日本基督教団

世界教会協議会、東海林勤牧師を追悼「そのレガシーに敬意を払い続ける」

日本キリスト教協議会(NCC)元総幹事の東海林勤(しょうじ・つとむ)氏が死去したことを受け、世界教会協議会(WCC)は2日、公式サイトに追悼の記事を掲載した。WCCのイオアン・サウカ暫定総幹事は「そのレガシーに敬意を払い続けます」と語った。

2020年09月04日18時16分

NCC元総幹事の東海林勤氏が死去 朝鮮半島の平和運動に貢献

日本キリスト教協議会(NCC)元総幹事で日本基督教団牧師の東海林勤(しょうじ・つとむ)氏が8月25日、老衰のため死去した。88歳だった。葬儀は31日、日本基督教団大泉教会(東京都練馬区)で近親者のみで執り行った。

2020年09月01日20時21分

新型コロナで日本基督教団が総会延期 教団年鑑も休刊

日本基督教団は、10月27〜29日に予定していた第42回教団総会を延期し、来年開催することを決めた。どのような感染予防の手立てを講じたとしても、「3密」を避けるなどの対策を取ることは不可能で、感染リスクを無くすことはできないと判断した。

2020年07月09日15時15分

「日本キリスト教団」の名で外国人ヘイト 日本基督教団が抗議声明

外国人と関わりのある特定の事業所に対し、「日本キリスト教団」の名称を不当に用いて「早く日本から出ていけ!」などと記した文書が送られていたことが判明したとし、日本基督教団は29日、「『外国人ヘイト』による人権侵害に抗議する声明」を発表した。

2020年05月30日18時04分

「試練の時」乗り越えたい 日本基督教団、感染対策の具体例示し注意喚起

日本基督教団、活動再開に当たっての指針示す 緊急事態宣言解除受け

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国で解除されたことを受け、日本基督教団は29日、各教区や教会、伝道所、関連施設の関係者に向けた注意喚起の第4信を発表した。

2020年05月30日9時33分

日本基督教団「牧会者とその家族のための相談室」 コロナ受け電話・メール相談の利用呼び掛け

日本基督教団「牧会者とその家族のための相談室」 コロナ受け電話・メール相談の利用呼び掛け

牧師や伝道師などの牧会者とその家族が、新型コロナウイルスの感染拡大により教会運営上のストレスなどを抱え、心身に影響を受けている場合があるとし、日本基督教団の「牧会者とその家族のための相談室」が、相談電話やメール相談の利用を呼び掛けている。

2020年05月19日15時52分

「試練の時」乗り越えたい 日本基督教団、感染対策の具体例示し注意喚起

「知恵と力を結集するとき」 日本基督教団が新型コロナ感染防止で声明

日本基督教団は10日、「新型コロナウイルス感染拡大防止に関する声明」を発表し、「今こそ教会は、知恵と力を結集するとき」と呼び掛けた。声明は、同教団がこれまで発してきた新型コロナウイルスに関する注意喚起の第3信。

2020年04月13日11時02分

教会設立の保育園職員17人が退職届、園長の牧師がモラハラと訴え

日本基督教団涌谷(わくや)教会(宮城県涌谷町)が設立した「涌谷保育園」(社会福祉法人みぎわ会運営)で、同教会牧師で園長の瀧澤雅洋氏によるモラルハラスメントを訴えていた職員のうち17人が3月30日、退職届を提出した。

2020年04月01日12時38分

「試練の時」乗り越えたい 日本基督教団、感染対策の具体例示し注意喚起

「試練の時」乗り越えたい 日本基督教団、感染対策の具体例示し注意喚起

日本基督教団は27日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、各教区や教会、伝道所、関連施設の関係者に向けた注意喚起の第2信を発表した。教会で実施している感染対策の具体例を幾つか示した。

2020年03月28日11時46分

東日本大震災から9年、3宗教が合同追悼・復興祈願祭 今年10回目

東日本大震災から9年、3宗教合同で追悼・復興祈願祭 今年10回目

鎌倉宗教者会議が主催する3宗教合同による「東日本大震災追悼・復興祈願祭」が、震災から満9年となった11日、鎌倉市の鶴岡八幡宮で行われた。今年は10回目となる節目で、キリスト教関係者約20人も含め宗教者70人以上が集まり、祈りをささげた。

2020年03月11日21時30分

東京大空襲から75年、戦火と教会の軌跡

東京大空襲から75年、戦火と教会の軌跡

罹災家屋約27万戸、罹災者約100万人、9万5千人を超える死者を出した東京大空襲から、10日で満75年となった。当時の東京の教会と復興の軌跡を振り返り、そこに垣間見る神の働きに思いをはせたい。

2020年03月10日21時59分

新型コロナ対策、キリスト教界でも活発化 注意喚起や行事中止、勤務時間変更など

新型コロナ対策、キリスト教界でも活発化 注意喚起や行事中止、勤務時間変更など

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、キリスト教界でも対策が活発化している。教団や教区単位でガイドラインを発表したり、各種行事や一部期間のミサ中止、勤務時間の短縮や在宅勤務で対応したりするなど、さまざまな動きが出ている。

2020年02月27日23時15分

「感染リスクの高い環境」 日本基督教団、礼拝など集会時の留意点示す

日本基督教団は25日、新型コロナウイルスに対する注意喚起を各教区や教会、伝道所、関連施設の関係者に文書で通知した。毎週日曜日の礼拝は「感染リスクの高い環境」であることは認識せざるを得ないとし、礼拝などの集会を持つ場合の留意点を示した。

2020年02月25日19時46分

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団など

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団なども

台風19号による被害を受け、キリスト教主義のNGOやキリスト教の教団、団体などが支援金の受け付けや緊急募金を開始した。被災した教会や団体施設も多数あるとみられるが、被災の報告はまだ限定的で、被害は今後さらに拡大する可能性もある。

2019年10月15日22時04分

千葉県で依然29万軒停電、台風15号で教会にも被害

千葉県で依然続く停電、台風15号で教会にも被害

千葉市付近に上陸した台風15号の影響で、千葉県内では4日以上たった13日午前11時半過ぎの時点でも、依然として約19万6千軒が停電している。本紙は12日午後、被害が大きいとされている千葉県南部を中心に、約20教会に電話で連絡を試みた。

2019年09月12日19時52分

九州北部で記録的大雨、佐賀市・武雄市の教会の被害状況 一部信徒宅で床下浸水

九州北部で記録的大雨、佐賀市・武雄市の教会の被害状況 一部信徒宅で床下浸水

1時間に100ミリを超える猛烈な雨が九州北部を襲い、28日朝には、佐賀、福岡、長崎の3県に「大雨特別警報」が発令された。大雨が襲った地域の内、冠水が相次いだ佐賀市と、広範囲の浸水被害が伝えられている佐賀県武雄市の教会に状況を確認した。

2019年08月29日15時45分

日本基督教団と在日大韓基督教会が「平和メッセージ」 天皇代替わり、原発問題などに言及

日本基督教団と在日大韓基督教会による2019年の「平和メッセージ」が1日、同教団の公式サイトで発表された。天皇の代替わりや憲法9条、原発問題、ヘイトスピーチ、朝鮮学校の高校無償化除外をめぐる問題、在日外国人政策などに言及した。

2019年08月06日12時39分

新潟・山形地震 一部の教会でイエス像倒れ破損する被害、付属幼稚園などは通常通り

新潟・山形地震 一部の教会でイエス像倒れ破損する被害、付属幼稚園などは通常通り

18日夜に山形県沖で発生した地震では、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測した。両市にある教会に状況を尋ねたところ、カトリック鶴岡教会ではイエス像などが倒れて破損するなどの被害があったが、他は特に被害はなかった。

2019年06月19日12時07分

東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り

東日本大震災から8年、教会で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」 宗教者110人以上が祈り

東日本大震災の発生から満8年となった11日、キリスト教、神道、仏教の3宗教合同による「追悼・復興祈願祭」がカトリック雪ノ下教会(神奈川県鎌倉市)で行われた。鎌倉市内を中心に宗教者110人以上が参加した。

2019年03月11日21時02分

「宣教の霊的原動力」テーマに 改革長老教会国際部アジア担当宣教師が東京でワークショップ

「宣教の霊的原動力」 改革長老教会国際部アジア担当宣教師が東京でワークショップ

米ノースカロライナ州に本部を置く改革長老教会国際部の宣教訓練プログラム「デュナミス・プロジェクト」のワークショップが23日、東京・南青山のウェスレーセンターで行われ、日本基督教団をはじめ国内の諸教会、宣教団体から教職信徒ら12人が参加した。

2019年02月25日14時25分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース