三浦文学の魅力と底力

三浦文学の魅力と底力(7)人々を魅了する小説『塩狩峠』 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(7)人々を魅了する小説『塩狩峠』 込堂一博

私は、1991年4月に千歳福音キリスト教会から旭川めぐみキリスト教会に転任しました。その教会の教会員が、旭川市から北約55キロ先の士別市に住んでいました。近辺に別の教会員2人も住んでいましたので、士別市で月一度、家庭集会が開かれていました。

2019年01月11日17時31分

三浦文学の魅力と底力(6)三浦綾子記念文学館の完成 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(6)三浦綾子記念文学館の完成 込堂一博

三浦夫妻の旧宅解体式を機に、「旭川に三浦綾子記念文学館を」をという機運が一気に沸き起こってきました。その頃、パーキンソン病の症状が悪化する綾子さんを、夫の光世さんは忍耐深く日々介護されていました。

2018年12月14日19時28分

三浦文学の魅力と底力(5)三浦綾子さんと星野富弘さん 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(5)三浦綾子さんと星野富弘さん 込堂一博

旭川に転任してすぐに三浦夫妻を表敬訪問したとき、綾子さんのエッセー集『風はいずこより』(いのちのことば社)を1冊頂きました。その中に「苦難と不幸」というエッセーがありました。

2018年11月30日23時51分

三浦文学の魅力と底力(4)その魅力の理由 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(4)その魅力の理由 込堂一博

三浦文学の魅力はどこにあるのか、の問いに対して、そのテーマが明確であることが上げられます。「人はいかに生きるべきか」「生きるとはどういうことか」が、三浦文学の根底に流れています。

2018年11月16日14時48分

三浦文学の魅力と底力(3)旧宅解体と保存運動の渦の中から 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(3)旧宅解体と保存運動の渦の中から 込堂一博

三浦夫妻から譲り受けた旧宅をいつまでも空き家としておくのは、防災などの面から心配があると指摘され、教会として旧宅をどうすべきか、判断に迫られました。三浦文学誕生の貴重な住宅なので、「三浦綾子文学館」にしてはという声も上がっていました。

2018年11月02日11時31分

三浦文学の魅力と底力(2)三浦夫妻と旭川めぐみキリスト教会 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(2)三浦夫妻と旭川めぐみキリスト教会 込堂一博

私が転任した旭川めぐみキリスト教会は、国際福音宣教会(OMF)=当時は国際福音宣教団=の英国人宣教師、ウィリアム、シーラ・フェニホフ夫妻が、1968年10月に旭川市豊岡地区で開拓伝道をして始まりました。

2018年10月19日9時29分

三浦文学の魅力と底力(1)三浦夫妻との出会いと交流 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(1)三浦夫妻との出会いと交流 込堂一博

私が10代の後半、朝日新聞1千万円懸賞小説で、北海道の旭川市にある小さな雑貨店を営むごく普通の主婦、三浦綾子さん作の『氷点』が入選したというニュースが大々的に報道されました。三浦さんは、日本基督教団旭川六条教会に通うクリスチャンでした。

2018年09月21日10時22分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング