闇から光へ~的外れからの解放~(59)子育て 佐伯玲子

2018年5月21日07時21分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

元夫A立ち会いのもと、私は3780グラムの大きな男の子を無事出産しました。妊娠中、体重調整で減量しても、息子の体重は増えていく!という効率の良さで、スクスク育っていたのです。その分、お産は大変でしたが、息子誕生の喜びはそれに勝るものでした。しかし、それに水を差す出来事も起きました。

退院前日、病院からお祝いディナーのプレゼントがあり、Aと私の母と3人で頂きました。しばらくは和やかな時が流れていましたが、家族に渡すようにと配布されていた「産後ケアガイド」をAに見せるや、突然不機嫌になり、雑に折り畳むと、私の前に無造作に投げ、喋らなくなってしまいました。

そこに記載されていた「大きなエネルギーを使い果たした出産後の女性は、心身共に弱くなっている。産褥期(さんじょくき、産後の肥立ち期)は、妊娠・出産で大きく変化した体を回復させる重要な期間なので、無理して後に影響が出ないよう、家族が協力しあい、温かいケアをお願いする」との事柄が気に入らなかったのか、食後、席を立つなり「(ケアしてほしいなどと)甘ったれた考えはするな!」と一蹴 。まさに「青天霹靂!闇夜にバッサリ!(by 中村主水)」でした。「職業柄、自分に厳しい分、人にも厳しいのだ」と、自身に言い聞かせました。

そのことで、Aから「手伝う」と言われない限り、こちらからはお願いしづらくなり、早々と床上げし、痛みと排泄困難に耐えつつ、おぼつかない動きながら、気合と根性で育児と家事をこなしました。退院後、しばらく我が家に滞在していた母も、それが原因でAとの関係に不穏な空気が漂い始めたため、早目に実家に戻ってもらうことになりました。

家族全員が初めてのことに、心にゆとりが無くなっていたのでしょう。しかし、時がたつにつれ、気を使う状況は変わらないものの、穏やかにサポートしてくれる時も増えていきました。

幼稚園に上がるまでは、よく3人でお出掛けもしました。会社員と違い、平日の昼間も遠出することができました。しかし、子育てに関しては、ママ友と生の情報交換をし、現場での経験を生かしていこうとする私とは違って、本で得た知識に現実を当てはめて、独自の方針を強引に貫くところがあったので、やりづらさを感じる時も多々ありました。

私が一緒にいながら、息子に怪我をさせてしまったとき、「えっ、それ今、関係ある ? 」ということを持ち出し、烈火の如く怒ったAでしたが、数日後、自分が同じ箇所を怪我させたときは、私が気付くまで報告なし(^^;)))・・・など、「ドヤサァ~! (by 今くるよ師匠)」と、何度か“ツッコミ”たくなったものです。「元気な子どもは予測不能で、よく怪我をするもの」ということを悟った出来事でしたが・・・。

問題や事件が起きた直後は、胃がキリキリするほどストレスを感じたものですが、そのほとんどの「苦いエピソード」を、後に「笑いのネタ」に変えられたのは、「笑い」の持つ力です。私にとって「笑い」は、神様が与えてくださった「最高の脱出の道」だと思っています。

あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。(Ⅰコリント10:13)

「笑い」の助けを借り、育児と家事を頑張っていた私でしたが、それと並行し、仕事をしようと動いたとき、想像以上の困難が起き始めました。そして、私は1つの決断をしたのです。しかし、コミュニケーションを狂わせる「闇の支配者」たちによって、その決断は誤解を生じ、その誤解のシミは、次第に大きくなっていくのでした。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング