ローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会(PCPCU)

キリスト教主要5教派が参加、「義認の教理に関する共同宣言」調印20年で会合

キリスト教主要5教派が参加、「義認の教理に関する共同宣言」調印20年で会合

カトリック、ルーテル、メソジスト、聖公会、改革派のキリスト教主要5教派から代表者が参加する会合が、米ノートルダム大学で開催された。1999年に「義認の教理に関する共同宣言」が調印されてから、今年で20年がたつのを記念したもの。

2019年04月01日14時48分

キリスト教一致祈祷週間、18日から 日本でも各地で集会

キリスト教一致祈祷週間、18日から 日本でも各地で集会

カトリックとプロテスタントの諸教会が毎年合同で開催している「キリスト教一致祈祷週間」が、18日から25日まで全世界で行われる。日本でも、この期間に合わせて全国各地の教会で集会が開かれる。今年のテーマは、「ただ正しいことのみを追求しなさい」。

2019年01月11日21時00分

「主の力あるわざを、広く伝えるために招かれて」2016年キリスト教一致祈祷週間 東京集会

カト・プロ合同で「キリスト教一致祈祷週間」 日本でも各地で18日から

カトリックとプロテスタントの諸教会が毎年合同で開催している「キリスト教一致祈祷週間」が18日から始まる。毎年、担当の国・地域が持ち回りで準備をしており、今年はカリブ諸国が「主よ、あなたの右の手は力によって輝く」をテーマに選んだ。

2018年01月16日15時07分

世界教会協議会の指導者ら、教皇と会談 「クリスチャンの団結が不可欠」

世界教会協議会の指導者ら、教皇と会談 「クリスチャンの団結が不可欠」

世界教会協議会(WCC)のアグネス・アブオム中央委員会議長とオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は8月23日、教皇フランシスと公式会見し、世界が直面する諸問題に真の意味での正義をもたらす上で、クリスチャンの団結が不可欠であることを話し合った。

2017年09月04日17時09分

一致祈祷週間、「和解」テーマに来年も1月18日から 開催地発表

一致祈祷週間、「和解」テーマに来年も1月18日から 開催地発表

世界中で教会の一致を祈る「キリスト教一致祈祷週間」が、来年も1月18日から25日まで行われる。日本キリスト教協議会(NCC)は16日、来年の開催予定地をまとめた表(第1版)を発表。来年のテーマは「和解―キリストの愛がわたしたちを駆り立てています」。

2016年12月20日11時12分

ロシア正教会のイラリオン府主教、教皇フランシスコに謁見 ローマで両教会の聖歌隊コンサートも

ロシア正教会のイラリオン府主教、教皇フランシスコに謁見 ローマで両教会の聖歌隊コンサートも

ロシア正教会モスクワ総主教庁の渉外局長であるボロコラムスク府主教イラリオンは10日、バチカン宮殿で教皇フランシスコに謁見した。同教会が同日、公式サイトで伝えた。

2016年12月14日9時51分

教皇フランシスコとルーテル世界連盟議長・総幹事、10月にルンドで宗教改革を共同で記念へ

教皇フランシスコとルーテル世界連盟議長・総幹事、10月にルンドで宗教改革を共同で記念へ

ルーテル世界連盟(LWF)とローマ・カトリック教会は、スウェーデン南部の都市・ルンドで、10月31日に宗教改革の共同エキュメニカル記念行事を行う。LWFとバチカンが25日、公式サイトやバチカン放送局を通じて共同で記者発表した。

2016年01月26日16時50分

カトリックとルーテル、宗教改革500周年のための『共同の祈り』の使用求める

カトリックとルーテル、宗教改革500周年のための『共同の祈り』の使用求める

ルーテル世界連盟(LWF)とローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会(PCPCU)は、世界中のルーテル教会とカトリック司教協議会に対し、2017年の宗教改革500周年記念に備えるために合同で作られた『共同の祈り』を用いるよう求めている。

2016年01月14日6時36分

バチカン・サンピエトロ大聖堂

バチカン、ユダヤ教との関係を神学的に考察 第2バチカン公会議公文書発布50年機に

第2バチカン公会議で、諸宗教との関係を記した公文書『ノストラ・アエタテ』が発布されて50年を迎えるのを機に、カトリックとユダヤ教の関係を神学的に考察する文書をバチカン(ローマ教皇庁)が10日、発表した。

2015年12月14日16時04分

ロシア正教会の総主教庁渉外局長、ローマ教皇に謁見

ロシア正教会の総主教庁渉外局長、ローマ教皇に謁見

ロシア正教会のモスクワ総主教庁渉外局長であるイラリオン府主教は14日から15日まで、モスクワ総主教キリルによる祝福を受けて、バチカン(ローマ教皇庁)でローマ教皇フランシスコに謁見した。

2015年06月18日16時41分

差別・迫害・殉教をテーマに アルバニアで11月に超教派の世界会議

差別・迫害・殉教をテーマに アルバニアで11月に超教派の世界会議

世界のさまざまな教派のクリスチャンが出会いを広げる世界組織「グローバル・クリスチャン・フォーラム」(GCF)は、11月2日から3日間にわたって、世界会議をアルバニアの首都ティラナで開催する。主題は「差別・迫害・殉教:共にキリストに従う」。

2015年06月04日11時45分

宗教改革500年を共に記念 ルーテルとカトリックの歴史的共同文書、日本語訳が出版

宗教改革500年を共に記念 ルーテルとカトリックの歴史的共同文書、日本語訳が出版

ルーテル教会とカトリック教会による共同文書「From Conflict to Communion」の日本語版が10日、『争いから交わりへ』として日本でも出版された。2017年に宗教改革500周年を迎えるのを前に、50年余りにわたって行われてきた両教会の対話の結晶となる歴史的な文書だ。

2015年02月24日20時13分

ルーテルとカトリック、2016年にエキュメニカルな記念行事を計画

ルーテルとカトリック、2016年にエキュメニカルな記念行事を計画

ルーテル世界連盟(LWF)と教皇庁キリスト教一致促進評議会(PCPCU)は「対立から交わりへ」という過程の続きとして、とりわけ2017年の宗教改革500周年を見越して、2016年秋にエキュメニカルな行事を合同で主催する。

2015年01月18日16時15分

WEA盟代表団、教皇と会見 福音派・カトリック間の「新しい時代」を称賛

WEA代表団、教皇と会見 福音派・カトリック間の「新しい時代」を称賛

世界福音同盟(WEA)の代表団が教皇フランシスコやキリスト教一致推進評議会(PCCU)と6日に会見し、協働の可能性について話し合った。教皇フランシスコとWEAの総主事は、福音派とローマ・カトリック教会の関係における「新しい時代」を称賛した。

2014年11月07日20時08分

グローバル・クリスチャン・フォーラム代表、バチカンと会談

「グローバル・クリスチャン・フォーラム(GCF)」のラリー・ミラー幹事が1月末、バチカン(ローマ教皇庁)キリスト教一致評議会当局者とローマで会談し、「全教会をつなぐ橋を架けるための歩みを強化する」ことを確認しあった。ENIニュースが報じた。

2012年02月07日13時00分

バチカン高官、ロシア正教会最高指導者と会談

バチカン(ローマ教皇庁)キリスト教一致推進評議会議長のクルト・コッホ枢機卿がモスクワを訪問、3月16日、ロシア正教会の最高指導者モスクワと全ロシアのキリル総主教と会談した。

2011年03月22日7時07分

ロシア正教会代表のイラリオン大主教、バチカン初訪問

ロシア正教会モスクワ総主教座の諸教会対話責任者、ヴォロコラムスクのイラリオン大主教が9月15〜20日、バチカン(ローマ教皇庁)を訪問した。バチカンのキリスト教一致推進評議会の招きによるもの。

2009年09月23日18時43分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング