NYハーレムを代表するゴスペルディレクター、グレゴリー・ホプキンス氏が初来日 東京と大阪でコンサート

2019年2月19日13時56分 印刷
+NYハーレムを代表するゴスペルディレクター、グレゴリー・ホプキンス氏が初来日 東京と大阪でコンサート
グレゴリー・ホプキンス氏=2日、東京・池袋の日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団中央福音教会で

ゴスペルの本場、米ニューヨーク・ハーレムを代表するゴスペルディレクターのグレゴリー・ホプキンス氏が初来日し、2日に東京・池袋の日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団中央福音教会、9日には大阪の江坂ホールでコンサートを開催した。東京の会場は来場者で満席となる中、ホプキンス氏のワークショップを事前に受け、この日のために結成された総勢90人のクワイアが「トータル・プレイズ」など5曲を披露した。

今回の来日ツアーを企画したのは、ニューヨーク在住中にホプキンス氏に師事し、日本語通訳も担当していたゴスペルシンガーの蔵本順さん。東京では、塩谷美和さんが総合ディレクターを務める池袋ゴスペルミュージックワークショップ(池ゴス)と、新宿シャロームゴスペルミニストリーが協力した。また、ホプキンス氏が2004年からニューヨークで指導してきた日本人クワイア「Cocolo Japanese Gospel Choir」のメンバーらもスタッフに加わった。

ホプキンス氏は、名テノール歌手の故ルチアーノ・パヴァロッティ氏のツアーサポートを務めるほどの実力者。ハーレムの教会で複数のクワイアを指導するほか、ワシントンの名門ハワード大学とユタ州のウェストミンスター大学で教鞭を執り、若い音楽家の育成に力を入れている。骨格や日本語発声からくる日本人特有の癖を熟知した上で行われる指導を求めて、日本からも多くのクワイアがニューヨークを訪れるという。

NYハーレムを代表するゴスペルディレクター、グレゴリー・ホプキンス氏が初来日 東京と大阪でコンサート
ホプキンス氏のワークショップを事前に受け、この日のために結成された総勢90人のクワイア

東京では2回のワークショップをホプキンス氏が自ら指導し、参加者にゴスペルの意味を伝えた。ホプキンス氏は、曲のスタイルにかかわらず、神をたたえるメッセージを伝える音楽がゴスペルであり、神に最高の賛美がささげられているかどうか以外の点にとらわれる必要はないと強調した。コンサートを終えたホプキンス氏は、「今日ここで、こんなに多くの日本人が、黒人のゴスペルという手法で神様をたたえる日が来るなんて、誰が考えたでしょう。神様は本当に素晴らしいお方です」と語った。

NYハーレムを代表するゴスペルディレクター、グレゴリー・ホプキンス氏が初来日 東京と大阪でコンサート
今回の来日ツアーを企画したゴスペルシンガーの蔵本順さん

ツアーの全日程を終えて蔵本さんは、「グレゴリー先生にとって初めての日本ツアーにもかかわらず、関東・関西で延べ600名近い方にワークショップ・コンサートに参加いただけたことに心から感謝します。ゴスペルを歌うわれわれは神様からのメッセージを人々に届ける『Mail man(郵便配達員)』であるというグレゴリー先生のメッセージを、参加いただいた多くの皆様に受け入れていただけたことが本当にうれしい。また、東京・大阪両コンサートで巻き起こった、まるでアメリカの黒人教会のような、聖霊に満たされ賛美が止まらない空気感を皆さんと共有できたことは、何物にも代えがたい喜びでした。次回ツアーに向けた準備をグレゴリー先生と始めましたので、ご期待ください」と話した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

カニエ・ウエストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

全盲の福音歌手・ピアニスト、北田康広さんが新アルバム「聖夜 歌とピアノで綴るクリスマス」

震災を「一家族の崩壊と再生」というメタファーで描いた傑作「ひとよ(一夜)」

宗教的な、恐ろしく宗教的な人間賛歌「蜜蜂と遠雷」

「合唱のように子育てはみんなで!」 東京の教会で子ども虐待防止のゴスペルコンサート

映画「一粒の麦」山田火砂子監督インタビュー、日本初の女医・荻野吟子の生涯描く作品に込めた思い

「和解の大切さ」教えてくれた 朗読劇で「韓国孤児の母」描く俳優の水澤心吾さん

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース