2019年グラミー賞、キリスト教関係部門では女性歌手2人が2冠

2019年2月12日16時58分 印刷
+2019年グラミー賞、キリスト教関係部門では女性歌手2人が2冠
グラミー賞のトロフィーを受け取るローレン・デイグル(左)とトリー・ケリー(画像:同賞の動画より)

米音楽界最高峰とされるグラミー賞の第61回授賞式が10日(日本時間11日)、ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催された。キリスト教関係の5部門では、ローレン・デイグル(27)が、最優秀現代キリスト教音楽(CCM)賞と最優秀CCMアルバム賞の2冠に、トリー・ケリー(26)が、最優秀ゴスペル賞と最優秀ゴスペル・アルバム賞の2冠に輝き、ジェイソン・クラッブ(41)が最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞を獲得した。

2016年と17年にノミネート経験があり、今年初受賞となったデイグルは、「今回の受賞は、私たちはただ上を見上げる(look up)べきなんだ、と繰り返し実感する中でのものでした」と、最優秀CCMアルバム賞を受賞した3枚目アルバム「Look Up Child」にかけてコメント。「音楽が上を見上げる(look up)機会を与えてくれるのは、本当に素敵なことです。音楽は愛を世界に広げる機会を私たちに与えてくれます」と語った。

最優秀CCM賞を受賞した「You Say」は、「Look Up Child」の収録曲の1つで、「私が何も感じられないとき、私は愛されているとあなたは話してくださる。私が弱いと思うとき、私は強いとあなたは話してくださる」と、神の愛を率直に表現した歌。昨年12月には米ABCの情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」で披露し、ユーチューブで公開されている公式ミュージックビデオは、12日時点で6600万回以上も再生されている。

同じく今年初受賞となったケリーは、人気ゴスペル歌手カーク・フランクリン(49)が全面バックアップした2枚目アルバム「Hiding Place」で、最優秀ゴスペル・アルバム賞を、同アルバム収録の「Never Alone」で最優秀ゴスペル賞を受賞した。旧約聖書の一節「あなたはわたしの隠れが」(詩編32:7)から名付けた「Hiding Place」は、収録全8曲の作詞にフランクリンが携わっている。この内「Never Alone」はケリーとフランクリンの共同作詞で、曲中でもフランクリンがヒューチャリングしている。

「言葉を話し出す前からメロディーを口ずさんでいた」と話すケリーは、ジャマイカ、プエルトリコ系の父親と、アイルランド、ドイツ系の母親という多様な背景を持った歌手。クリスチャンではあるが、自身の音楽はキリスト教音楽だとは捉えていないとし、デビューアルバム「Unbreakable Smile」はR&Bの影響を受けたポップ調の曲が多かった。その後、キリスト教関係の音楽にも裾野を広げ、「Hiding Place」は本格的なゴスペルアルバムとなっている。

受賞を受けケリーは、自身のツイッターにコメントを投稿。「何てワイルドな日なの。トロフィーを受け取ったとき、大粒の涙をどうやって止めればよかったのか、いまだに分かりません。子どもの頃からの夢でした。一夜に2つも受賞するなんて想像もしませんでした」と感動を露わにした。

一方、フランクリンは「Never Alone」により、アカデミー賞の受賞回数を13に伸ばした。

Unexpected」で最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞を受賞したクラッブは、2010年の受賞以来、2度目の受賞となった。

この他、南アフリカのソウェト・ゴスペル・クワイアが、「Freedom」で最優秀ワールド・ミュージック・アルバム賞を受賞。2002年に発足したクワイアで、10年に南アフリカで開かれたサッカーのFIFAワールドカップでもパフォーマンスを披露しており、グラミー賞は今回で4度目の受賞。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

放蕩息子の物語をモチーフにした衝撃作「ベン・イズ・バック」

ヒーローとは何か? 福音的キリスト像の本質描き出す長編シリーズ完結編!「アベンジャーズ / エンドゲーム」【ネタバレなし】

「旅のおわり世界のはじまり」 リアル「イッテQ!」の裏側で繰り広げられる人間賛歌と神の粋な取り計らい

東京でダマー国際映画祭 ガーナ、米国の2作が最優秀作品賞 隠れキリシタンの映画も上映

キリスト教映画「ブレイクスルー」、約2週間で全米興収3千万ドル突破 「パウロ」超す人気

4つの国際映画祭で受賞「僕はイエス様が嫌い」 23歳の新鋭、奥山大史監督インタビュー

映画「僕はイエス様が嫌い」 「幼年」から「少年」へのイニシエーションとしてのJESUS

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング