25日に全世界で「主の祈り」を 教皇、新型コロナ対応で呼び掛け

2020年3月23日22時02分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ(写真:Jeffrey Bruno)

ローマ教皇フランシスコは、22日の「お告げの祈り」(アンジェラスの祈り)で、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に一致して対応するため、25日正午(日本時間同日午後8時)に、全世界のクリスチャンが一斉に「主の祈り」をささげるよう呼び掛けた。さらに27日午後6時(同28日午前2時)には、通常は復活祭とクリスマスの年2回しか行わない使徒的祝福「ウルビ・エト・オルビ(ローマと世全界へ)」を伴った祈りを導くという。バチカン・ニュース(英語)などが伝えた。

ライブ配信されたこの日の「お告げの祈り」で、教皇は「(新型コロナウイルスの)パンデミック(世界的大流行)の脅威におびえるこの困難な日々に、すべてのクリスチャンに対し、天に向かって共に声を上げるよう呼び掛けたい」と語った。「諸教会の代表者、またすべてのキリスト教共同体の指導者、そして、さまざまな教派のすべてのクリスチャンが、全能の神に切に求め、われらの主イエスが教えてくださった祈りを同時に唱えるのです」。教皇はそう言い、1日に数回主の祈りを唱えるとともに、特に25日正午(日本時間同日午後8時)には、全世界で一斉に主の祈りをささげることを呼び掛けた。

3月25日は、カトリック教会ではマリアの受胎告知(神のお告げ)を祝う祭日。教皇は受胎告知を祝う特別な日であることにも言及し、「復活されたキリストの勝利を祝うために準備している主のすべての弟子たちによる一致した祈りを、主が聞いてくださいますように」と願った。

さらに27日は、感染防止のためサンピエトロ広場に人は入れないものの、サンピエトロ大聖堂前で「ウルビ・エト・オルビ」を行い、その模様を配信するという。教皇は「メディアを通して霊的に参加してください」と呼び掛けた。

そして、新型コロナウイルスのパンデミックに対しては、「祈りと慈しみ、優しさの普遍性」をもって対応すべきだと強調。「一致を保ちましょう。最も孤独で疲れている人々に私たちの思いを寄せましょう」と呼び掛けるとともに、現場で対応に当たっている医療従事者や政治指導者、警官、兵士らにも思いを寄せるよう求めた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月6日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,654
(+383)
1,129,775
(+81,772)
死者数 73
(+3)
62,703
(+5,798)
回復者数 584
(+9)
257,455
(+12,436)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース