イタリアでカトリック司祭28人死亡、新型コロナ感染で

2020年3月21日18時44分 印刷
+イタリアでカトリック司祭28人死亡、新型コロナ感染で
イタリア北部ベルガモ教区の司教座聖堂(カテドラル)とベルガモ市内の様子。同教区では、19日までに司祭11人が亡くなった=2007年(写真:Zhang Yuan)

新型コロナウイルスによる被害が拡大しているイタリア北部で、カトリックの司祭少なくとも28人が19日までに、ウイルス感染により死亡した。亡くなった司祭の半数以上は80歳を超えており、最も若い司祭は54歳だった。カトリック系のCNA通信(英語)が同日伝えた。

同通信によると、イタリア・カトリック司教協議会が発行するアベニーレ紙は、新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、同国北部で司祭30人が亡くなったと伝えた。このうち、少なくとも28人は新型コロナウイルスの感染が原因。残り2人のうち1人は、ウイルス検査を受ける前に肺炎により死亡し、もう1人は重い持病を患っていたという。

亡くなった司祭は、3人以外は全員が70歳以上で、半数以上が80歳を超えていた。ミラノの北東約40キロに位置するベルガモ教区では、司祭11人が亡くなったほか、別の司祭15人が入院したという。ローマ教皇フランシスコは18日、多数の犠牲者が出ている同教区に対し励ましのメッセージを送った。

その他、司祭の死者が出ているのは、パルマ、ピアチェンツァ・ボッビオ、クレモナ、ミラノ、ローディ、ブレシア、モンフェラート、トルトナの各教区。このうち、パルマ教区では6人、ピアチェンツァ・ボッビオ教区では3人が亡くなった。

イタリアでは現在、結婚式や葬儀も含め、公開の宗教儀式は禁止されており、亡くなった司祭の葬儀は関係者のみで行われた。

イタリアでは20日までに、新型コロナウイルスの感染者は4万7021人となり、死者は1日で過去最多となる627人が増え、4032人となった。前日19日には、死者の数が中国を上回り、世界で最も犠牲者が出ている国となっている。

続報:新型コロナ、カトリック司祭の死者70人超える イタリア 

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月6日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,654
(+383)
1,129,775
(+81,772)
死者数 73
(+3)
62,703
(+5,798)
回復者数 584
(+9)
257,455
(+12,436)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース