ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

2015年7月6日15時18分 コラムニスト : 星野敦子 印刷
関連タグ:星野敦子

サクランボの・・・

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

何年か前に植えたサクランボが実り、収穫できるようになりました。こんな夏らしい、さわやかな愛らしいサクランボ。でも、ちょっと色が薄いかな~っと思っていたところ、「ジャムにしてみてくれ」とハジメ父さん。「サクランボのジャム~?」と首をかしげたところ、加工用の種類であることが判明。早速取り掛かりました。まず種をとって、25%の砂糖を加えて煮始めると・・・。

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子
ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

こんな色に。大丈夫かな~。味噌かナメコのような色合いに・・・。砂糖を30%にしてみましたが・・・。

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

一晩たってみると、こんな素敵な色に仕上がっていました。すぐにスタッフが可愛いポップを作ってくれて、手作りデザート(米粉のワッフルとサンデー)のソースの仲間入り。ブルーベリーソースやストロベリー、チョコソースと共にお好きなソースが選べます。

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

みのりの元気な野菜たち

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

ジャガイモの花も満開です。向かって右側が赤ジャガの「レッドムーン」、左側の少し背の低い方が「メークイン」です。種類によって花の色が違います。どれも、天に向かって伸びています。

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

いよいよ、みのりのアイドル、ズッキーニができてきました。この鮮やかな黄色い花と、力強く上に伸びた茎と葉っぱが大好きです。そしてその根元には、十分に栄養を吸った元気なズッキーニが次々と実っていきます。畑に行くだけで元気になります。そして励まされます。神様を心から信頼して、天を仰いで一途に生きている姿でしょうか。

「こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです」(コロサイ3:1~3)

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

先月から地元のスーパーに、みのりの野菜と米粉パンを卸させていただけるようになりました。毎朝、採りたての新鮮な野菜たちと焼きたてのパンを日替わりで持っていっています。お店の方たちもとても親切で協力的で、途中に様子を見にいってみると、配置を変えてくれたり、野菜の根元に氷を足してくれたりしてくださっているようです。感謝ですね。少しずつですが、地元の人たちに知られていくことを願っています。

「それで、たいせつなのは、植える者でも水を注ぐ者でもありません。成長させてくださる神なのです」(Ⅰコリント3:7)

ようこそ!みのり農場へ(18) 星野敦子

■ ようこそ!みのり農場へ: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)

星野敦子

星野敦子(ほしの・あつこ)

1955年栃木県宇都宮市生まれ。父の転勤により、東京、山形を経て再び東京へ。最終的には吉祥寺に落ち着く。趣味のスキーが縁で、夫と知り合い、83年に群馬県片品村に嫁ぐ。夫が農家なので、全くの未経験だったが、一緒に農業を始める。義父からの経営委譲をきっかけに、それまでの出荷型の農業から、直売型に転換し、87年頃から、リンゴ狩り直売を始め、約10年かけて農地を約8000坪に集約し、その中に94年には農家民宿、2000年には農家レストランを建設。4年前からは、レストランの料理も担当。

2005年、東京の上馬キリスト教会の渡辺牧師により、受洗。夫もクリスチャン。上馬キリスト教会片品伝道所として、現在に至る。

「ようこそ!みのり農場へ」ホームページ

関連タグ:星野敦子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース