カニエ・ウェストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

2019年11月11日17時32分 印刷
+カニエ・ウェストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに
カニエ・ウェスト=2008年(写真:Mfield, Matthew Field)

米人気歌手カニエ・ウエストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」(10月25日発売)が、初週26万4千ユニットの売り上げを記録し、全米アルバム・チャート「ビルボード200」(11月9日付)で初登場1位を獲得した。

ウエストはこれまで、9枚のアルバムをリリースしているが、1位を逃したのはデビューアルバム「ザ・カレッジ・ドロップアウト」(最高2位)のみ。「ジーザス・イズ・キング」が初登場1位となったことで、9作連続で1位を獲得したことになり、エミネムが保持している歴代最多連続1位獲得記録に並んだ。

「ジーザス・イズ・キング」は、ウエストのこれまでのストリーミング配信記録も打ち破っている。アルバム全曲の週間ストリーミング回数は1億9690万回。全ジャンル合わせても今年5番目の記録となった。また、ストリーミング配信などを除いたアルバムの純売り上げ枚数も1週間で10万枚を超え、R&B・ヒップホップのジャンルでは、今年第2位の記録となった。

ウエストは1日、米ルイジアナ州の州都バトンルージュのベタニア教会で行われた日曜礼拝のコンサートで次のように語った。

「今、全米でナンバーワン。世界でもナンバーワン。ジーザス・イズ・キング」

「ナンバーワンの歌、ナンバーワンのアルバム。もし僕がキリストに人生をささげたら・・・・と人は言うけど、神はもう現れている」

「一番は誰? それはイエス様さ!」

その後、ゴスペル・クワイヤが歌うと、ウエストは「父よ、あなたを褒めたたえます」と続けた。

報道によると、このコンサートでは参加者のうち千人余りが、イエス・キリストへの信仰を告白したという。米国聖書協会(ABS)も、神の言葉を読みたいと願うウエストのファンらに最大千冊まで、聖書を無償配布すると約束している。条件は、米国内在住であることと、聖書に関心があることだ。

ABS情報部長のジョン・ファーカー・プレイク博士は、次のように述べている。

「カニエ・ウエストのアルバムは、今日の情報ネットワークに直接的な影響力を持っています。『ジーザス・イズ・キング』は先週、検索キーワードのトレンドになりました。グーグルだけで『ジーザス・イズ・キング』の検索数は100万件に上りました」

「偶然にも最近のトレンドは、米国人の大半がグーグルを事実上のスピリチュアル・ガイドと見なしていることです。このキャンペーン(聖書千冊の無償配布)の目標は、米国人に(もちろんカニエのファンもですが)、疑問に対する最も適した答えを見つけてもらう機会を与えることです」

ウエストの変貌ぶりは、多くの人を驚かせている。ウエストは、6枚目アルバム「イーザス」では、その名も「アイ・アム・ア・ガッド(オレは神)」という楽曲を出すなど、長年こうした冒とく的なスタイルだったからだ。

ところが今年、ウエストは、自身がボーンアゲン(新生)したクリスチャンであると宣言し、「神のために働く」ことに人生をささげているとまで語ったのだ。この方向転換は、ウエストが毎週日曜日に開催しているゴルペル調のパフォーマンス「サンデー・サービス(日曜礼拝)」の実現につながっている。この「日曜礼拝」では、ウエスト自身が編成したゴスペル・クワイヤが登場し、古き良き時代の賛美歌や最新のゴスペルも含め歌われる。

「ジーザス・イズ・キング」のリリース後、ネット上では「ジーザス(イエス)」や「クリスチャンは何を信じているのか」といったキーワードの検索が急増している。

ABSは、「カニエ・ファンのための聖書」(英語)と題したページを設け、聖書の無償配布を希望する人を11月22日まで受け付けている。

一方、ウエストは信仰に基づいた音楽を作り続けると語っており、「ジーザス・イズ・ボーン」と題したクリスマス・アルバムをリリースする準備もしている。それを裏打ちするかのように、ウエストは次のようにコメントしている。

「神様は僕が願い求める賜物(音楽的な才能)を与えてくれたと僕は信じています。そして、大勢の人がそれを愛してくれています。ですから、もし僕がそうしないなら(信仰に基づいた音楽を作り続けないなら)、神様はすべてのものを取り去ってしまうかもしれません」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「種をまく人」に見る「はかなくも確かな希望」

ドニー・マクラーキンが60歳誕生日コンサート、カーク・フランクリンら大物ゴスペルアーティストが大集結!

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その2)

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その1)

「愛があなたを待っている」 タイの孤児たちに愛を届け続けて11年、ゴスペル歌手の市岡裕子さん

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命

「聴くドラマ聖書」アプリが正式リリース 大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士ら出演俳優が思い語る

カニエ・ウェストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース