カトリック教会、典礼の聖書朗読で「御子」を「おんこ」に読み替えへ

2018年4月21日21時32分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+カトリック教会、典礼の聖書朗読で「御子」の読み方を「おんこ」に統一
日本のカトリック教会の典礼における聖書朗読で5月21日以降、「御子(みこ)」が「おんこ」と読み替えられることになるヨハネによる福音書3章35、36節。「御父(おんちち)は御子(みこ)を愛して・・・」が「御父(おんちち)は御子(おんこ)を愛して・・・」と読み替えられることになる。
- 広告 -

日本カトリック典礼委員会は19日、日本のカトリック教会の典礼における聖書朗読で「御子」を「おんこ」と読み替えることを発表した。日本のカトリック教会は現在、「御子」を「みこ」と読む『聖書 新共同訳』を典礼で用いているが、典礼式文では「おんこ」と読んできたため、同じミサの中で「みこ」と「おんこ」が混在する場合があった。

「おんこ」への統一を求める要望があったことから、同委が『聖書 新共同訳』の発行元である日本聖書協会と協議を重ねてきた。その結果、同協会からカトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、「御子」を「みこ」から「おんこ」に読み替える許可を得ることができたという。読み替えは、今年の聖霊降臨の主日(ペンテコステ)の翌日である5月21日から実施される。

読み替えの対象となるのは、ヨハネ4節6カ所、使徒1節1カ所、ローマ6節10カ所、コリント一1節2カ所、ガラテヤ3節3カ所、エフェソ2節2カ所、コロサイ9節13カ所、テサロニケ一1節2カ所、ヘブライ7節9カ所、ヨハネ一21節30カ所、ヨハネ二2節2カ所の計80カ所。

カトリック中央協議会発行の『主日の朗読聖書』や『朗読聖書 聖なる過越の三日間』、他のカトリック出版社から発行されている典礼用冊子を用いる場合も、該当箇所を「おんこ」に読み替える。なお、同協議会発行の2冊については、今後の重版で該当箇所が「おんこ」に修正される。また、同じく同協議会が発行する月刊誌『毎日のミサ』では、今年7月号から「おんこ」に修正するという。

同委が発表した『聖書 新共同訳』の「御子(みこ)」を「おんこ」に読み替えて朗読する箇所一覧はこちら(PDF)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング