フランシスコ(ローマ教皇)

前教皇ベネディクト16世、現教皇フランシスコ就任5周年で擁護の書簡

前教皇ベネディクト16世、現教皇フランシスコ就任5周年で擁護の書簡

前ローマ教皇のベネディクト16世(90)が、現ローマ教皇フランシスコ(81)の就任5周年に際し、保守派が示している「愚かな偏見」を一蹴する書簡を公表した。ベネディクト16世は、教皇フランシスコを「深い哲学と神学の基盤を持つ人物」と賞賛した。

2018年03月20日13時47分

教皇フランシスコ、9月下旬にバルト3国を司牧訪問

教皇フランシスコ、9月下旬にバルト3国を司牧訪問

ローマ教皇フランシスコが9月22日から25日まで、バルト3国(リトアニア、ラトビア、エストニア)を司牧訪問する。リトアニアでは首都ビリニュスとカウナス、ラトビアでは首都リガとアグルアナ、エストニアでは首都タリンを訪問する。

2018年03月13日11時17分

教皇、6月にWCC本部訪問 教皇着座5周年、WCC創設70周年で

教皇、6月にWCC本部訪問 教皇着座5周年、WCC創設70周年で

教皇フランシスコが6月21日、ジュネーブの世界教会協議会(WCC)本部を訪問する。教皇庁キリスト教一致推進評議会議長のクルト・コッホ枢機卿とWCCのオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事が2日、バチカンで共同記者会見を行い、正式に発表した。

2018年03月05日23時53分

アサド政権軍の東グータ空爆「非人道的」 教皇が批判 死者520人超

アサド政権軍の東グータ空爆「非人道的」 教皇が批判 死者520人超

シリアのアサド政権が包囲を続ける首都ダマスカス郊外の反体制派支配地域「東グータ」で25日、空爆や地上攻撃が再開された。直前に国連安保理が30日間の停戦を呼び掛ける決議を採択したばかり。教皇フランシスコは同日、攻撃を「非人道的だ」と批判した。

2018年02月27日13時39分

ドイツ司教協議会、「主の祈り」の訳はそのままで 教皇と異なる見解

ドイツ司教協議会、「主の祈り」の訳はそのままで 教皇と異なる見解

ドイツ・カトリック司教協議会は1月25日、ローマ教皇フランシスコが「主の祈り」の訳を改訂すべきだとする見解を示していたことに対し、改訂は行わず、現行の訳を使用し続ける立場を示した。

2018年02月07日16時13分

教皇、システィーナ礼拝堂で幼児洗礼 「遠慮せず授乳を」とも

ローマ教皇フランシスコは、「主の洗礼」の祝日の7日、バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂でミサをささげ、毎年伝統となっている幼児洗礼を行った。今年は、男児16人、女児18人の計34人の赤ちゃんが、教皇から洗礼を受けた。

2018年01月16日23時17分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、南米チリ、ペルー訪問へ出発

ローマ教皇フランシスコは15日、チリとペルーの南米2カ国の司牧訪問のため、ローマのフィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)を出発した。15日から18日までチリを、18日から21日までペルーを訪問し、22日に帰国する。

2018年01月16日22時43分

テゼ共同体、「喜び」テーマにスイスで欧州青年大会 教皇がメッセージ

テゼ共同体、「喜び」テーマにスイスで欧州青年大会 教皇がメッセージ

ローマ教皇フランシスコは2017年12月28日、スイスのバーゼルで開幕したテゼ共同体の欧州青年大会にメッセージを送った。教皇は数万人の若者たちに、バチカン(ローマ教皇庁)国務長官のピエトロ・パロリン枢機卿を通じてメッセージを寄せた。

2018年01月02日20時58分

聖誕教会

世界各地でクリスマス祝う パレスチナは「エルサレム」問題で緊張、教皇は難民受け入れ呼び掛け

イエス・キリストの生誕地とされるヨルダン川西岸ベツレヘムの聖カテリナ教会で、12月24日深夜から恒例のクリスマスミサが行われた。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことで、例年と比べて緊張感漂うクリスマスとなった。

2017年12月26日23時49分

ローマ教皇フランシスコ

世界福音同盟代表団、教皇と会談 信教の自由のために協力誓う

ローマ教皇フランシスコは14日、バチカンで世界福音同盟(WEA)の代表団と会談した。WEA総幹事のエフライム・テンデロ監督は協力の重要性について述べ、両者は信教の自由のために神学的相違を超えて協力する道を話し合った。

2017年12月26日19時15分

教皇フランシスコ 上智大で学生らと対話

「他者のために奉仕を」教皇フランシスコ、映像回線を通じて学生らと対話

バチカンにいる教皇フランシスコと映像回線を通じて学生が対話する「教皇フランシスコと話そう」(主催:上智大学)が18日、同大四谷キャンパスで行われた。「神を信じ、他者のために奉仕すること」を教皇は熱く訴えた。

2017年12月26日6時46分

エルサレム・神殿の丘

トランプ氏のエルサレム首都認定 クリスチャンの間でなぜ違う反応?

米国のドナルド・トランプ大統領は6日、ホワイトハウスで演説し、公式にエルサレムをイスラエルの首都と認め、米国務省に対しテルアビブにある米大使館をエルサレムに移転する手続きを始めるように指示したと表明した。

2017年12月11日20時57分

教皇フランシスコ、ミャンマーに到着 教皇として初訪問

教皇フランシスコは26日夜、教皇として初のミャンマー訪問に向け、専用機でレオナルド・ダビンチ国際空港を出発し、27日午後にヤンゴン国際空港に到着した。空港には教皇訪問を歓迎するミャンマーのカトリック信徒らが集まった。

2017年11月28日16時44分

教皇、バチカン国務省に「外交官人事局」を新設

教皇フランシスコは、バチカン(ローマ教皇庁)の国務省に新しい局を設立した。同省内の「総務局(内務省に相当)」と「外務局(外務省に相当)」に並ぶ第三の局で「外交官人事局」(仮訳)と呼ばれる。

2017年11月28日15時35分

伊ランボルギーニ、限定特別仕様車を教皇に贈呈

伊ランボルギーニ、限定特別仕様車を教皇に贈呈

イタリアの高級スポーツ車メーカー「アウトモビリ・ランボルギーニ」は15日、限定特別仕様車「ウラカンRWD」を教皇フランシスコに贈呈した。バチカンで開催されたセレモニーには、教皇とランボルギーニ社のステファノ・ドメニカリCEOらが参加した。

2017年11月24日18時45分

バチカンで核兵器廃絶と軍縮テーマに国際シンポ、日本の被爆者も演説

バチカンで核兵器廃絶と軍縮テーマに国際シンポ、日本の被爆者も演説

バチカンで10、11の両日、核兵器廃絶と軍縮をテーマにした国際シンポジウムが開催された。7月に核兵器禁止条約が採択されたことを受けて開催されたもの。教皇が演説したほか、日本からも被爆者の代表が参加し、核兵器の非人道性などを訴えた。

2017年11月16日23時28分

ローマ教皇とエルサレム総主教、聖地の「ステイタス・クオ」を呼び掛け

ローマ教皇とエルサレム総主教、聖地の「ステイタス・クオ」を呼び掛け

ローマ教皇フランシスコとエルサレム総主教セオフィロス3世は10月23日、バチカン(ローマ教皇庁)で会談し、聖地エルサレムの「ステイタス・クオ(現状維持)」を求め、宗教間の暴力と差別の終結を呼び掛けた。

2017年11月02日14時24分

教皇フランシスコ、メソジスト教会の指導者らと会談 対話50周年祝う

カトリックとメソジストの両教会間のエキュメニカルな対話が始まってから、今年で50年を迎えた。これを記念して、世界メソジスト協議会(WMC)の指導者らは19日、バチカンを訪問し、ローマ教皇フランシスコと会談した。

2017年10月31日17時48分

バチカンで列聖式、メキシコ先住民の少年殉教者ら35人が聖人に

バチカンで15日、列聖式が行われ、16世紀に殉教したメキシコ先住民の少年3人や、17世紀にブラジルで殉教した宣教師や信徒ら、合わせて35人が聖人として宣言された。メキシコ先住民の少年3人は、アメリカ大陸における最初の殉教者だという。

2017年10月19日17時40分

日本聖書協会の渡部信総主事ら、ローマ教皇フランシスコと謁見

日本聖書協会の渡部信総主事ら、ローマ教皇フランシスコと謁見

日本聖書協会(東京都中央区)の渡部信総主事(69)は5日、聖書協会世界連盟(UBS)の理事の1人として、UBS教会関係委員会の委員ら7人と共にバチカン(ローマ教皇庁)を訪問し、教皇フランシスコ(80)と謁見(えっけん)した。

2017年10月19日11時17分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース