礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

2019年7月24日17時28分 執筆者 : 青木保憲 印刷
+礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況
開演30分前からほぼ満席となり、約500人が詰め掛けた礼拝堂には「天使の歌声」が響き渡った=7日、グレース大聖堂(大阪府八尾市)で

1992年の「天使にラブソングを」以降、日本で巻き起こったゴスペルブーム。21世紀に入り、ブームは下火になったかと思われたが、実情はそうではないようだ。7月6日に滋賀県大津市の生涯学習センターで行われた「第2回ユニオン・ゴスペル・フェスティバル」。そこに20組を超えるクワイアが出演した。集まったのは、熱い熱いゴスペルフリークの皆さん。ゴスペル大好きを自他共に認める数百人が皆で歌い、米アリゾナ州から来日したゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさんの歌声に酔いしれたのである。ゴスペルファンが集まった会場が盛り上がったことは言うまでもない。

さらにその翌日7日には、大阪府八尾市にあるグレース宣教会(藤崎秀雄代表牧師)のグレース大聖堂で、ロックハートさんの単独コンサートが行われた。特筆すべき点は、前日のフェスティバルとは異なる客層が集まったということである。ほとんどが「ゴスペルビギナー」であった。そもそも、英語の歌を聴いたことがない。または、それほどゴスペルという楽曲に興味がない。そんな人たちが集まるコンサートに、主催者のグレース宣教会は一抹の不安を覚えたであろう。しかし、ふたを開けてみると、前日のゴスペルファンの祭典に勝るとも劣らない盛況ぶりであった。500人近い来客があり、しかも心が震えるゴスペル、まさに「福音の調べ」が会場に、そして人々の心の中に響き渡ったのである。ここでは、7日のコンサートの様子をレポートしたい。

まず今回の企画は、筆者からグレース宣教会へ持ち込まれたものである。前日のフェスティバルが土曜日であったため、日曜日はどうするのかをロックハートさんに確認したところ、予定はないとのこと。そこで早速、彼女を米国から招いた団体から許可をもらい、その後1週間お世話することになった。4月の段階で動き出したため、かなりタイトなスケジュールとなったが、「地域のため、若い方のため」ということで、グレース宣教会がお受けくださったのである。

しかし、上述したようにゴスペルビギナーや、久しぶりにゴスペルを聞くという人の来場が予想された。そこで一計を案じ、いわゆる伝統的な賛美歌(Amazing Grace や His Eye on the Sparrow など)から、ロックハートさんのおはこであるホイットニー・ヒューストンやアレサ・フランクリンの楽曲、果てはディズニー・ソングまで、さまざまなジャンルの楽曲でコンサートを構成することになったのである。

だが、それだけでは「単なるコンサート」となってしまう。だから今回はロックハートさん自身の「ライフストーリー」を語ってもらうことで、いかに神様が彼女の人生に恵みを与えてくださったかを伝える企画になっていった。通常、牧師が語る説教を、彼女の歌と証しでより具体化しようという試みであった。

そして迎えた当日、天候が良好なこともあり、開場時間の1時間前から少しずつ人が集まり始めた。そして外に列ができ始めたため、急きょ開場時間を早めて人々を場内へ誘導することになった。驚くべきことに、開演の30分前にはほぼ席が埋まってしまったのである。それを見た教会の男性陣は、礼拝堂の後ろの扉を外しにかかった。私は「これ外れるんだ!」とびっくり。しかし教会の人たちは、慌てる様子もなく、事もなげに扉を除き、受け付けスペースだったところに椅子を並べ始めたのである。大教会ならではの光景に、ロックハートさんも大喜び。そして、開演時間となった。

開演に先立って、八尾市の大松桂佑(けいすけ)市長があいさつしてくださった。こうした地域との連携も新鮮な驚きである。その後、ロックハートさんが登場し、静かに「一羽の雀(すずめ)さえ」を歌い出した。ピアノ奏楽は、自身もゴスペルの指導をされるMOMOさん。一曲歌い上げただけなのに、場内からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況
歌の合間に自分の証し(ライフストーリー)を語るロックハートさん

ゴスペルを歌いながら、その合間に曲に関連する自分の証し(ライフストーリー)を挿入していくというやり方は、聴衆の心をつかむ最も良い方法の一つである。特にロックハートさんの場合、現在の華やかな風貌からは想像もつかないほど壮絶な人生(DV、離婚、ホームレス生活など)を通ってきている。私も何度かその話を伺っているが、やはり何度聞いても「神様はすごいな」を思わされる。ちなみに、彼女のエピソードをまとめた『私がそう言ったから』(キンドル版、無料)がアマゾンから発刊されている。

証しと歌を交えてたっぷり2時間。本当に「満腹」のコンサート、そして「伝道集会」であった。翌週、ある人がこんな感想を語ってくれた。

「いろいろ悩みがある中、コンサートにやって来ました。歌を聞いていても頭の中では嵐が吹いているだろうな、最初はそう思っていました。でも、ロックハートさんのゴスペルを聞き続けるうちに、なぜか心が晴れてきました。涙がとめどなくあふれてきました。そして会場を後にするころには、私にも神様がついておられるのだ、と思えるようになりました」

チャリティ・ロックハートさんは、来年も来日を計画しているという。

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。グレース宣教会研修牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース