「教父」から「教皇」へ ミサの奉献文で呼称変更

2020年2月20日20時36分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ(写真:Jeffrey Bruno)

カトリック中央協議会は20日、現行のミサ典礼書に掲載されている第1~第4奉献文中の「とりなしの祈り」で、「わたしたちの教父〇〇」とされている部分を、今後は「わたしたちの教皇〇〇」に変更し、読み替えることを決めたと発表した。呼称変更の実施は同日から。

昨年11月にローマ教皇フランシスコが来日したのに伴い、日本の外務省が「法王」から「教皇」に呼称を変更し、社会的にもこの呼称が定着したことを受けての対応。発表によると、典礼委員会(委員長・白浜満広島教区司教)が今月の常任司教委員会に提案、承認され、定例司教総会で報告された。

「法王」「教皇」また典礼における「教父」の呼称は、いずれもラテン語「Papa」の日本語訳。典礼以外の場面においては、カトリック教会内でもかつては「法王」「教皇」の呼称が混用されていたが、1981年の教皇ヨハネ・パウロ2世(当時)来日に合わせ「教皇」に統一。そして今回、教皇フランシスコの来日により、典礼においても「教皇」を用いることが決まった形。

なお、教皇の呼称は、広く一般に使われており、教皇自身が署名の際にも用いるが、正式な称号ではない。教皇の正式な称号は、ローマ司教、イタリア首座司教、ローマ管区首都大司教、バチカン市国元首など計8つある。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース