聖公会出版が解散へ 聖公会新聞は休刊に

2015年12月16日18時07分 印刷
+聖公会出版が解散へ 聖公会新聞は休刊に
阪神大震災20年を迎える諸行事を報じた聖公会新聞2015年2月号(画像:聖公会出版提供)

有限会社聖公会出版(東京都豊島区)は、15日に開いた臨時株主総会で、来年3月31日に解散することを決議した。

1948年に創刊し、それ以来67年間にわたり発行してきた聖公会新聞は、今月25日発行の1月号から当分の間休刊となる。同社代表取締役の松山献氏によると、復刊のめどは立っておらず、読者には新聞発行日に「休刊のお知らせ」のハガキを送付するという。

松山氏は、「まさにクリスマスの当日にこのようなお知らせとは、たいへん残念です」と述べ、「たいへん悲しい結果ですが、経営破綻が正直なところであり、致し方ありません」と話した。

キリスト新聞は同日、ツイッターによる速報として同社の解散決議を報じ、「解散後、同社が担っていた『聖公会手帳』『祈祷書』『カレンダー』などの製作業務は、日本聖公会管区の出版事業を担当する部署が引き継ぐ」と伝えた。

しかし、松山氏は本紙に対し、この速報について「ツィッターの通りです」としつつも、「『祈祷書』は従来より管区発行、『カレンダー』はベロニカ会発行ですので、若干誤っています」とコメントした。

聖公会出版は、日本聖公会から出版事業部門を分離するかたちで1976年9月3日に設立。約40年間にわたり、聖公会の出版、新聞、書店事業を担ってきた。今年3月には、書店部門「聖公書店」の営業権を日本聖書協会へ譲渡していた(関連記事はこちら)。

本紙は、同社との契約に基づき、聖公会新聞2015年1月号から同年11月号まで、本紙の記事や写真を複数回にわたり提供してきた。

同社から最近出版された書籍には『年をとるということ 日本版インタープリテイション90号』、ヘンリ・ナウエン著・景山恭子訳『イエスとともに歩む 十字架の道ゆき』(改訂新版)などがある。同社のホームページはこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース