ラッセル・ムーア

米国の対中追加関税、聖書や宗教書は除外 キリスト教出版社から歓迎の声

米国の対中追加関税、聖書や宗教書は除外 キリスト教出版社から歓迎の声

9月から発動する米国の対中追加関税のリストから、聖書や宗教書が除外され、キリスト教出版社や教会指導者からは歓迎の声が聞こえている。米大手キリスト教出版社のCEOは「現政権が私たちの懸念に耳を傾けているという希望をもたらしました」と語った。

2019年08月19日6時33分

宗教指導者ら、中国の宗教弾圧めぐりペンス米副大統領と会談 人権侵害者へ制裁を要望

宗教指導者ら、中国の宗教弾圧めぐりペンス米副大統領と会談 人権侵害者へ制裁を要望

マイク・ペンス米副大統領は5日、南部バプテスト連盟倫理宗教自由委員会のラッセル・ムーア委員長や、中国の人権問題に取り組む宗教指導者らと会談し、あらゆる宗教を弾圧し続ける中国の責任を追及するため、米国の取り得る行動について話し合った。

2019年08月08日16時27分

「教会もAIに対する積極的な取り組みを」 米南部バプテスト連盟が声明

「教会もAIに対する積極的な取り組みを」 米南部バプテスト連盟が声明

米プロテスタント最大教派である南部バプテスト連盟の倫理宗教自由委員会がこのほど、人工知能(AI)を主要テーマにした声明を発表した。声明は、最先端技術が提起する実存的かつ神学的問題に触れ、教会もAIに取り組む必要性があるとする考えを示した。

2019年05月02日12時48分

南部バプテスト連盟で性的虐待被害者700人、米最大のプロテスタント教派

南部バプテスト連盟で性的虐待、被害者700人以上 米最大のプロテスタント教派

米最大のプロテスタント教派である南部バプテスト連盟(SBC)で、過去20年間に牧師や執事、日曜学校の教師ら約380人が性的虐待を行い、被害者が700人以上に上ることが報じられた。米テキサス州の新聞社2紙が共同で調査報道した。

2019年02月13日19時29分

同性婚ケーキ作り拒否 最高裁でケーキ職人が逆転勝訴、なぜ? 判決詳細

同性婚ケーキ作り拒否 最高裁でケーキ職人が逆転勝訴、なぜ? 判決詳細

同性婚を認めない保守派キリスト教徒のケーキ職人が、同性カップルのウエディングケーキを作ることを拒否したことをめぐる訴訟で、米連邦最高裁は4日、7対2でケーキ職人側を擁護する判決を下した。

2018年06月08日21時41分

ビリー・グラハム氏

「使徒パウロ以来の大伝道者」 ビリー・グラハム氏召天、各界から賛辞と惜しむ声

世紀の大伝道者ビリー・グラハム氏が21日朝、99歳で召天した。この知らせを受け、キリスト教界はもとより政界や財界など、各界からその偉業をたたえる声が寄せられるとともに、「使徒パウロ以来の大伝道者」がこの世を去ったとして、惜しむ声もある。

2018年02月22日20時50分

米国・アメリカ・国旗

「ラスベガスのために祈りを」 米史上最悪の銃乱射事件受け、教会指導者らが呼び掛け

ラスベガスの中心部で1日、ホテルの32階から屋外コンサート会場に向けて銃が乱射され、少なくとも59人が死亡、527人が負傷する事件が発生した。事件を受け、教会指導者たちは哀悼の意を伝えるとともに、犠牲者や遺族のために祈るよう呼び掛けている。

2017年10月03日20時56分

米福音派が性に関する「ナッシュビル声明」発表 声明に対する7つの反応

米福音派が性に関する「ナッシュビル声明」発表 声明に対する7つの反応

米国を中心とする福音派の指導者らが8月末、ジェンダーと性的指向の問題に関して、保守的な神学的立場を支持する「ナッシュビル声明」を発表した。声明は14の条項からなり、各条項で支持または否定する価値観を宣言している。

2017年09月25日8時53分

米南部バプ連盟幹部、大統領選中の発言を謝罪 「不必要に辛辣だった」

米南部バプ連盟幹部、大統領選中の発言を謝罪 「不必要に辛辣だった」

米プロテスタント最大教派である南部バプテスト連盟(SBC)のラッセル・ムーア倫理宗教自由委員会(ERLC)委員長は20日、昨年の大統領選中の発言が「不必要に辛辣(しんらつ)だった」と認め、謝罪した。

2017年03月29日23時56分

米国の信教の自由に危機感、南部バプ連が6週間の学習プログラム作成

米国の信教の自由に危機感、南部バプ連が6週間の学習プログラム作成

米プロテスタント最大教派の南部バプテスト連盟(SBC)が、米キリスト教出版社「ライフウェイ・クリスチャン・リソーシーズ」と協力して、米国内でクリスチャンが現在直面している信教の自由に対する脅威について、信徒が6週間で学べる新しい学習プログラムを作成した。

2017年03月22日23時52分

リック・ウォレン、ケイ・ウォレン

米メガチャーチの牧師夫人ら、ロシアの養子縁組禁止令の廃止求める

米サドルバック教会のリック・ウォレン牧師の妻であるケイ・ウォレン氏と、米南部バプテスト連盟倫理宗教自由委員会のラッセル・ムーア委員長が最近、米国人への養子縁組を禁止しているロシアについて触れ、ロシアの孤児たちのために祈るよう呼び掛けた。

2017年02月12日19時12分

クリスチャンの親として、「イスラム国」のような悪を子どもにどう説明すればよいか?

クリスチャンの親として、「イスラム国」のような悪を子どもにどう説明すればよいか?

「イスラム国」(IS)のようなテログループによる非道な悪事や、ニュースで報道されるグロテスクな残虐行為について話すのは、親にとっては楽しいことではない。それではクリスチャンの親として、この種の難題にどう対処すればよいのだろうか。

2016年12月01日19時01分

全米家族計画連盟、中絶胎児の臓器を売買していたことが覆面調査で判明

全米家族計画連盟、中絶胎児の臓器を売買していたことが覆面調査で判明(動画あり)

潜入覆面調査で、米非営利団体「全米家族計画連盟」(PPFA)の中絶推進派の医師が、1億ドル(約120億円)規模の予算を持つこの団体が、どのように胎児の臓器を丸々取り出し、胎児臓器販売業者に売っているかについて話す動画が14日に公開された。

2015年07月20日16時31分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース