日本政府「ローマ法王」の呼称を「ローマ教皇」に変更

2019年11月21日07時02分 印刷
+教皇フランシスコ
バチカンのサン・ピエトロ広場で人々に囲まれる教皇フランシスコ=2013年5月12日(写真:Edgar Jimenez)

日本の政府は20日、ローマ教皇フランシスコの来日に合わせ、これまで「ローマ法王」としていた呼称を「ローマ教皇」に変更すると発表した。教皇の呼称をめぐってはこれまで、政府やメディアは「法王」を使用することが多かったが、日本のカトリック教会では、38年前に先々代のヨハネ・パウロ2世が来日して以来、「教皇」に統一していた。複数の国内メディアが同日、伝えた。

時事通信によると、外務省は、「教皇」という呼称がカトリック関係者をはじめ一般で普及していること、また呼称変更についてバチカン(教皇庁)側に問い合わせても、問題ないと確認できたためと説明している。一方、毎日新聞によると、政府としては呼称を「教皇」に変更するが、外務省幹部は「『法王』を使用しても間違いではない」とも話している。

カトリック中央協議会のホームページによると、日本のカトリック教会内でもかつては、「教皇」と「法王」の呼称が混用されていた。しかし1981年に、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世が来日した際、呼称を「教皇」に統一することを決めた。「教える」という字の方が、教皇の職務をよく表現していると判断したためだ。

日本政府はこれまで、東京の「ローマ法王庁大使館」(駐日バチカン大使館)の名称に合わせて「法王」の呼称を使用してきた。ローマ法王庁大使館がこの名称となったのは、日本とバチカンの国交が樹立した1942年当時、定訳が「法王」であったため、バチカン側がこの名称で日本政府に申請したからだった。

教皇は、ラテン語「Papa」(英語では「Pope」)の日本語訳。公式な称号ではないが、広く一般に使われており、教皇自身が署名の際にも用いる。日本のカトリック信徒の間では、親しみを込めて「パパ様」と呼ぶこともある。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース