主の祭り

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(17)祭りの終わりの大いなる日 山崎純二

神様は「年に三度、わたしのために祭りを行わなければならない」(出エジプト記23:14)と定められました。それは、過ぎ越しの祭り(Pass over)、七週の祭り(ペンテコステ)、仮庵の祭り(スコット)です。

2020年10月16日14時16分

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(16)仮庵の祭り(スコット)② 山崎純二

さて、私たちはまだしばらくの間残された時を、仮庵である肉体の中で、この地に足をつけてしっかりと歩んでいかなければなりません。天に希望があるからといって、この地での歩みをないがしろにすべきではありません。

2020年10月09日18時32分

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(15)仮庵の祭り(スコット)① 山崎純二

神様のご計画の完成を意味する第7の月の祭りについて、2週にわたって、ヨム・テルーア(ラッパ祭)、ヨム・キプル(大贖罪日)と学んできましたが、今回は最後の大きな祭りである仮庵の祭り(スコット)について書かせていただきます。

2020年10月02日13時59分

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(14)ヨム・キプル(大贖罪日)山崎純二

この時期には、3つの特別なことが行われます。一つが先週話した、ラッパを吹き鳴らすことであり、もう一つがイスラエルの大贖罪の儀式であり、最後が仮庵の祭りです。今日は2番目の、大贖罪日について皆様と共に聖書の御言葉を確認していきたいと思います。

2020年09月25日18時55分

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

今年の春は、過ぎ越しの祭りについてコラムを書きましたが、今日からは、仮庵の祭りについて書かせていただきたいと思います。今は太陽暦で9月ですが、古代イスラエルの暦においては、この時期から第7の月が始まり、最後の祭りが行われる季節となります。

2020年09月18日11時49分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(12)クレネ人シモン 山崎純二

いよいよ今回が過ぎ越しの祭りに関する最後のコラムです。前々回は、バラバ・イエスが主の犠牲により、無条件に解放されたことを確認しました。この時ピラトは、イエスを鞭打ちにし、兵士たちはいばらの冠をイエスの頭にかぶらせました。

2020年04月24日10時32分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(11)初穂の祭りとキリストの復活(イースター) 山崎純二

実は「初穂の祭り」が、キリストの復活を予表しているといわれています。ユダヤ教においては「ヨム・ハ・ビクリーム(Feast of First Fruits / Bikkurim)といわれる日のことです。

2020年04月11日20時13分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(10)2人のイエス 山崎純二

中国のことわざに、「死せる孔明、生ける仲達を走らす(死諸葛走生仲達)」というものがあります。死んだ孔明を、敵国の軍師であった仲達がまだ生きていると思い、孔明の策を警戒して退却したという話です。

2020年04月03日10時31分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(9)取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ 山崎純二

日本のアニメーションを見ていると、此岸(現世)と彼岸(あの世)の境界線があやふやなものが少なくありません。例えば有名なジブリ作品の中で「紅の豚」という作品がありますが、過去に亡くなったパイロットたちが雲のように描かれているのが印象的でした。

2020年03月27日10時12分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(8)傷もなく汚れもない小羊 山崎純二

今までは、「種を入れないパン」に注目して、過ぎ越しの祭りの意味を確認してきましたが、今日は祭りの中心テーマである「子羊」について、皆様と共に聖書をひもといていきたいと思います。

2020年03月21日11時25分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(7)種を入れないパンとキリスト 山崎純二

「過ぎ越しの祭り」というのは、キリストの死と深い関係のある祭りです。前回はこの祭りのもう一つの名前である「種を入れないパン」とは何を意味するのかについて御言葉を分かち合いました。

2020年03月14日22時35分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(6)種を入れないパンの祭り 山崎純二

今までは、「主の祭り」の重要性や、人々がヒゼキヤ王を通していかに主の祭りを回復してきたかについて聖書を見てきましたが、今日からは一つ一つの祭りの意味に注目していきたいと思います。

2020年03月06日21時00分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(5)セナケリブとの戦い 山崎純二

南ユダ13代目の王であるヒゼキヤ王が、長い間の沈黙を経て「主の祭り」を回復したことについて、共に聖書を確認しました。ヒゼキヤは自分たちの国(南ユダ)だけでなく、かつての同胞と共に「主の祭り」をすることを願って、使者たちを北イスラエルへ送りました。

2020年02月26日19時35分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(4)あと7日間の祭り 山崎純二

ヒゼキヤ王は自分たちの国(南ユダ)だけでなく、敵対していた北イスラエルと共に主の祭りをすることを願いました。それでは、ヒゼキヤ王のメッセージを聞いた人々の反応はどうだったでしょうか。早速、聖書を確認してみましょう。

2020年02月20日18時59分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(3)第二の月の祭り「主の愛と配慮」 山崎純二

前回は全知全能の神が、その知恵と愛をもってイスラエルの人々に、年に3度祭りをすることを定められたということ、その祭りはすべて収穫(ハーベスト)の時であったということを、私たちは一緒に確認しました。

2020年02月11日20時01分

主の祭り(2)祭りの時期と秘められた意味 山崎純二

主の祭り(2)祭りの時期と秘められた意味 山崎純二

前回書いた通り、今年は「祭り」に注目して御言葉を分かち合っていきたいと思いますが、旧約聖書の各種の祭りの中でも、神様は特に年に3度の祭りを大切にするように命じられました。申命記にこうあります。

2020年01月28日10時58分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(1)初めに 山崎純二

私は現在、教会内の小さな集まりで毎週メッセージを語らせていただいているのですが、昨年の初めに主任牧師先生が年間のテーマ聖句を決めてくださいました。それは「私たちは主の祭りをするのですから」という出エジプト10:9の御言葉でした。

2020年01月22日11時16分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース