韓国

韓国、境界線近くに再びクリスマスツリー設置へ CCK「平和の象徴」

韓国国防省は2日、北朝鮮との境界線に近い愛妓峰(エギボン)に、韓国基督教総連合会(CCK)がクリスマスツリーを設置することを承認したと明らかにした。新しい鉄塔の電飾は、今月23日から来月6日の約2週間にわたって点灯されるという。

2014年12月04日23時04分

日本の司教ら、元慰安婦たちに謝罪

第20回韓日司教交流会に参加するために韓国を訪問した日本の司教らが10日、交流会の一環として旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送るソウル近郊の施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦被害者らに謝罪し、日本でこの問題が認識されるよう努力すると伝えた。

2014年11月11日15時45分

日本人牧師15人、慰安婦問題訴える集会で謝罪

日韓親善宣教協力会(尾山令仁会長)に所属する日本人牧師15人が10月29日、慰安婦問題の解決を求めソウルの日本大使館前で開催された1150回目の「水曜集会」に出席。「日本人として同じ日本人が犯した罪に対し心から謝罪する」などと述べた。

2014年11月03日19時58分

朴大統領、教皇と会談 訪韓への答礼

韓国の聯合ニュースがローマから報じるところでは、イタリアを訪問中の朴槿恵大統領は17日午後、バチカン(ローマ教皇庁)を訪れ、教皇フランシスコと会談した。教皇は8月に韓国を訪れており、訪問への答礼となった。

2014年10月21日15時06分

ドイツの会議、日本と韓国の教会との活動強化を誓約

世界教会協議会(WCC)第10回総会で発せられた呼び掛け「正義と平和の巡礼」に感化され、ドイツで行われたある会議が、東アジアにおける正義に基づく平和のための「霊的刷新と預言者的召命」に向けて、日本と韓国の教会と共に活動する責務を是認した。

2014年10月19日22時32分

韓国最高齢の牧師死去、103歳 中国で20年以上宣教

韓国最高齢の牧師死去、103歳 中国で20年以上宣教

韓国の牧師では最高齢であった方之日(バン・ジイル)牧師が、10日午前0時20分ごろ亡くなった。103歳だった。遺体が安置されたソウル・新村(シンチョン)のセブランス病院には同日、韓国キリスト教界の多くの指導者らが弔問に訪れた。

2014年10月13日14時29分

カトリック司祭と芸能人が親善野球 司祭チームが快勝

カトリック司祭と芸能人が親善野球 司祭チームが快勝

カトリック司祭(神父)によるチームと芸能人によるチームの親善野球試合が9日、韓国の仁川(インチョン)文鶴(ムナク)野球場で行われた。この日は韓国の祝日「ハングルの日」だったこともあり、約5千人が観戦。司祭チームが13対9で勝利した。

2014年10月10日20時03分

東京都:関東大震災時・朝鮮人、中国人虐殺・追悼弾圧90周年記念集会

東京都:関東大震災時・朝鮮人、中国人虐殺・追悼弾圧90周年記念集会

「90年前、早稲田奉仕園スコットホールで、何があったの?!」と題した、関東大震災時・朝鮮人、中国人虐殺・追悼弾圧90周年記念集会が、13日に東京都新宿区の早稲田奉仕園スコットホールで開かれる。

2014年09月10日13時18分

教皇訪韓記念コイン人気 銀貨の抽選は4倍近く

韓国の聯合ニュースによると、教皇フランシスコの韓国訪問を記念し発行される「韓国銀行」(中央銀行)の記念コインの抽選倍率が、教皇の人気を反映するかのように高い倍率を記録した。

2014年09月02日15時14分

韓国警察が統一運動家ハン・サンニョル牧師を緊急逮捕

韓国全州の完山警察署は8月25日、国家保安法違反容疑で2013年、3年の刑期を終え出所した統一運動家ハン・サンニョル牧師(コベク教会)を緊急逮捕した。

2014年09月02日15時10分

教皇、韓国訪問終えローマに帰着

教皇フランシスコは韓国への司牧訪問を終え、京畿道城南のソウル空港を18日午後1時(現地時間)、大韓航空機で出発、同日午後6時前、ローマのチャンピアーノ空港に帰着した。

2014年08月26日15時04分

WCC副総幹事、「慰安婦」国際記念日に連帯を表明

WCC副総幹事、「慰安婦」国際記念日に連帯を表明

世界教会協議会(WCC)副総幹事兼総幹事代行のイザベル・アパウォ・フィリ博士は、第二次世界大戦中に旧日本軍によって性的奴隷にされ苦しんだ女性たちのために正義を求める人々に連帯を表明した。WCCが14日に公式サイトで伝えた。

2014年08月23日14時49分

平壌で礼拝、朝鮮半島の平和と再統一に焦点 韓国側からも出席

朝鮮半島の平和と再統一のための祈りが8月15日、北朝鮮の平壌にある鳳岫(ボンス)教会で行われ、韓国基督教教会協議会(NCCK)によって組織された19人のメンバーからなる代表団が参加した。WCCが公式サイトで20日に伝えた。

2014年08月21日14時51分

教皇、韓国司牧訪問終え帰国 慰安婦とのつながりは胸元のバッジ

教皇フランシスコは韓国司牧訪問最終日の18日、ソウルの明洞聖堂で「朝鮮半島の平和と和解のためのミサ」を行った。教皇はミサの冒頭で2~3分間、最前列に座った旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国人女性7人全員の手を握り、うち1人の話に耳を傾けた。

2014年08月20日17時08分

教皇、4万人の参加者に「アジアの若者たちよ、起き上がれ」 アジア・ユース・デー閉会ミサ

教皇フランシスコは17日午後、忠清南道瑞山市の海美(ヘミ)で、第6回アジア・ユース・デーの閉会ミサを行った。「起きよ、光を放て!」(イザヤ60・1)をテーマに、開催されたアジアのカトリック青少年の集いは、この日が最終日。

2014年08月20日17時07分

ローマ教皇、アジア宣教の本質的要素は「対話」

教皇フランシスコは17日、ソウルから約100キロ離れた忠清南道瑞山市の海美(ヘミ)聖地を訪れた。同地は18世紀から19世紀にはカトリック信者ら数千人の殉教の地になった。

2014年08月20日17時06分

ローマ教皇「奉献生活者にとって清貧は『壁』であり、『母』である」

教皇フランシスコは16日午後、首都ソウル南方の忠清北道陰城郡のコットンネを訪問した。「花の村」を意味するコットンネは1976年に創始されたカトリック共同体で、ホームレスの人々や障害者らへの支援をはじめ、幅広い社会福祉活動を行なっている。

2014年08月20日17時05分

教皇、パウロ・ユン・ジチュンと123人を列福 ミサには80万人が参加

教皇フランシスコは16日、司牧訪問中の韓国ソウルの光化門で、殉教者パウロ・ユン・ジチュン(尹持忠)と123人の列福ミサを行った。約80万人の信者らが会場前の大通りや周辺を埋め尽くした。

2014年08月20日17時03分

アジアの若者たちと教皇交流、朝鮮半島統一を共に祈る

教皇フランシスコは15日、大田(テジョン)の大神学校で若者たちと昼食を共にした。昼食会に参加したのは、アジア各国18人の青少年たち。教皇と食卓を囲み、若者たちの目から見たそれぞれの国の教会の印象などを語ったという。

2014年08月20日16時36分

教皇、「セウォル号」転覆事故遺族に慰めと祈り 「聖母の被昇天」のミサ

韓国訪問中の教皇フランシスコは15日午前、大田(テジョン)のワールドカップ競技場で韓国の信者たちとの最初の出会いとなるミサを司式した。競技場には5万人の信者が詰めかけた。

2014年08月20日16時35分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース