カトリック新聞オンラインが閉鎖 2月28日で

2018年2月20日23時58分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+カトリック新聞オンラインが閉鎖 2月28日で
2月28日で閉鎖することを知らせるカトリック新聞オンライン
- 広告 -

カトリック新聞社が運営するニュースサイト「カトリック新聞オンライン」が2月28日で閉鎖する。昨年6月から休止状態だったが、諸般の事情により、週刊ニュースレターと共に同日付で閉鎖するという。同社が20日に発表した。

同社が発行する週刊紙「カトリック新聞」は1923年、「公教青年時報」として創刊した。月2回の発行で始まり、9号からは「カトリック タイムス」と改題。翌24年から旬刊(月3回)になり、31年からは「日本カトリック新聞」と再び改題し、週刊となった。45年には用紙不足などで休刊になるが、46年に「カトリック新聞」として復刊。カトリック新聞オンラインは、創刊90年を記念して2013年1月からスタートした。

カトリック新聞オンラインは、週刊紙であるカトリック新聞と同じ姿勢を持ちつつも、異なるサービスとして週刊紙とは違う記事も掲載してきた。同社は「引き続き、記事は週刊紙『カトリック新聞』をご覧くださいますよう、お願い致します」としている。

なお、カトリック新聞のホームページでは、各号の記事の見出しは確認でき、「今週の記事1本」として、各号につき記事1本はインターネット上でも公開されている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング