子

2月最後の週末、御覧のような「片品移住体験ツアー」というイベントがあり、村外からは25名、また片品村にIターン、Uターンしてきた若者など、合わせて30名の人たちの交流会が、みのりで開催されました。政府が打ち出している地域創生事業の一環で、いわゆる「地域おこし協力隊」として赴任してきた?若者と、その仲間の人たちで立ち上げた団体が主催となっています。

田舎暮らしに興味があったり、これからの就活をひかえて生き方を考えたりと様々でしたが、実際に片品村で生活している人たちと、夜遅くまで語り合い、熱気に包まれていました。私も一応Iターンのひとりということで、体験談を話させていただきました。

次の日は、近所の農家さんが作っている「雪下ニンジン」掘りをしたり、かんじきで雪の上を歩いたりしてちょっぴり雪国体験をして、東京に帰っていきました。

ここ片品村も若い人たちの働く場所がなく、過疎化が進むものと思われます。これが、単なる体験だけでなく、もう少し長期間暮らしてみたりできるように、継続できるとよいと思いました。

こうした、若い人たちの底辺からの結束と行動力が、今の地方に活力として求められていると思います。ただ、どこを向いて歩いていくのかが大事なことで、私たち大人がしっかり生きていかないと。

■ ようこそ!みのり農場へ: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース