音楽

日本各地に響く平和の歌声 独ゲッティンゲン少年合唱団が初来日ツアー

日本各地に響く平和の歌声 独ゲッティンゲン少年合唱団が初来日ツアー

ドイツのゲッティンゲン少年合唱団が初来日し、全国7都市9会場を巡るツアーを行った。テーマは「平和を与えたまえ」。最終日はカトリック東京カテドラル関口教会で、ヘンデルのオラトリオ合唱曲や戦争の悲惨さを表現した曲、両国の民謡などを披露した。

2018年04月06日12時10分

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペル音楽に魅かれるのか」

エミー賞プロデューサーが語る「日本人はなぜゴスペルに引かれるのか」

米東部最大のゴスペル音楽イベント「マクドナルド・ゴスペル・フェスト」に、今年も日本人による「Don’t Give Up クワイヤー」の特別出演が決まった。米エミー賞プロデューサーのカーティス・ファローさんの呼び掛けで36年前にスタートした。

2018年03月14日21時40分

米名門のブルックリン・タナバクル・クワイア、30枚目のアルバム「I Am Reminded」を4月リリース

米名門のブルックリン・タナバクル・クワイア、30枚目のアルバム「I Am Reminded」を4月リリース

米ニューヨークにあるブルックリン・タバナクル教会の名門クアイアチーム「ブルックリン・タバナクル・クアイア」が4月6日、30枚目のアルバム「I Am Reminded」をリリースする。

2018年02月13日18時31分

日本二十六聖人を音楽でつづる 天田繁作曲「長崎殉教オラトリオ」

日本二十六聖人を音楽でつづる 天田繋作曲「長崎殉教オラトリオ」

1597年2月5日、豊臣秀吉の命令によって京都や大阪から連行された日本人20人と外国人宣教師6人が、長崎・西坂の丘で処刑された。キリストのために命をささげた26人は、後にカトリック教会から聖人と認められ、「日本二十六聖人」と呼ばれている。

2018年02月05日16時19分

2018年グラミー賞:シーシー・ワイナンズやヒルソングがキリスト教音楽部門で受賞

2018年グラミー賞:シーシー・ワイナンズやヒルソングがキリスト教音楽部門で受賞

第60回グラミー賞の授賞式が28日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。同賞のキリスト教音楽部門では、シーシー・ワイナンズ、ヒルソング・ワーシップ、ザック・ウィリアムズ、リーバ・マッキンタイアの4組が栄冠に輝いた。

2018年01月31日17時16分

ザック・ウィリアムズ、ビルボードのクリスチャン・エアプレイで20週1位、ソロ歴代記録を更新

ザック・ウィリアムズ、ビルボードのクリスチャン・エアプレイで20週1位、ソロ歴代記録を更新

ソロデビューしてからまだ2年もたたないクリスチャン歌手のザック・ウィリアムズ(36)が、米ビルボードの「クリスチャン・エアプレイ」チャートで20週1位となり、歴代記録を更新した。

2018年01月22日15時08分

ゴスペル界の第一人者、亀渕友香さん「お別れの会」に500人 遺作「ハレルヤ」も披露

ゴスペル界の第一人者、亀渕友香さん「お別れの会」に500人 遺作「ハレルヤ」も披露

昨年10月22日に肝細胞がんのため、72歳で亡くなったゴスペルシンガーの亀渕友香(ゆか、本名・捷子=かつこ)さんの「お別れの会」(主催:タートル・ミュージック・プラント)が17日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)で行われた。

2018年01月20日7時38分

大物ゴスペル歌手のデュエットに大歓声、アポロシアターでクリスマス・コンサート

大物ゴスペル歌手のデュエットに大歓声、アポロシアターでクリスマス・コンサート

米ニューヨーク・マンハッタン北部のハーレムにあるアポロシアターで16日、ゴスペル界のトップスターであるドニー・マクラーキンとヨランダ・アダムスによるクリスマス・コンサートが行われました。

2017年12月24日17時27分

クリスマス休戦で贈られた種が花咲くように 「光のコンサート」中野パークサイドチャーチで

クリスマス休戦で贈られた種が花咲くように 「光のコンサート」中野パークサイドチャーチで

キリスト同信会中野パークサイドチャーチ(東京都中野区)で12月1~3日、「クリスマス 光のコンサート」が行われた。ニューヨークを拠点に活動する西村あきこさんと、韓国在住のピアニスト瓜生恭子さんによるユニットが企画したコンサート。

2017年12月11日6時45分

ゴスペル音楽界のスター、カーク・フランクリンが新しい音楽フェスを発表

ゴスペル音楽界のスター、カーク・フランクリンが新しい音楽フェスを発表

12回のグラミー賞受賞経験のあるゴスペル音楽界のスター、カーク・フランクリン(47)が来年、新しいゴスペル音楽フェスティバルを開催する。ゴスペル音楽の衰退を懸念するフランクリンは、ゴスペル音楽に新しい機会を提供したいと願っている。

2017年12月07日16時54分

名曲は神様への喜びの声 サンドラ・シェンさんの伝道的ピアノコンサート

試練を乗り越えた喜びが名曲に サンドラ・シェンさんの伝道的ピアノコンサート

台湾人ピアニストのサンドラ・シェンさんによるピアノコンサート「心に広がるメロディ―」(主催:世界華人福音事工連絡中心・日本区委員会)が25日、青山学院大学ガウチャー記念礼拝堂(東京都渋谷区)で開催された。

2017年12月06日6時46分

賛美歌が宝石のように心に届きますように 久米小百合さんニューアルバム「7carats+1」発売

賛美歌が宝石のように心に届きますように 久米小百合さんニューアルバム「7carats+1」発売

久米小百合さんが22日、8年ぶりとなるニューアルバム「7carats+1(セブンカラッツ・プラスワン)」を発売した。久米さん自身が初めてプロデューサーとして携わった賛美歌アルバムで、ゴスペルシンガーの本田路津子さんとKishikoさんがゲストボーカルとして参加している。

2017年11月23日6時59分

本邦初 室内楽編曲・交響曲第5番『宗教改革』 宗教改革500年記念コンサート オール・メンデルスゾーンで開催 

2つのルーテル教会が合同で宗教改革500年記念コンサート メンデルスゾーンの交響曲「宗教改革」を教会堂で演奏

宗教改革500年記念コンサート「オール・メンデルスゾーン・プログラム」(主催:日本福音ルーテル教会と日本ルーテル教団関東地区・日本福音ルーテル教会合同礼拝実行委員会)が4日、国際基督教大学礼拝堂(東京都三鷹市)で開催された。

2017年11月18日7時05分

ユーチューブで全世界へ、甘い歌声を配信する17歳 Kenta Dedachi さん

ユーチューブで全世界へ、甘い歌声を配信する17歳 Kenta Dedachi さん

ユーチューブの登録者数が1万人を超え、初ライブを行った昨年以降、急成長している若きクリスチャン・シンガーソングライターの Kenta Dedachi さん(17)。透き通る甘い歌声と、屈託のない少年のあどけなさが残る笑顔に魅了されるファンも多い。

2017年11月08日7時10分

宗教改革500年記念コンサート ブラームス「ドイツ・レクイエム」開催

宗教改革500年記念コンサート ブラームス「ドイツ・レクイエム」開催

宗教改革500年を記念する演奏会、「ブラームスのドイツ・レクイエム」が10月31日夜、東京芸術劇場で開催された。ロバート・ライカー氏による指揮のもと、国際的なソリストと、総勢250人の学生オーケストラと合唱団による演奏が行われた。

2017年11月07日6時44分

ゴスペル・シンガーソングライターの横山大輔さん

聖書の言葉をストレートに歌うニューアルバム「Jesus」 横山大輔さんに聞く

「ゴスペルライオン」の愛称で親しまれるゴスペルシンガー・ソングライターの横山大輔さんの5作目となるニューアルバム「Jesus」が10月31日にリリースされた。

2017年11月04日6時47分

小坂忠氏、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサートで

小坂忠さん、復帰の歌声は力強く 姉ヶ崎キリスト教会のチャペルコンサート

シンガー・ソングライターで牧師の小坂忠さんが大きな手術を乗り越え、日本長老教会姉ヶ崎キリスト教会で28日、復帰後初めてチャペルコンサートを行った。退院してまだ3週間だが、変わらぬ艶(つや)のある力強い歌声を、約100人の観客の前で披露した。

2017年10月30日12時13分

2017年ドーブ賞、ベテラン勢に栄冠 最優秀アーティスト賞はマーシーミー

2017年ドーブ賞、ベテラン勢に栄冠 最優秀アーティスト賞はマーシーミー

第48回ドーブ賞の授賞式が17日、米リプスコム大学(テネシー州ナッシュビル)で開催された。キリスト教音楽業界で卓越した業績を上げたアーティストに、ゴスペル音楽協会(GMA)が毎年贈る賞で、今年は多くのベテランアーティストが顔を並べた。

2017年10月23日20時01分

森祐理さん25周年コンサート 「三本の木」朗読ミュージカルや、「賛美歌版 しあわせなら手をたたこう」初披露

森祐理さん25周年コンサート、賛美歌版「しあわせなら手をたたこう」を初披露

福音歌手・森祐理さんの活動25周年を記念するコンサートツアーの東京公演が13日、なかのZERO小ホール(東京都中野区)で行われた。『三本の木』の朗読ミュージカルが行われたほか、賛美歌版「しあわせなら手をたたこう」も初披露された。

2017年10月23日7時00分

在留外国人にも開かれた教会を シンガー・ソングライターのベック・由美子さんと夫のダニエルさん

在留外国人にも開かれた教会を シンガー・ソングライターのベック由美子さんと夫のダニエルさん

シンガー・ソングライターのベック由美子さんは音楽を通して福音を伝え、夫のダニエルさんは大学で英語を教えている。2人の共通の願いは、地域に暮らす人々に開かれた教会を作り上げること。今後は在留外国人に向けても呼び掛けていきたいと考えている。

2017年10月06日6時26分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース