闇から光へ~的外れからの解放~(57)忘れられた誕生日 佐伯玲子

2018年4月23日11時12分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

「子宝に恵まれるために」と、X教祖Y氏から「魔法」をかけられた私。「魔術」が「非聖書的で危険」という認識の無いノンクリスチャンだった私は、大きな期待を抱きました。

「魔法」という言葉は一般的に使われ、子ども向けアニメにも多用され、近年では「美魔女」なるフレーズも登場し、「ファンタジーで、夢があって、美しい」と、まるで「良いもの」であるかのように扱われています。が、実は罪深い行為であって、たとえ一時、幸せになっても、最後はすべて奪われることになります。暗闇の支配者たちは「盗み、殺し、滅ぼすためだけに来る」(ヨハネ10:10) と、聖書には書かれているのです。

その「一時の幸せ」だったのでしょう・・・。しばらくして、夫Aとの凍てついた関係が少しずつ回復へ向かい、会話も増え始め、以前のように私の舞台を見に来てくれるまでになりました。しかし、「子ども」に関しては勇気が出ず、なかなか言えずにいました。「こんなことでは前へ進めない。何か、きっかけでもあれば・・・」と、その時、私の誕生日が近いことを思い出し、「そうだ!祝いの力を借りて言おう!」と決意しました。

ところが、Aは私の誕生日を忘れていたのです!結婚して初めてのことでした。いつも「外で食事しよう」「行きたい所は?」「欲しい物ある?」などと聞いてくれていたのに・・・。当日になっても気配すら無く、そんなAに怒りが込み上げ、朝から不機嫌な態度を取り続けました。

Aも、何でそんな態度を取られるのかが分からず、腹を立て、友人が誘った飲み会に出掛けてしまったのです。忘れていたのですから「今日は、私の誕生日よ!」と素直に伝えれば、「あ、そうだった、ごめん」と、即、解決して、楽しいバースデーデートができたのでしょう・・・。コミュニケーションの欠如と折れないプライドが、物事を悪い方向に向かわせました。思い詰めていた分、落胆が大きく、私は何もする気にはなれず、床についてじーっと天井を見つめるしかありませんでした。悪魔は「しめしめ」と笑っていたことでしょう。

その時、「今日を無駄にしてはいけない。しっかり気持ちを伝えなさい」と言われた気がしました。イエス様だったのでしょうか?その声に「よし!」と奮起し、枕元に置いていた携帯を手にし、メールを送ろうとしました。しかし、恐れが邪魔をして、なかなか指が動きません。迷い迷って戸惑って・・・何時間もいたずらに時が過ぎました。

神様と悪魔、両方から来る思いと戦っている感じでした。そして、ついに私は悪魔の思いを押しのけ、神様の思いを握り、メールを打ち始めたのです。「誕生日をきっかけに、もう一度、勇気を出して子どもが欲しいと伝えたかった。誕生日を忘れていたことに腹を立て、嫌な態度を取ってごめんなさい」と送りました。

すると、間もなくして慌てた様子でAが帰って来たのです!「すっかり忘れてた・・・本当にごめん」と、普段はあまり言葉で謝罪しない人が(態度で示すことはありましたが(^_^;))、素直に口に出して謝ってくれました。私もあらためて謝り、その後、子どもを作るための計画を、落ち着いて前向きに話し合うことができたのです。

険悪な状況になっても、最終的には解決に至る・・・イエス様が、すべてを働かせて益として下さったのでしょう。しかし、当時の私は「これもX神のご利益、魔法のおかげだ!」と信じ、喜んでいました。

それから約1年後・・・私は新しい命を授かるのです。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング