キリストの教会に流れる大きな恵み 万代栄嗣

2016年5月9日06時59分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「彼らはこれを聞いて怒り狂い、使徒たちを殺そうと計った。・・・ガマリエルというパリサイ人が議会の中に立ち、・・・議員たちに向かってこう言った。「・・・あの人たちから手を引き、放っておきなさい。・・・」彼らは彼に説得され、使徒たちを呼んで、彼らをむちで打ち、イエスの名によって語ってはならないと言い渡したうえで釈放した。そこで、使徒たちは、御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜びながら、議会から出て行った。そして、毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた」(使徒の働き5章33~42節)

自然界は新しい命で満ち溢れていますが、私たちは世の罪から解放され、救われて、イエスから与えられている愛と喜びの命によって生かされていることを感謝しようではありませんか。神様を信じていない世の中の人が、絶対に味わうことのできない喜びを、私たちはイエスから与えられていることを感謝しましょう。

キリストの体である教会に属する私たちには、今日も変わらない神の命と聖霊の力が働き続けているのです。この命の豊かな流れを大切にしましょう。この命の流れは、さかのぼると、聖霊が地上に降ったときに生まれた初代教会以来2千年間、教会の中に、キリストの体に結び付く一人一人の中に、脈々と流れ続けています。

イエスの時代に生まれていればよかった、と言う人もいるかもしれません。しかし、当時は大変な状況で、伝道することを禁じられ、捕らえられ、鞭打たれ、命さえ奪われる厳しい迫害の時代でした。

その中でも、神から信仰者に与えられている命や使命、聖霊による恵みがありました。初代教会より今日まで教会に流れ続けている命とは何でしょう。

1. 状況の良し悪しに関わらない証し

クリスチャンは黙ってはいません。弟子たちは、公の場でもプライベートでも福音を宣べ伝え続けました。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい」(マルコ16:15)。「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい」(マタイ28:19)。「エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります」(使徒1:8)。

イエスから託された使命、任務を全うしようとする命が常に教会の中に流れていました。パウロがテモテに語りました。「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい」(Ⅱテモテ4:2)。私たちの教会も、証しの使命を愚直に忠実に実行し続ける教会でありたいと思います。

2. イエスの弟子としてのゆるがない喜び

「御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜びながら」(41節)という御言葉通り、実に多くの宣教師たちがイエスのために喜んで苦難を受け入れ、命をささげてきました。

現代人の私たちの損得勘定では答えの出ない魂の方程式が、彼らにはありました。私たちにも、目先の喜びではなく、何があってもなくならないイエスの弟子とされている喜びがあります。

パウロは言います、「私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。・・・あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています」(ピリピ4:11、12)。

私たちの頑張りではなく、イエスが与えてくださった命によって、喜びの絶えない歩みを続けてまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース