フランシスコ(ローマ教皇)

「神に祈りと願いを」 日本カトリック司教協議会会長、新型コロナの感染拡大受け談話

「すべてのいのちを守るため」生活の指針に 教皇訪日1周年で髙見大司教

ローマ教皇フランシスコの訪日から1年となった23日、日本カトリック司教協議会会長の髙見三明大司教がカトリック中央協議会の公式サイトでメッセージを発表した。

2020年11月24日18時17分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、日本からの献金に礼状

日本のカトリック教会が、昨年11月のローマ教皇フランシスコの訪日に合わせて集め、バチカン(ローマ教皇庁)に送金していた約9千万円の献金について、教皇フランシスコから礼状が届いた。

2020年11月18日16時01分

セオドア・マカリック

バチカン、マカリック元枢機卿の性虐待報告書発表 歴代教皇の対応も詳述

バチカン(ローマ教皇庁)は10日、未成年者に対する性虐待などにより聖職を剥奪された元ワシントン大司教のセオドア・マカリック元枢機卿に関する調査報告書を発表した。報告書は2年かけて作成され、約450ページにわたる膨大なものとなっている。

2020年11月17日23時11分

創刊170年のカトリック誌「ラ・チビルタ・カットリカ」、日本版が来年4月刊行

創刊170年のカトリック誌「ラ・チビルタ・カットリカ」、日本版が来年4月刊行

今年創刊170年を迎えた最古のカトリック誌「ラ・チビルタ・カットリカ」の日本版が、来年4月に刊行されることが決まった。ローマ教皇フランシスコの来日1周年を記念したもので、角川文化振興財団の「バチカンと日本100年プロジェクト」の一環。

2020年11月13日18時53分

ジョー・バイデン・ローマ教皇フランシスコ

バイデン氏、教皇フランシスコと電話会談

民主党指名の米大統領候補であるジョー・バイデン氏(77)が12日朝、ローマ教皇フランシスコ(83)と電話会談を行った。バイデン氏の政権移行チームが同日、発表した。

2020年11月13日16時03分

教皇のシビルユニオン支持発言「『婚姻の秘跡』の教義に変更なし」 東京大司教区が見解

カトリック東京大司教区は6日、教皇が同性カップルにも婚姻に準じた法的権利を与える「シビルユニオン」を認めるべきだとする考えを示したことについて、男女による結婚を前提とした「婚姻の秘跡」の教義に変更はないとする見解を公式サイトで発表した。

2020年11月09日14時34分

フランス南部の教会でテロ、刃物男襲撃で3人死亡 女性首切られる

フランス南部の教会でテロ、刃物男襲撃で3人死亡 女性首切られる

フランス南部ニースで29日午前9時(日本時間同午後5時)ごろ、刃物を持った男がカトリック教会を襲撃し、少なくとも3人が死亡、数人が負傷した。ニースのクリスチャン・エストロジ市長はテロとの見方を示している。

2020年10月29日23時11分

ローマ教皇フランシスコ

新枢機卿に教皇付説教師のカンタラメッサ神父ら13人、アジア出身は2人

ローマ教皇フランシスコは25日、日曜日恒例の「お告げの祈り(アンジェルスの祈り)」で、新枢機卿13人の任命を発表した。11月28日に行われる枢機卿会議(コンチストーロ)で正式に叙任される。

2020年10月26日13時49分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、同性愛者の「シビルユニオン」支持を明言 歴代教皇初

教皇フランシスコは、同性カップルにも婚姻に準じた法的権利を与える「シビルユニオン」を認めるべきだとする考えを示した。カトリック教会はこれまで、シビルユニオンの支持は「逸脱した行為を承認する」ことだとしており、教皇の表明はこれを覆すもの。

2020年10月22日20時52分

「すべてのいのちを守るため」にできることは? 教皇訪日でアンケート

訪日時の「教皇への献金」、約9千万円をバチカンに送金

日本カトリック司教協議会(会長・髙見三明大司教)は21日、昨年11月の教皇訪日に当たって協力を呼び掛けた「教皇への献金」として9177万887円が集まり、今月初めにバチカン(ローマ教皇庁)へ送金したことを報告した。

2020年10月21日19時13分

「和解」と「包摂」テーマにシンポ 教皇来日メッセージ踏まえ現代の諸問題を考える

「和解」と「包摂」テーマにシンポ 教皇来日メッセージ踏まえ現代の諸問題を考える

オンラインシンポジウム「現代世界における和解の諸問題―平和で包摂的なグローバル社会に向けて」が9月27日、開催された。教皇が来日時に発したメッセージを踏まえ、「和解」と「包摂」をテーマに、核や移民・難民、差別などの諸問題について話し合った。

2020年10月07日23時36分

ローマ教皇フランシスコ

兄弟愛と社会的友愛の希求を ローマ教皇、新回勅「フラテッリ・トゥッティ」発表

ローマ教皇フランシスコは4日、新回勅「フラテッリ・トゥッティ(Fratelli tutti、「兄弟である皆さん」の意)」を発表した。兄弟愛と社会的友愛を希求することを促す内容で、その背景には新型コロナウイルスによるパンデミックがある。

2020年10月06日17時36分

ローマ教皇フランシスコ

9月4日はレバノンのために祈りと断食を 教皇が呼び掛け

ローマ教皇フランシスコは2日、9月4日(金)を「レバノンのための祈りと断食の日」とし、8月4日に首都ベイルートで発生した大規模爆発の被害に苦しむレバノンのために、諸宗教の指導者や信者と共に心を合わせて祈り断食するよう呼び掛けた。

2020年09月03日20時37分

WCC代表団、8月初旬に広島と長崎へ巡礼の旅 核の脅威の終結求めて

原爆投下75年、核兵器廃絶「必要は明白」 教皇が広島へメッセージ

バチカン(ローマ教皇庁)公営のバチカン・ニュース(日本語版)は6日、教皇フランシスコが広島県の湯崎英彦知事に宛てたメッセージを公開した。メッセージの中で教皇フランシスコは、核兵器廃絶をあらためて訴えた。

2020年08月07日18時42分

原爆投下75年、日米の大司教・司教が核不拡散と軍備縮小に向けた連帯を確認

原爆投下75年、日米の大司教・司教が核不拡散と軍備縮小に向けた連帯を確認

広島、長崎への原爆投下から間もなく75年となるのを前に、米ジョージタウン大学バークレイ宗教・平和・国際情勢研究センターが3日、平和構築について考えるオンラインイベントを開催した。

2020年08月04日17時58分

アヤソフィア

アヤソフィアのモスク化 教皇「非常に悲しい」 WCC、再考求める

トルコのエルドアン大統領が10日、同国の歴史的建造物「アヤソフィア」を、イスラム教のモスクにすると発表したことを受け、ローマ教皇フランシスコは「非常に悲しい」と述べた。世界教会協議会(WCC)は再考と決定の取り消しを求めた。

2020年07月14日16時10分

「すべてのいのちを守るため」にできることは? 教皇訪日でアンケート

「すべてのいのちを守るため」にできることは? 教皇訪日でアンケート

昨年11月のローマ教皇フランシスコ訪日について、日本カトリック司教協議会常任司教委員会がインターネット上で実施したアンケート結果をまとめ、23日にカトリック中央協議会の公式サイトで発表した。

2020年06月24日20時50分

戦後75年、日本カトリック司教団が平和メッセージ 「世界は今、予断ゆるさない状況」

戦後75年、日本カトリック司教団が平和メッセージ 「世界は今、予断ゆるさない状況」

太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」の23日、日本カトリック司教団は戦後75年の平和メッセージ「すべてのいのちを守るため―平和は希望の道のり―」をカトリック中央協議会の公式サイトで発表した。

2020年06月23日22時59分

ローマ教皇フランシスコ

5月14日は諸宗教で心合わせ「祈りと断食を」 教皇が呼び掛け

ローマ教皇フランシスコは3日、正午の「アレルヤの祈り」で、5月14日(木)を「祈りと断食の日」とし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の収束のために、諸宗教の指導者や信者と共に心を合わせて祈り断食するよう呼び掛けた。

2020年05月05日17時36分

ローマ教皇フランシスコ

「パンデミックの夜」復活の主に眼差しを 教皇がイースター・メッセージ

ローマ教皇フランシスコは12日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂でイースターのミサを行い、世界に向けたメッセージを語った。教皇は、「苦しむ人類の傷を癒やしてくださるようにと、復活の主に眼差しを上げましょう」と呼び掛けた。

2020年04月13日23時31分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース